【ビートスイミングクラブ広島】ジュニアコースのママに評判を聞いてみた♪

この記事をシェアする

「西区でスイミングと言えばビート!」と口コミで評判になっているのが「ビートスイミングクラブ広島」。なんでもママ同士の口コミで入会する人がとても多いスイミングスクールなんだそう。
いったいビートスイミングクラブ広島のどんな点が、ママたちに評判になっているのか…?その真相を探るべく、今回は子供をジュニアコースに通わせているママにお話を伺ってみました!

“効果”は?子供の反応は?ジュニアコースに通うママたちの口コミを紹介!

「ビートスイミングクラブ広島」ジュニアコースに通うママたちにインタビュー!

広島市西区にある「ビートスイミングクラブ広島」は、創立40年の歴史を持つ、広島でも老舗のスイミングスクール。0歳から100歳まで、幅広い年代が通えるスクールです。
今回pikabu編集部がお邪魔したのは、2歳6ヶ月~中学生までが対象の「ジュニアスイミングコース」のレッスン。子供と一緒に訪れていた3人のママにお話を伺いました!

「子供たちがみんな楽しそう!通って正解でした」

最初にお話を伺ったのは、津田そよかさん。深遥(みはる)ちゃん(9歳)、咲保子(さほこ)ちゃん(7歳)の姉妹をジュニアコースに通わせています。

先にビートスイミングクラブ広島に通い始めたのは妹の咲保子ちゃん。1年ほど前に、自ら「プールに通ってみたい」と言い出したのがきっかけでした。
「ママ友からの評判もよくて、家からも近かったのが、ビートスイミングクラブ広島を選んだ理由です」
また、今年の夏はコロナの影響で小学校のプールが中止に。それなら…と咲保子ちゃんの通うビートに、深遥ちゃんも6月から通わせることにしたそう。
「コーチが子供たち一人ひとりの状態をしっかり観察して、臨機応変に対応してもらえるので安心です」と話してくれました。

「クロール10メートル泳げるようになりました♪」

続いてお話を伺ったのは片山美由紀さん。息子の陽聖(はると)くん(9歳)がビートに通っています。
昨年、陽聖くんがお友だちと冬の短期教室に参加したのが入会のきっかけ。

「ビートは『ほかのスイミングより厳しめだけど、しっかり教えてくれるよ』という評判を聞いて決めました。子供って、雰囲気がゆるいとすぐにふざけちゃうから(笑)」。
「厳しめ」と評判を聞いていたものの、練習に参加したらコーチは優しい人ばかり。

「初めて短期教室に通ったとき、息子は大泣き。それでもコーチが抱っこして一緒にプールに入ってくれるなど、根気よく息子と接してくれて、なんとか慣れてくれました」
そんな陽聖くん、今ではクロールで10メートル泳げるまでになったそうです!

「ママ友から『プールと言えばビート』って評判を聞いてました」

最後にインタビューしたママは中村あずささん。お兄ちゃんの潤世(じゅんせい)くん(8歳)と妹のさくらちゃん(6歳)は、今年の3月からジュニアコースに通いはじめました。

「ママ友の間で『スイミングと言えばビート!』と評判を聞いていたので、通わせてみようと思いました」
潤世くんはお風呂のシャワーも嫌がるほどの大の水嫌い!体験レッスン当日もエントランスで号泣したそう。そのとき、コーチが「任せてください!」とさっとプールに潤世くんを連れて行ってくれたそうです。
「当時はコロナのため、保護者が中に入れなかったので、何があったのかはわかりませんが…(笑)。驚いたことにその日を境にプールを嫌がらなくなったんです」

今では兄妹で「あと何回寝たらプール?」と楽しみにしているほどだとか。

「細かく級が分かれているので、少しずつレベルアップしていけるのが嬉しいみたいです」。

ビートの評判や口コミがきっかけとなって入会した、3人のママたち。ビートに通い始めると、どの子も不思議と笑顔になって、プールが大好きになれるようですね♪

大切なのは、小さな“デキタッ!”を積み重ねること。ジュニアコースのレッスン風景を拝見♪

小さな子供が楽しみながら泳げる工夫がいっぱい♡

それでは、ビートスイミングクラブ広島のジュニアスイミングコースのレッスンをのぞいてみましょう! この日は50人ほどの子供たちが参加。レベル別にコースを分けてレッスンが行われていました。

最初にお邪魔したのは、比較的プール歴の浅い、小さな子供たちのコース。プールは底に台を置いて水深を浅くし、子供たちが足をつけられるよう工夫されていました。
まずは水中での動作に慣れるため、じゃぶじゃぶ歩きからスタート。コーチとハイタッチすると、みんな笑顔に♡

慣れてきたらビート板につかまって、前に進む練習をしたり、顔をつけたり、仰向けで浮かんだり。水慣れから泳ぐための基本までを身につけて行きます。
コーチは子供たちに「できたね!」「その調子!」とこまめに声かけをしていました。こうして少しずつできることを積み重ねて、子供たちの自信につなげていくんですね♪

プールに慣れたら、少しずつ泳ぎの基本姿勢を身につけよう♪

隣のコースでは、ある程度水に慣れた子供たちが、次のステップとしてクロールなど基本泳法を身につけるレッスンを行っていました。水中での腕ののばし方など、かなり細かい点もアドバイス!コーチが一人ひとりの上達度をしっかりと把握していて、アドバイスしたことや新しいことができるようになるたび、すかさず「よくできたね!」と褒めていましたよ♪

距離を泳ぎながら、クロールや背泳ぎなどをマスター!

さらに隣のコースでは、基本的な泳法を身につけた子供たちが、息継ぎのタイミングやターンの仕方などの指導を受けていました。
このレベルになると、「より速く泳ぐ」ことも意識するようになるので、子供たちの表情も真剣そのもの!ときにはコーチが一緒に付いて泳ぎながら、子供たちのフォームを確認する場面も。

ビートは保護者にも「特典」いろいろ!子供と一緒に通いたくなる♡

ママたち保護者のためのギャラリー。待ち時間も快適!

プール2階には、大きな窓からプールが一望できる、ギャラリー(保護者席)があります。
時々、プールの中の子供と目が合って、手を振っているママも♪ほかのママとの交流の場にもなっているんですよ。

現在、ギャラリーに入る保護者全員に、記名と検温、手指消毒、マスク着用が義務付けられています。ここまでしっかりと感染予防対策されていたら、安心して子供たちを通わせることができますね♪

子供を待つ間、一緒に泳いじゃうのもアリ!(週末限定)

ビートスイミングクラブ広島には、保護者向けのおトクなプラン「ビートファミリー」があります(※子供がビートに通っていることが条件)。「成人コース」の利用可能時間内であれば、泳ぎの練習はもちろん、水中ウオーキングもOK!土日はジュニアコースのレッスンと同じ時間帯に利用できるので、隣のコースで子供がレッスンを受けている様子を見ながら、一緒に泳ぐこともできますよ。

こちらの記事もチェック!

特別プログラム「ULTRA KIDS(ウルトラキッズ)」に挑戦しよう!

ビートスイミングクラブ広島には、「小学校入学までにクロールで25メートル泳げる」ことを目標にした「ULTRA KIDS(ウルトラキッズ)」認定制度(未就学児対象)があります。4日間の集中トレーニングで「頑張る力」と「自分で考える力」を養う、ビートならではの“エリート育成プログラム”なんですよ♪

ウルトラキッズ認定された子供たちには、記念オリジナルTシャツをプレゼント!

昨年の初開催では、見事20人の子供たちが認定されました!これは全国にあるビートスイミングクラブの中でも有数の記録だそうです。
「ウルトラキッズ」は今年も開催される予定。日程などは後日発表されるので、お楽しみに!

ビートスイミングクラブ広島なら、子供もママもプールが大好きになる♡

せっかく水泳を習うなら、ただ泳げるようになるだけじゃなく、泳ぐことが大好きになってほしいですよね。ビートスイミングクラブ広島なら、一人ひとりの上達度に合わせたレッスン内容で、きっとどの子もプールが好きになりますよ♡

ビートスイミングクラブ広島

住所

広島市西区高須1-1-2

電話番号

082-273-5500

営業時間

平日10:15~21:00

土曜9:00~16:30

日曜9:30~13:00

休館日

月曜・祝日(そのほかスクールカレンダーに準ずる)

公式サイト

http://www.beat-swimming.jp/hiroshima/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする