えっこんなところに家が!?広島で発見、狭小地・変形地に建つおしゃれでユニークなお家

この記事をシェアする

画像提供:株式会社ジューケン

マイホーム購入で外せないのが土地の問題。中には「祖父の土地があるけど、家づくりには向かない形で…」「いい土地を見つけたけど、ちょっと狭いのよね」とお悩み中の広島ママもいるのでは?
狭小地や変形地って、家づくりでは不利に思われがち。ところが、そんな土地の個性を生かして、ユニークでデザイン性の高い家を提案してくれる工務店が広島にあるんですって!どんな家づくりが叶うのか、さっそく見てみましょう♪

どんな土地でもおまかせあれ♪個性を生かした素敵なお宅を拝見!

狭小地を有効活用!広々ビルトインガレージの家

まずはこちら、わずか18坪、間口6メートルのこちらのお宅!インナーガレージにすることで、狭い土地に広々とした駐車スペースを確保しています♪

こちらはリビングからの景色。横のテラスの上は吹き抜けになっていて、周囲からのプライバシーを守りつつ開放感のある中庭になっています。このように窓を開けると、空間がさらに広く感じられ、風もよく通るそう♪

その中庭の奥に見えるのは、なんとバスルーム!「露天風呂をつくりたい」というオーナーさんの要望に応えたものだそう。プライバシーの守られた中庭だからこそ、露天風呂のように外に出て涼むこともできます。天気のいい日は、湯船から星空も見えるそう☆

「くの字型」の変形地を逆手に!毎日が楽しくなる、工夫いっぱいの家

続いては、電車通り沿いに建てられたお宅。実はここ、土地が「く」の字型になった変形地なんです。そのためオーナーさんは、「電車の騒音もあるし使いにくい形だし、この土地は売ろうかな」と思っていたそう。
ところが、ためしに地元の工務店に相談してみたところ、土地のデメリットをカバーするような、素敵なプランの提案が!

まず、電車通り側に遮音壁(写真左)を設けることで、気になる電車の騒音をシャットアウト!壁の内側は、あえて中庭空間にすることで、外からの視線も気にすることなく、子供たちが自由に遊べるスペースに♪

ちなみにこの遮音壁、夜にはなんとスクリーンに早変わり!プロジェクターから映像を投影して、家族で鑑賞…ワクワクしますね♪

奥行があって、広々としたリビングダイニング。実はこのつくりは、くの字型の土地だからこそできたとか。変形地の特徴をうまく生かしてるんですね!

個性ある家づくりが魅力♡広島市の“地域密着型”工務店「ジューケン」

想いをカタチに!個性ある注文住宅はジューケンにおまかせ♪

ここまで見てきた、狭小地・変形地を生かした魅力的な2軒のお宅。「どこのおしゃれハウスメーカーが建てたの?」と気になるママも多いのでは。
実はいずれも、広島市中区にショールームを構える「株式会社ジューケン」が手掛けたものなんです☆

ジューケンは昭和45年の設立以来、50年に渡って広島の家づくりに携わってきた、地域密着型の工務店

出典:ジューケン公式サイト

ジューケンの公式サイトを見てみると、広島での施工事例がたくさん掲載されていました。どのお宅もデザイン性が高く、「素敵な人が住んでるんだろうな♡」と思わされるものばかり!
このような「他とは違う個性ある家づくり」を得意としているのが、ジューケンの強みなんです。

狭い土地や変わった土地でも大丈夫!高い設計力で弱点を逆手に

最初にもご紹介した通り、狭小地や変形地といった、家づくりでは不利と思われがちな土地に柔軟に対応してくれるのも、ジューケンの魅力。その形を生かし、お客様の希望に合った、個性的かつ住みやすい家を実現してくれるんです!これは、ジューケンの高い企画力や設計力があってこそ。
その実力は折り紙つきで、「SUUMO(スーモ)」の「広島県の工務店アクセスランキング」でも、常に上位にランクインしているほどなんですよ!

子供連れで打ち合わせもOK!ジューケン社内を見学してきました♪

ジューケンって一体どんな工務店なのか、興味津々のpikabu編集部が実際見学に行ってきました!

私たちが通されたのは、ジューケン社内の打ち合わせスペース。木をふんだんに使った、温かみのある空間です♪

打ち合わせスペースには大きなモニターがあり、CGで再現した家の映像が見られるようになっています。
実際に家の中を歩くように画面を動かせて、間取りや部屋の広がりを事前に体感できるのが好評なんだそう♪壁の色や家具の位置を自由に変えて、インテリアのコーディネートをすることもできます。

お店の奥にはキッズスペースもありました!打ち合わせ中、子供はここで退屈せず遊べるから、パパママも担当者さんとじっくり話せますね♪トイレには、オムツ替えシートもありましたよ。

「いいお家」には、人生のレールを変える力がある

「毎日、家に帰るのが楽しくて仕方ないの」お客様のひと言で気づいた“家の力”

ここで、株式会社ジューケンの二代目社長で、一級建築士の吉川富志夫(よしかわ ふじお)さんにお話を伺ってみました!

吉川富志夫さんプロフィール:
一級建築士、宅地建物取引士。大手設計事務所に勤務後、「株式会社ジューケン」代表取締役に。こだわりの注文住宅が高く評価されています。
社長ブログはこちら

吉川さん口コミでの紹介や、ホームページの施工事例を見てお問い合せいただくことが多いです。家づくりに対して、ご自分なりの考えをしっかりお持ちの方が多いですね」

なるほど、家づくりへのこだわりがあるからこそ、ジューケンに!という人が少なくないんですね。家への思い入れが強い分、打ち合わせも難しそうですが…?

平面図を元にしたCG映像を見ながら、打ち合わせをする吉川さん

吉川さん「家づくりの主役はお客様。私たちは、専門知識を持つプロとして、できること・できないことの線引きやアドバイスをするまでです。理想のお家のイメージを膨らませて共有しながら、家づくりのお手伝いをしています

そんな吉川さんには、家の力を実感した、あるお客様とのエピソードがあるとか。

それが実は、最初にもご紹介した敷地18坪の家のオーナーさん☆

吉川さん「17年前に手掛けたあるご夫婦のお家は、敷地がわずか18坪で、どこに相談しても難色を示されたそう。そこでご相談を受け、ご希望通り露天風呂つきの家を実現したところ、『街中なのにお風呂から空が見える!』と大変喜んでいただけたんです」

この体験から、「どんな土地でも、生かし方次第で輝かせられる」という自信が持てたという吉川さん。

さらにこのオーナーさんからは「家を建ててから健康的な生活ができるようになった」といった言葉も聞け、いいお家には、暮らす人の人生を幸せな方向に導くパワーがある!と感じたそう。
また、ジューケンで家を建てた別のお客さんからも「お家に帰るのが楽しくて仕方ないのよ」という声があり、家の力や大切さをますます実感したと言います。

お客様の想いを最大限汲み、家を人生で最高のプレゼントに!

最後に、ジューケンの家づくりに対する想いも伺いました。

吉川さん「よく『家は3回建てて初めて満足いくものができる』と言いますよね。でも、しっかり打ち合わせを重ねてイメージをすり合わせれば、理想のお家は1回目で実現できます

その証拠に、ジューケンで家を建てた方はみなさん「もう一度建てるとしても、同じ家を建てます!」「うちの家が一番!」と口にするそう。それだけ、お客さんとしっかり意見をすり合わせて家をつくっているということですね。

吉川さん「そのご家族ならではの理想に柔軟に対応できるのは、私たちのような小さな会社だからこそできること。私たちがご提案するお家が、そのご家族にとって人生最高のプレゼントになることを目指しています」

ちなみにジューケンでは、家が完成するまでに最低10回は打ち合わせをするんだとか。打ち合わせでは毎回このような記念写真を撮り、最後にファイルにまとめてプレゼントしてくれるそう♪
壁には、毎年送られてくるというお客様からの年賀状も飾られていました。家を建ててからも続くお客様との絆に、ジーンときたpikabu編集部でした☆

ジューケンなら、どんな土地でも最高の家づくりが叶う♡

どんな土地でも「無理!」と言わず、家を建てる人の想いに応えてくれるジューケン。その根底にあるのは、「家づくりを通して、人生をよくするお手伝いを」という熱い想いなんだと分かりました。広島の信頼できる工務店にお願いして、一生大切にできる家をつくりたい!そんな広島ママさんは、ぜひジューケンにお問合せを☆

株式会社ジューケン

所在地

広島市中区光南4丁目4番27号

電話番号

0120-059-117

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜

公式サイト

https://hiroshima-juken.co.jp/

Instagram

@juken_season_2021

@juken_kobo

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする