中国地方の工務店アクセスランキング1位!広島「ジューケン」は、スタッフの提案力がスゴイ!

この記事をシェアする

家づくりはハウスメーカー選びが肝心。細かい要望も聞いてくれて、もちろん技術力もあって…そんな信頼できるところをお探しのみなさん!今、広島で注目の工務店「ジューケン」はご存知ですか?
ジューケンはSUUMO(スーモ)の調査でも、中国地方の工務店としてアクセスランキング1位(※)を獲得するほどの評判!今回はそんなジューケンのスタッフにインタビュー、人気の理由に迫りました♪
※2020年12月時点

高い「提案力」「施工力」が魅力♪広島の工務店「ジューケン」

広島ママ注目!デザイン性も機能性もバツグンなジューケンの家

狭小地を活かした広島市中区の家

「株式会社ジューケン」は、広島市中区にショールームを構える工務店で、50年以上に渡り、多くの家を手掛けてきました。
その魅力のひとつが高い「提案力」。なかでも得意とするのが、街中の狭い土地や変形地、傾斜地など、家を建てるときに制約のある土地での家づくり!土地の個性を生かし、デザイン性も機能性も高い家を提案してくれるんです♪もちろん、そんな難しい設計を実現できる高い「施工力」にも定評があります。

ジューケンの高品質なお家の秘密は“スゴ腕スタッフ”♡

そうしたジューケンの高い提案力・施工力を支えているのが、ジューケンで働く“スゴ腕スタッフ”の存在♪

ジューケン代表の吉川富志夫さん

まずジューケンの主柱とも言えるのが、代表の吉川富志夫さん。一級建築士、宅地建物取引士の資格を持ち、大手設計事務所に勤務後、ジューケンの代表取締役に就任したそう。お客様の想いに沿った、こだわりの注文住宅づくりで評判です。

「ジューケン」スタッフ紹介ページ

そして吉川さんとともにジューケンを支えるのが、一級施工管理技士、設計士、SEなどなど…各分野のエキスパートであるスタッフのみなさん♪

関連記事:

今回はそんなジューケンスタッフの中から、2名の方にインタビューしました!

【工務部/芝切聡さん】自邸の現場監督を経験し“ジューケンの強み”を実感

「設計も施工も手掛ける工務店に!」夢を抱いてジューケンへ

まずお話を伺ったのが、工務部の芝切聡(しばきりさとし)さん

プロフィール:
株式会社ジューケン工務部 現場監督 課長。2008年4月入社。二級建築士。現場監督として数多くの住宅を手掛ける。

「高校の頃、『将来は形が残るものをつくる仕事がしたい』と思い、建築の道を選びました」と話す芝切さん。
高校時代に参加した建築製図コンクールでは、なんと広島県内2位に選ばれた実力の持ち主☆その後、専門学校で建築を学び資格を取得。就職活動中に恩師から紹介されたのがジューケンでした。

芝切さん「『設計から施工まで手掛けるところで働きたい』と思っていたので、ジューケンが理想にピッタリでした

家づくりに一から携わりたい!そんな想いを胸にジューケンに入社されたんですね。

よい家づくりには“よい人間関係”と“丁寧な設計”が不可欠!

入社後は、工務課で現場監督としてキャリアをスタート。仕事は人員や工程の管理、施主とのやりとりなど多岐に渡り、仕事をする中で“人との関係の大切さ”に気付いたと言います。

芝切さん「現場監督に不可欠なのがコミュニケーション力。いろんな方と協力して工程を進めるので、信頼関係が大事なんです」

お客様はもちろん、携わるすべての人とよい関係を築くことが、よりよい家づくりにつながっているようです。

芝切さん「引き渡しから数年後に家の定期点検でお邪魔すると、みなさん『本当に建ててよかった』と言ってくださいます

実際に住んでからそう言ってもらえるのは、設計に時間をかけ、住むときのことをとことん考えるジューケンだからこそ!そう語ってくださいました♪

自邸を手掛けて再認識!「ジューケンのデザイン力と施工力ってすごい」

芝切さんは同じく設計士の奥様と社内結婚し、今では二人の男の子のパパ♪
お子さんの誕生を機にマイホーム購入を決意し、プランから現場監督まで、なんとご自身で手掛けたそう!

芝切さん自邸

芝切さん「土地が狭いのでスキップフロア(同じ階に複数のフロアがあるつくり)を取り入れ、空間を効率的に使えるよう工夫しました」

「家を依頼する側」の立場を体験してみて、ジューケンの強みも再認識できたと言います。

芝切さんジューケンのデザイン力と、それを形にできる施工力は本当にすごいと実感しました。我ながらこだわりが多い家で、ほかの工務店なら対応してもらえなかったかもしれません(笑)」

そんな芝切さんのマイホームは、2020年末に完成。子供たちはスキップフロアに大喜びだとか♪

芝切さん「マイホームを手掛け、そして実際に子供たちの喜ぶ姿を見て、心からよかったと思えました」

子育て世代にとって、同じ目線で家づくりを考えてくれるスタッフがいるのは、とっても心強い!そう感じたpikabu編集部でした♪

【設計部/三村将悟さん】設計を手掛けたお家がジューケンの《顔》に!

「長く形に残る仕事に感動」異業種から建築の道へ!

続いてお話をしてくださったのが、設計部の三村将悟(みむらしょうご)さんです。

プロフィール:
株式会社ジューケン設計部所属。2016年9月入社。設計士として数多くの住宅のプランを手掛ける。

三村さんは、前職が家電販売店の販売スタッフというユニークな経歴の持ち主!

三村さん「あるとき、古い家をリフォームした立派なお宅に家電を搬入する機会があって。そこで『よい家はこうして長く形に残るんだ…こういう仕事っていいな』と感動したのが転職のきっかけです」

そこから建築の道を志し、職業訓練校で設計を猛勉強。ジューケンに入社後、CAD(機械製図)や3Dモデリングのソフトの扱い方を学びながら、お客様との打ち合わせも一人で担当するようになったそう☆

難しい要望も形に!綿密な聞き取りと3Dモデリングを駆使した家づくり

打ち合わせに来られた施主ご夫妻(右)と記念撮影

三村さん「打ち合わせでは、施工事例や素材サンプルなども見ていただきながらイメージをすり合わせます。ときには、明確ではない要望を汲み取って具体化しなければならないこともあり、難しいけどやりがいがありますね

お客様との打ち合わせは、家が完成するまでに最低でも10回は行うとか!理想の家が形になるまで、とことん付き合ってくれるんですね。

設計の過程では3Dモデリングも駆使し、空間の使い方や光の取り込み方など、何度もシミュレーションを重ねるそう!一切妥協しない姿勢が見てとれます。

デザインだけじゃない!過ごしやすさ・使い勝手・安全性…すべてを考えたジューケンの家

「安芸郡の家」外観

そして話題になったのが、三村さんが入社2軒目に手掛けた「安芸郡の家」

「安芸郡の家」リビングと中庭

三村さん「中庭をウッドデッキにしたリゾート風のお家で、住宅密集地のため外壁で周囲の視線を遮りつつ、自然を感じられるよう工夫しました」

今も、このお家の施工事例を見て問い合わせられるお客様は多いとか♪

三村さん「デザインをお褒めいただくことが多いですが、実はそれだけでなく、住み心地や使い勝手、安全性なども大切にしているのがジューケンの強みなんです」

たとえばお子さんが小さいご家庭なら、子供の目線も考慮して、危険がないよう窓の高さなどを微調整するそう。細かなところまで気を配っているんですね!

『こんな家にしたい』という夢を伺う時間がすごく楽しみ。ぜひ気軽に相談に来て、いろんな夢を聞かせてください」と三村さん。その言葉から、「お客様の夢を形に!」というジューケンの熱い想いが伝わってきました♪

ジューケンの魅力の秘密は、高い技術力と熱い心にあり!

ジューケンが広島で支持されるのは、高い提案力と施工力、そして何より、家づくりに真剣に向き合うスタッフの存在があってこそ!お話を伺い、そんなジューケンの魅力が見えてきました♪広島で信頼できる家づくりのパートナーをお探しなら、ぜひ一度ジューケンに相談してみてくださいね。

株式会社ジューケン

所在地

広島市中区光南4丁目4番27号

電話番号

0120-059-117

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜

公式サイト

https://hiroshima-juken.co.jp/

Instagram

@ juken_season_2021

@ juken_kobo

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする