3歳でも大会に出られる!リベルタの秋季サッカー大会を密着取材!

この記事をシェアする

3歳から入会できるサッカースクール「リベルタ」で、毎年開催される「秋季サッカー大会」。実は他のサッカースクールとは一味違って、 小さな子供でも思いっきり楽しめるんだとか!!小さな子供でも思いっきり楽しめる大会とはいったいどんなものなのか…大会の様子を密着取材してきました!

人気の「リベルタサッカースクール」の一大行事「秋季サッカー大会」開催!

「ココロに体力がつく」リベルタサッカースクールって?

「リベルタサッカースクール」は、広島県内で52教室開催されているサッカー教室。なんと入会は3歳からOK、年齢に応じたレッスンで、サッカーのルールがよくわからない小さな子供でも、サッカーの楽しさに触れることができます。
スクールの理念は「ココロに体力を」。サッカーの技術だけでなく、挨拶や整理整頓、仲間を思いやる心など、人間的にも大きく成長できると、広島ママに評判のスクールなんです。

こちらの記事もチェック!

そんなリベルタサッカースクール、なんと※「子供に通わせたいスポーツスクールNo.1」に選ばれたのだとか!

※日本マーケティングリサーチ機構 2020年7月度「スポーツスクールについてのインターネット調査」より

pikabuでは以前、リベルタサッカースクールの練習風景を取材しました。そのときに目の当たりにした、子供たちの積極性や自主性が忘れられません。サッカー以外にも社会に出るために大切なことを学べる…リベルタサッカースクールはそんな教室なんです。

感動のレッスン風景を紹介した記事はこちら!

この記事を読む前に、一度こちらの記事に目を通してみてください☆

レッスンの集大成!可部運動公園で行われたサッカー大会

リベルタサッカースクール最大のイベントが、春と秋の年2回行われるサッカー大会。秋季大会は10月4日に可部運動公園で行われました。
この大会は広島県にあるすべてのスクールが参加、スクールごとにチームを組んで試合に臨みます。

子供たちは他のスクールのお友だちと交流ができるので大喜び!大会に参加したコーチのひとりは「レッスンで指導してきたことが大会で発揮できるかどうか…今までの練習の集大成なんですよ。生徒の成長が見られるのが個人的に楽しみなんです」と話してくださいました。

毎年大勢の子供たちが参加するこの大会ですが、今大会は新型コロナウイルス流行の影響で、人数制限を行って決行。
私たちは、午後に行われた未就学児チームの試合を取材しました。

大切なことはただひとつ「思いっきりサッカーを楽しもう!」

未就学児の試合は特別ルールで開催!

試合の舞台となるのは、未就学児専用に作られた「特別フィールド」。通常の試合では、長さ90~120m×幅45~90mであるのに対し、特別フィールドは縦55m×横40mと小さめに作られています。
また、試合時間も前半後半それぞれ8分、合計16分の短縮バージョン。小さな子が疲れて体調を崩さないよう、また飽きずに最後まで楽しめるようにちゃんと配慮されているんですね♪

そしてボールも通常のサッカーボールの約半分の大きさ。当たっても痛くないよう、柔らかめの素材でできたボールです。

このように小さな子供たちが思いっきりプレーに専念できるよう、隅々まで配慮されているので、パパやママも安心♪

いよいよ試合スタート!リベルタ「らしさ」が満載の展開!

試合前には開会式が行われます。コーチの挨拶から始まり、注意事項のアナウンス、最後は代表に選ばれた子が選手宣誓!少し緊張の面持ちでしたがコーチたちのサポートもあり、大きな声でカッコよく行うことができました♡

ホイッスルが鳴り、いよいよ試合スタート!子供たちはいっせいにボールめがけて走っていきます。ここでひとつ印象に残った光景が。

ひとりの男の子が勢いあまって思いっきり転倒!すると周りの子供たちが敵味方関係なく「大丈夫?」とその子を心配したり、立ち上がるのを手助けしたり。
「仲間を大切に」というリベルタの教育理念の象徴のようなシーンに思わず感動…。

おやおや、試合中泣きべそかいている子も。どうやらこの子、ボールを他の子に奪われてすねちゃったみたい(笑)。こんなときもコーチは「試合中だぞ!」なんて雷を落とすことはありません。
子供のそばに行き、「悔しいね。でも頑張ろう」としっかり励まします。コーチのおかげでこの子は再び試合に合流、思わず胸をなでおろした私です。

終始笑顔のサッカー大会。ママに感想を聞いてみた

未就学児の試合で大切なことはただひとつ「思いっきり体を動かすこと」!
子供たちはあまりに夢中になりすぎて、フィールドの外でもドリブルが続いたり、キーパーじゃないのに手でボールを持っちゃったり、なんて珍プレー続出!
そのたびに、保護者もコーチも大爆笑。子供たちはもちろん、観客もコーチもみんな笑顔で楽しそう…。
スポーツって本来は、こんな風に体を動かす楽しさや喜びを知るためのものなんじゃないかな…心温まる楽しい風景を見て、そんな風に感じました。

とっても楽しいサッカー大会、参加している子供のママはどんな気持ちで観戦しているのか知りたくなって、隣に座っていたママにお話を聞いてみました。
なんでもお子さんはちょっとしたトラブルから幼稚園とリベルタを、一旦お休みしていたそう。
「そのとき、コーチが本当に息子のことを気にかけてくださって…息子も『コーチの想いに応えたい』という気持ちが芽生えたみたいで、無事復帰することができたんです」
リベルタの指導のおかげで、自我が強かった息子が思いやりを持てるようになった…と話すママ。
「大会は、親も子供も楽しみな家族の一大行事です」

 

ロケーションも抜群!サッカー大会で「秋の休日」を満喫♡

思う存分スポーツを楽しめる広~い可部運動公園♪

さて、今回私がもうひとつ心を奪われたのは、試合会場にもなった可部運動公園の抜群のロケーション!広島市安佐北区可部の水越山の北斜面に広がる可部運動公園は、緑に囲まれたのどかな場所。
サッカー場以外にも野球のグラウンドやテニスコートもあり、当日もたくさんの人がスポーツに汗を流していましたよ。
サッカーの試合の合間に付近を散策するのも、とても楽しそう♪公園には無料の駐車場がなんと92台も完備されているので、車でのアクセスも良好です♪

ピクニック気分で試合に参加、家族の忘れられない1日に…

未就学児の試合はお昼からですが、聞くと、ピクニックがてらお弁当持参で朝から公園で遊んでいる…というご家庭も多いのだとか。
休日に家族でお出かけしたいけれど、密になる場所はちょっと…というときにこの公園はぴったり♪

新鮮な空気を吸って、美味しいお弁当を食べて、サッカーの試合で子供たちの心身の成長を実感して…。
子供たちはもちろん、パパやママにとっても忘れられない1日になったリベルタサッカースクールの秋季サッカー大会でした。

サッカーの楽しさを実感できるリベルタサッカースクール

試合はどうしても勝敗がつきもの。勝って嬉しい子もいれば、負けて悔しい子もいる。でも、リベルタサッカースクールの秋季大会は違います。一番大切なのは「子供たちが楽しむこと」。子供たちとかけがえのない時間を共有することで、もっとサッカーを、運動を好きになってもらいたい…そんなスクールの想いが感じられる大会です。入会したら、子供だけでなく家族みんなが「リベルタファミリー」になれる、リベルタサッカースクール。ぜひリベルタの一員になって、親子で楽しい時間を過ごしてみませんか?

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする