“軒(のき)”で日本の四季を楽しむ。トータテ新モデルハウス「nokiya」♪

この記事をシェアする

2020年7月、「こころ住宅展示場」(広島市安佐南区)に、「トータテハウジング」の新モデルハウス「nokiya(ノキヤ)」がオープンしました!その名の通り、昔ながらの“軒(のき)”のメリットを現代的に取り入れた、スタイリッシュなデザインが特徴♪快適性や家事動線を考えた、子育て中のママにうれしいポイントもたっぷり詰まっています♡
今回はpikabu編集部が「nokiya」にお邪魔して、ママ目線で魅力を探ってきました!

重厚感のある“軒(のき)”が目印♪自然を身近に感じられる家

日本の風土に合った伝統的な“軒”を、現代の住まいに!

新しいトータテのモデルハウスを訪れた私たちの目を引いたのが、2階のベランダに張り出した「軒(のき)」!実はこの軒には、うれしいメリットがたくさんあるんです!
例えば、雨が降っても軒下は濡れないので、少々窓を開けておいても大丈夫♪洗濯物を慌てて取り入れなきゃ…という心配もなし。外壁の傷みを防ぐ役割もあります。
さらに、夏の強い日差しをカットして、室内温度が高くなるのを防ぐ効果も。逆に冬は日差しが低い角度から差し込むので、室内はポッカポカです♪
ただ近年は、雨に強い外壁を使用したり、UVカット機能のある窓ガラスを使用したりしているため、軒がないお家も少なくないのだとか。
でも、この「nokiya」はあえて軒を取り入れることで、伝統的ながらもモダンな外観デザインを実現!軒下の窓際やベランダでくつろぎながら、四季の移ろいを感じてほしい…という、トータテハウジングの願いもこめられているそうですよ。

こちらは、2階主寝室の軒を、ベランダから見上げたところです。奥行きが1.8メートルあるため、外から見るよりもずっと深い印象!ベランダと室内を雨や強い日差しからしっかりと守ってくれているのがよくわかります。ベランダは広いウッドデッキになっていて、ダウンライトも設置。椅子やテーブルを置けば、“アウトドアリビング”としても利用できますね。ベランダは昔ながらの縁側をイメージして作られた空間なので、とっても広々。外からの視線が気にならないように、ベランダの目隠しの壁があえて高めに作られているのもうれしいポイントです。

軒とベランダとの一体感で、お部屋が広く感じられる効果も♪

こちらは主寝室。実際の広さよりもずっと広々としているように感じませんか?その理由は「天井」。主寝室の天井と軒の高さがそろうように、また素材感も統一されているので、まるで部屋が外に向かって広がっているかのようなゆったりした空間になっているんです。これも軒がある家ならではのメリット♪

全館空調なのでドアいらず♪回遊できるリビングと水回り

シックな色調のリビング。実は“北海道並み”の高断熱!

「軒」のすごさを実感した後はnokiyaの室内をじっくり見学!
まず玄関から中に入ってびっくり!なんとすぐ左手に、リビングが広がっていました。玄関から一歩でリビングに到達するお家って、なかなかありませんよね。
実はこのモデルハウス、全館空調を導入。家中どこにいても快適な室温に保たれているので、室内に壁や仕切りはほとんどなく、開放的な間取りになっているんです。
玄関とリビングの間にあるのは、飾り棚だけ。玄関のドアを開けたらすぐに「お帰り!」が聞こえる…なんだか家に帰るのがうれしくなっちゃいますね。

リビングのインテリアは、茶色、白、黒、グレーをベースに、落ち着いたトーンで統一されています。フローリングはアカシアで、木目がとってもきれい♡天井のLED照明には、スピーカーが埋め込まれているので、ソファでくつろぎながら、音楽を頭上から流すこともできます。テレビを消して、ゆったりとしたBGMを流しながら家族で会話を楽しむ…これってなんだか理想の過ごし方!

随所に使われているグレーの壁紙は、土壁のような風合いを持ち、シックな印象を演出しています。間接照明スポット照明が効果的に使われているので、おしゃれ度が格段にアップ!壁と照明がバッチリ決まっているだけで、こんなに洗練されたお家になるんですね♪

こちらの記事もチェック!

1階のベランダにも、ちゃんと軒がかけられていました!ここも、リビング側の天井と色調や素材感が統一されているので、外のウッドデッキまで空間が広がって見えます。
窓は天井高ギリギリまで大きくとられ、採光が良いので室内がとっても明るく見えました。樹脂サッシにトリプルガラスの組み合わせは結露しにくく、外気温の影響を受けにくいので、光熱費を抑えて快適な室温をキープ!おしゃれなだけじゃなく、家計にも優しいお家なんです。
実はこのモデルハウス、北海道並みの高気密・高断熱仕様というのだからびっくり!省エネ性能に優れた住宅の表彰制度「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を、6年連続受賞しているトータテハウジングだからこその、こだわりです。

1階はすべての場所に楽にアクセスできるよう、回遊性のある間取りになっています。キッチンはリビングを見渡せる位置にあり、背後には食器や調理家電、そしてゴミ箱まで収納できる大容量のカップボードを設置。木のスライドドアを真ん中で閉じると、一枚板に見えるように工夫されているので、ドアを閉めておけば生活感を完全にシャットアウトできます。

キッチンの隣には、小上がりの畳スペースが。料理を作りながら子供たちの遊びや昼寝している様子を見守ることもできそう。こういうちょっとした和の空間があると、多目的に使えてうれしいですよね。

広いランドリースペースで、洗う→干す→アイロン→収納が1ヶ所で完結!

毎日の家事をサポートしてくれる工夫も盛りだくさんです。
キッチンに隣接している「ランドリールーム」は、ご覧の通り広々。室内には部屋干し用のバーやアイロンがけに便利なカウンターも設置されているので、洗濯後すぐに衣類を干せますよ♪

このランドリールームには、さらに「ファミリークローゼット」が隣接!ハンガーバーと棚が設置されているため、家族の衣服をまとめて収納できちゃいます!
つまり、この一角で洗濯から収納まで完結する、ということ。重い洗濯ものを抱えてあちこち移動する必要がないので、本当に助かりますね♪

欲しいところに絶妙な収納スペース。大容量クローゼットも♡

コロナ時代の新常識!手洗い場のある玄関クローク

玄関のシューズクロークには、手洗い場が隣接帰宅時にすぐ手が洗えて、コロナ感染予防もバッチリ!子供にも「帰ったらすぐに手洗い」の習慣が身につきそうですね。

2階主寝室には3畳のウォークインクローゼット!

主寝室には、大きなウォークインクローゼットが隣接。このほか2階の各部屋にクローゼットが設置され、さらには独立した納戸もあるので収納力が抜群!季節家電など大きなものもしまっておけますよ。

トータテのモデルハウス「nokiya」。見学予約はオンラインでもOK♪

トータテハウジングでは、モデルハウスでの感染防止策を徹底!そのため、当面の間モデルハウスの見学は完全予約制となっています。
予約は電話やオンラインでも受け付けているので、思い立ったらいつでも予約可能です。
トータテの「nokiya」オンライン予約はコチラ

年中快適な“軒”のあるトータテの家。季節の移ろいがきっと楽しくなる!

伝統的な日本家屋と、現在の住まい…それぞれのメリットを生かしたトータテの新しいモデルハウス「nokiya」。どこか懐かしく、でもとっても新しい住まいは、もはや感動を覚えるほど!ぜひ皆さんにも、私が感じた「すごい!」を体感していただきたいです…!

気になった方は今すぐ予約受付を。きっとあなたの「理想の家」がそこにあるはずです。

トータテハウジング・モデルハウスnokiya

所在地

広島県広島市佐伯区石内北3丁目14「こころ住宅展示場」内

問い合わせ先

082-247-3655(受付時間10:00~18:00、定休日:日曜)

※モデルハウス見学は事前予約制です

展示場営業時間

10:00~18:00(※水曜定休)

公式サイト

https://totate-h.jp/column_detail.php?id=746

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする