BESS広島で始めるログハウスライフ!木に囲まれるワクワク感を日常に

この記事をシェアする

そろそろマイホームを考えたいけれど、普通の家じゃつまらない、と思っていた私。そんな時に耳にしたのが、「BESSのログハウスは、とにかくワクワクするらしい…」との口コミでした。確かに、「#BESSの家」でインスタを検索すると、素敵なログハウス暮らしがいっぱい!
一気に心をつかまれた私は、早速BESS広島LOGWAYへ。ワクワクのログハウス暮らしを取材してきました!

第一印象は「好き!」の一言。吹き抜けが気持ちいいログハウス

西風新都にあるBESS広島(ベス広島)の「LOGWAY(ログウェイ)」に着くと、まず目に飛び込んできたのは、三角屋根のログハウス。ブランコのようにゆらゆら揺れるスイングベンチがウッドデッキの上で揺れていて、気持ち良さそうです。
今3歳になる娘が生まれてから、バーベキューや川遊びに挑戦するようになった私。つい先日はグランピングを楽しんできたところだったので、この雰囲気はかなり好きかも♪

受付を済ませたら、早速、家の中へ。自分だけで、自由に見て回って良いのは気楽でうれしいですね!

別のママライターが、家族4人で訪問した記事はこちら!

一体感のある広々空間。自由に過ごしたくなる!

三角屋根のログハウス「G-LOGなつ(ジーログなつ)」のドアを開けると、そこは別空間!表情豊かな無垢材の床や壁に目を奪われます
すぐに気に入ってしまったのは、小さなストーブ。小さい頃大好きだった児童文学、「大草原の小さな家」を思い出しました。アメリカ開拓時代の物語で、ストーブで紅茶やシチューを温める描写を、何回読み返したことか!もう一度、本を読み返したくなります。

ふと見上げると、天井まで伸びた吹き抜けが。開放感たっぷりで、天窓から差し込む光が1階まで届き、室内がとても明るく感じられました。

2階だけでなく、リビング、ダイニング、奥の部屋が全てつながっていて、一体感は抜群。
賃貸の我が家と何かが違うなと思ったら、BESSの家には廊下がないんです!
全てがひとつの空間のような感覚で、どこにいても部屋全体を見渡せるし、人の存在を感じ合えます。これなら、ママ大好きな娘が「ママ、どこ!?」と、家の中で泣き叫ぶこともなさそうです。

2階に上がると、ここにも気持ち良い広々とした空間が。ベランダまでひと続きの部屋のようで、広々と感じます。
自分だったら、この部屋を何に使おう?と、つい想像する私。
置型のハンモックを設置してもいいかな?ピアノを置く?思い切ってベッドを置いたらどう?
普通、モデルハウスに行くと「ここは寝室で」とか「子ども部屋に使う人が多いんですよ」とか、営業の人が話しかけてくるので、固定観念に囚われてしまいがち。でも、LOGWAYなら自由に見て回れるので、枠から外れた発想ができるみたい!大人になると、さまざまなルールで縛られがちですが、自分の家は自由に作りたいなと強く思えてきました。

大人も子どももワクワクする毎日が送れそう

もうひとつの家「WONDER DEVICE(ワンダーデバイス)」を訪れると、ここにはぐっと心をつかまれる遊び心がいっぱい!リビングにすべり棒と雲梯があるなんて、ワクワク以外にどう表現したらいいんでしょうか?子どもより、大人の私が楽しんでしまいそうです。
広々としたウッドデッキでは、毎週末、自宅でバーベキューが楽しめちゃうかも。
自宅なのに、このワクワク感。楽しい毎日が想像できます!

夫もBESSの家なら好きになりそう!家のこともやってくれるかも?

私の夫は、とにかく凝り性だけど、興味のないことには何の反応も示さないタイプ。でも、このBESSの家なら絶対気に入りそうです。なんてったって、ヴィンテージファッションやミニカーを愛している夫。好きなものにはとことん愛情を注ぐので、ここに住めば、家のことをなんでもやってくれそうな気がする…♪
広島ママのみなさん、家でぼーっとしている夫がいたら、「夫が夢中になる家」に住むのはいい方法かも!BESSの家なら、率先してバーベキューの準備をしたり、家を片付けてくれる夫の姿が思い浮かんじゃいます。
まあ、趣味に没頭し過ぎる恐れもありますけどね…。

木の家の心地良さに、癒やされる

一通り見終えたら、ソファーに腰を沈めて、ひと休み。こうして座っているだけで、無垢材が放つ木のアロマに包まれ、森林浴をしているような感覚になります。

木の香りが呼び起こす、小さい頃のワクワク感

木の香りに、なんだか幼い頃の記憶を刺激された私。親に連れられ、よく山を登ったことを思い出しました。長い山道は辛かったけれど、唯一楽しみだったのは、ログハウスの山小屋に泊まること。眠る時は壁越しに虫の声を聞いたり、朝、雲海を眺めたり。なんだかワクワクしたあの日…。
「大草原の小さな家」もそうですが、不思議と小さい頃の記憶をくすぐってくるBESSの家。木登りをしたこと、星空キャンプをしたこと。思い返すと、木や自然に関する思い出って、幸せなものが多いな、と気づかされます。どうしてだろう?

木の心地良さが育む、かけがえのない時間

やわらかな光が差し込む木の家。残暑が厳しい日でしたが、木の壁のおかげか、室内は快適で、外の暑さはほとんど感じません。湿気も少ないのか、空気もさらり。木の床の肌触りも良くて、ずっと裸足でいたくなります。
もしかして、この体中で感じる木の心地良さが、私たちの心や記憶にも強く結びつくのかも?
そう思ったら、娘にも木に触れる時間をたくさん作ってあげたくなりました。子どもの頃にこそ、ワクワクの体験はいっぱいさせてあげたいですよね!
私自身も、パソコンが並んだオフィスから、BESSの木の家に帰ってくるとなったら、家に帰るのが楽しみになるだろうな~!と、またも想像の海へ。本気で住みたくなってきました。

心地良いだけじゃない!丈夫で長持ち、長く住みたくなる木の家の秘密

いるだけでなんとなく心地良くて、木には特別な力があるのかも、と思えてきた私。でも一方で、長く住むとなると、木って地震や火事に強いのかな?と、少し心配も。
そこで、BESSの方に木のことを詳しく聞いてみました。

木が持つ自然の力で、“体感快適”なBESSの家

お椀や鍋の取っ手に木が使われているように、木の断熱性は鉄の500倍。夏涼しく、冬暖かく過ごせます。また、室内の光がやさしいのは、木目の凹凸が紫外線を吸収し光を乱反射させるから。雰囲気だけでなく、実際に目にもやさしいんですね。
ほかにも、木目を見るとα波が出る癒し効果や、木の精油成分による森林浴効果、心地良く音を響かせる効果など、木には快適な空間を作る自然の力が備わっています。

実は、木の家は火事や地震にも強い

ログハウスは、どっしり重心が低く、丸太1本1本をダボでつなぎ合わせた一体型構造。もし地震が起きたら、建物全体でしなやかに揺れを吸収します。実際、阪神・淡路大震災でも、ログハウスの躯体には損傷がなかったのだとか!
また、火事にも強いログハウス。太い丸太は、火がつくと表面が炭化し酸素を通さなくなるため、中まで燃焼するには時間がかかります。そのため、万一の火災でも類焼を防いでくれ、逃げる時間や消火時間に余裕が持てます。BESSのログハウスで、隣家が全焼しても外壁が炭化するだけで済んだ例もあるとか。また、自然素材なので有毒ガスを発生することがないので、安心です。

メンテナンスをすれば、長くずっとつき合える

木は、陽の光にあたったり、使い込んだりしていくうちに、色や手触りが変わってきます。木が乾燥し、反りやクラック(ヒビ割れ)が発生することも。
でも、この変化こそ木の魅力。1年に一度はデッキを塗装するなど、メンテナンスが必要にはなりますが、手をかけることで愛着が深まります。
世界最古の木造建築「法隆寺」が1300年も建ち続けているように、大切にすれば、木の家は長く住むことができるのです。

デッキ塗装は家族行事♪ログハウスでのおおらかな子育ての記事はこちら!

ワクワクがつまったログハウスで、家族の暮らしをイメージしよう

ワクワクし、ワクワクを思い出し、自分の家族もワクワクさせたくなった、BESSのログハウス。我が家らしい楽しい暮らしを形にしたいな、と強く思えた一日でした。これは、私もBESSの良さを口コミで広めたくなっちゃうかも…。
ぜひみなさんも、BESS広島LOGWAYへ!ログハウスのワクワクを感じてみてくださいね。

LOGWAY BESS広島

住所

〒731-3168 広島県広島市安佐南区伴南 1-1-11

電話

電話 082-848-1571

営業時間

AM10:00~PM6:00

定休日

水曜・木曜日(祝日は営業)

HP

 https://hiroshima.bess.jp/

担当ライター

この記事をシェアする