住宅密集地なのにカーテンいらず!?アウトドア好き一家の開放的な“遊べる家”

この記事をシェアする

この1年で注目が高まった「おうち時間」。マイホーム検討中の広島ママの中にも、「家族がのびのびと楽しく過ごせる家を」と考えている人は多いはず☆
とは言え現実は、人気エリアだと手頃で広い土地もなかなかなく…理想の家を諦めている人も少なくないのでは?
そんな中pikabu編集部では、「住宅密集地なのに開放的で、しかも趣味をとことん追求したおうちがあるらしい」という情報を入手!さっそくそのお宅を取材、理想の家づくりを可能にした工務店「株式会社ジューケン」の魅力についても伺ってきました♪

広島の住宅密集地で発見!開放的で毎日が楽しくなる家♪

家族みんなアウトドア好き♡住みやすさと遊び心を兼ね備えた一軒家

今回お邪魔したのは、広島市内のとある住宅密集地に建つ、こちらの素敵なお宅。三方が隣家に密接していて、一見すると開放的な住環境とは言い難く、家づくりにも不利に思えますが…?

玄関を入ってビックリ!大きな吹き抜けと土間があり、とても明るく広々とした空間が広がっていたんです。自転車や大きなクリスマスツリーを置いても、この開放感♪

しかも土間の壁は、なんと2面がボルダリングウォールに!ちょうど、娘さんが壁をよじ登って遊んでいるところに遭遇♡ちなみにこの奥の壁は、傾斜がついてさらに本格的になっていました。

さて、ここでさっそくお話を伺ってみることに!
こちらにお住まいのNさんは、ご主人と、3歳にしてボルダリング達人の娘さんの3人家族。みなさんアウトドアが大好きなんだとか♪

「ボルダリングが趣味で、家を建てるなら専用ウォールをつくりたい!と思っていました。あと、アウトドアグッズや自転車をたっぷり置ける広い土間も絶対欲しくて」

と語るNさん。娘さん誕生を機にマイホーム購入を考え始めたものの、希望を叶えてくれそうなハウスメーカーが見つからず…。
そんなときに知ったのが、近所にある工務店「ジューケン」だったそう。

出典:ジューケン公式サイト

「公式サイトを見たら、施工事例がとってもおしゃれ。個性的なおうちも多く、ここなら!と思い相談に行ったのがきっかけです」

地域密着がモットーのジューケンは、広島の土地情報も豊富。そこでNさんは土地探しも依頼し、紹介されたのがこの土地だったそう。

最初は正直、え、ここ??って思いました(笑)。お隣と密接しているし、大丈夫かなと…」

けれど、そんなNさんの心配も取り越し苦労に!住宅密集地にありながら、とっても開放的で住み心地ばつぐんの家が完成したんです。
「公園みたいな遊べる家を」とオーダーし、ボルダリングウォールはもちろん、収納に便利な土間もお願いしたそう。そんな想いがすべて叶い、大満足のおうちづくりができたと、嬉しそうに話してくれました♪

子供がのびのび遊べる♪広い土間はリビングの一部!

こちらのお宅は、土間とリビングが隣接しているのが特徴。そのため土間もリビングの延長のような感覚で開放的に感じられる上、空間を広く使えるそう!
取材中も、娘さんがリビングと土間を行ったりきたりして遊んでいました♪

キッチンはアイランドタイプで、小回りがきくようにと、あえて小さめサイズを特注。こうした細かなところも、家事をする上では譲れないポイントですよね♪

「仕切りがないから、キッチンに立つと部屋全体が見渡せるんです」とNさん。スペースが広い上に、子供がどこで遊んでいても目が届くって安心ですね♪

吹き抜けって気持ちいい♪カーテンいらずの計算しつくされた設計!

開放的なだけじゃない!日々の暮らしを考えた吹き抜け構造

住宅密集地にありながら、Nさんのお宅が広々と感じられる理由のひとつ。それはズバリ、高さ5.5メートルの開放的な吹き抜け構造です!

吹き抜け部分に設置された階段は、1段ごとの幅が広めにつくられていました。これは、娘さんが上り下りしたり、段に腰掛けて絵本を読んだりと、遊び場としても使えるようにするためだそう♪

階段の上につくられた渡り廊下は、通気性をよくするため、なんと床が“すのこ状”に!すのこの床にもすっかり慣れた様子のNさんご一家。リビングにいるパパに上から手を振るのが、娘さんのお気に入りなんだとか♪
しかも廊下の手すりは、洗濯物を干すランドリースペースとして使えるんですって!

「天井にファンがついているので風通しがよく、洗濯物もよく乾くんです」
住宅密集地でも乾燥機いらずとは、羨ましい限り♡

プライバシーも万全!窓の位置をCGでシミュレーション

住宅密集地だと、「隣の家からの視線をどう遮るか」も大きな課題。ところが、

「うちの家は、窓にカーテンがないんですよ」

とNさん。言われてみれば確かに、どの窓にもカーテンがない!そのうえ、吹き抜けの天井に大きく取られた窓から光がたっぷり入り、照明なしでもとっても明るいんです♪
なんでも、ジューケンの担当者さんがCGで何度もシミュレーションを重ね、光をしっかり取り込みつつも外からの視線は遮る、絶妙な窓の位置を考えてくれたそう!

リビングに接する中庭も、壁で囲み、隣家からの視線はまったく気にならないつくり。こちらも上は吹き抜けになっていて、日当たりも◎。天気のいい日は、ここで娘さんがお外遊びをしたり、イスを並べてのんびり過ごしたりするそう♪

最後に、「おうちの中で、特に気に入っているところは?」と尋ねると「すべてです!」と即答!

「うちがお世話になったジューケンさんは、我が家の夢に真剣に耳を傾けてくれました。こんな本格的なボルダリングウォールも、叶えてくれるところはなかなかないと思います」

そう語るNさんの笑顔を見て、「家族で過ごす場所だからこそ、信頼できるところにお願いして、理想を追求するって大事!」と感じたpikabu編集部でした☆

「ジューケン」だからできた!理想を諦めない家づくり

住宅密集地という制約のある土地にも関わらず、理想通りの家づくりを叶えたNさん。その希望を現実のものにしてくれた「株式会社ジューケン」とは、一体どんな会社なんでしょうか?

狭小地、変形地、密集地…個性的な土地の活用は「ジューケンにおまかせ!」

広島市中区光南にショールームを構えるジューケンは、創業50年という長い歴史を持つ、地域密着型工務店。数多くの個性ある住宅を手掛けていて、なかでも得意とするのが、狭小地や変形地、今回のような住宅密集地など、一見使いづらい土地形状を活かした柔軟な家づくりなんだとか♪

詳しくはこちらもチェック

オーナーさんの想いを形に!家づくりにとことん付き合う姿勢が魅力♪

「オーナーさんの夢や想いを伺うと、心のスイッチが入るんです」と語ってくれたのは、「ジューケン」代表の吉川富志夫さん
今回のNさん邸について、次のように話してくださいました。

「今回は住宅密集地ということで、外からの視線を遮り、プライバシーをどう守るかがポイントでした。さらにアウトドア好きのご一家なので、趣味全開の楽しい空間になるよう、何度もプランを練り直したんです」

Nさん邸には、その希望にとことん寄り添う、ジューケンの想いが詰まっていたんですね♪

アフターフォローもしっかり!引き渡し後も続く信頼関係

実は、取材当日もNさん邸を訪れていた吉川さん。引き渡し後も、こうして時々オーナーさんを訪問するそうで、吉川さんいわく、

「不具合や気づいたことなど、何でも気軽に話していただけたらと思っています」

とのこと。もちろん、定期点検などアフターフォロー体制も万全!
オーナーさんと家族のように談笑される姿が、とても印象的でした♪

理想のおうち時間が叶う家づくりは、ジューケンにおまかせ♪

いい土地がないからと、開放的で理想通りのマイホームを諦めるのは早いかも!オーナーの希望に、心と技術と経験を総動員して応えてくれるジューケンなら、きっと希望の家づくりが叶うはず♪ハウスメーカー探しでお悩みの人は、ぜひジューケンに相談してみてくださいね。

株式会社ジューケン

所在地

広島市中区光南4丁目4番27号

電話番号

0120-059-117

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜

公式サイト

https://hiroshima-juken.co.jp/

Instagram

@ juken_season_2021

@ juken_kobo

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする