ビートスイミングに通ってよかった♡広島ママの口コミ座談会に密着♪

この記事をシェアする

これまでpikabuでは、広島市西区の老舗スイミングスクール「ビートスイミングクラブ広島」のいろんな特色をご紹介してきましたが…やっぱり知りたいのは実際に通ってみるとどうなのか?ということ。
そこで今回は、ビートに通っている子供たちのママに集まってもらって座談会を開きました!ママたちから見たビートの印象や、通わせてよかった点など、気になるあんなことやこんなことをぶっちゃけトークしていただきましたよ♪さて、その内容はいかに?

3人の広島ママたちが、ビートを選んだ理由って?

幼稚園からのお友達同士。わざわざ中区から通い続けているワケ

広島市西区高須にある「ビートスイミングクラブ広島」は、なんと40年の歴史を持つスイミングスクール。広島の草分け的スイミングスクールとして、長年地元の人たちに愛され続けています。
生後半年の赤ちゃんから通える親子ベビースイミングをはじめ、ジュニアスイミング選手コース成人コースと4つのコースがあり、0歳から100歳まで通うことができます。

今回、座談会に参加していただいたのは、守本裕佳さん栗橋奈津代さん髙橋尚美さんです。
3人とも、ジュニアコースに通う小学1年生(7歳)の男の子を持つママ。幼稚園が同じだったことをきっかけに親子ぐるみで仲良しに。

子供同士もみんな仲良し♡(左から)高橋幸輝(こうき)くん、高橋幸咲(みさき)ちゃん、栗橋依那(えな)ちゃん、守本圭吾(けいご)くん、栗橋叶(かなた)くん

実は、3人とも、お住まいは広島市中区。クラブのある西区まで通うのは、結構大変だと思うのですが…

栗橋さん「3人の中で、最初にビートに通い始めたのは、うちの息子でした。小学校に上がるタイミングで何か習い事を…と思っていたときに、西区に住むお友達がビートに通っていたので、紹介してもらい夏休み短期教室に通いました

レッスンが終わるやいなや、お子さんがすぐに「ここに通いたい!」と言ったので、入会を決めた…という栗橋さん。習い事が長続きするポイントは「距離」ではなく「子供のやる気」ということですね♡

「ここならやってみたい♡」短期教室に参加した子供の希望で入会!

守本さん「うちの子は、栗橋さんの息子さんをきっかけに、ビートに興味を持つようになって、冬休みと春休みの短期教室に参加しました」

髙橋さん「私は以前から子供にスイミングをさせたくて、探していました。でも、以前参加したベビースイミングでは、プールに入るだけで大泣き(笑)。でも、ビートの短期教室では初日から『通いたい』と言い始めたんです!

守本さん「短期教室って、全日程を修了したら賞状がもらえて、写真撮影もしてもらえるんですよ。それがすごくうれしかったみたい」

「達成感を感じたこと」が入会の決め手になった…とママたち。確かに「できた!」という成功体験は子供の大きな喜びと自信につながりますもんね♪

水泳がどんどん好きになる♡子供たちにうれしい変化も♪

体力がついた!寝付きも早い!ママが感じた変化

続いてビートに通い始めて、子供たちにどのような変化が起こったのか?教えていただきました。

守本さん体力がついたな~と実感しています。以前は、喘息の持病もあって3ヶ月に一回くらい熱を出していたんですが、最近は症状が落ち着いています。風邪もあまり引かなくなりましたね」

髙橋さん「うちの子も、やたら元気になりました(笑)。プールに行くと、お友達にも会えるので、毎回レッスンが楽しくてしかたないみたいです

栗橋さん「レッスンで体力を使うせいか、寝つきがよくなりましたよね

「体力がついた!」という意見で一致!水泳は全身運動。我が子に体力をつけてあげたい…というママにはピッタリの習い事です。

よきライバルのおかげでやる気アップ♪お友達がいるから頑張れる!

また、ママたちは「仲間がよい刺激になっている」と語ってくれました。

栗橋さん「子供たちは3人とも別々の小学校に進学したので、ビートのプールで会えるのをとても楽しみにしています

髙橋さん「お友達に会えるから頑張って通おう!って思えるみたい」

守本さん「『(友達が進級してもらった)あのワッペンがほしい!』など、目標ができるのが、通い続けるモチベーションになっています

お友達がよき仲間でよきライバル。体だけでなく心の成長にも最高の環境です、とママたちはニッコリ。

細かい進級制度でステップアップを実感♡

進級認定テストに見事合格した守本圭吾くん。認定証が贈られました♪

ここで「ママから見たビートの魅力」について語っていただきましょう。

守本さん「ビートって、進級認定テストの級数が60級もあるんですよ。ちょっとずつ上に上がれるから、低年齢の子でも達成感が味わえるのがいいですね。それに、お友達が進級テストに合格すると、自分も頑張ろうって思うみたい。『お友達もみんな頑張っているから』ってあきらめずに頑張れています」

髙橋さん「うちの子は『目標を立てる』ことができるようになりました。2ヶ月に一回、進級認定テストがあるから、上達が目に見えるし、自分で考えて工夫して練習できるようになったんです。コーチのアドバイスもしっかり聞けるようになりました」

栗橋さん「テストを受けて、合格して一つでも上の級に上がれると、すごく喜んでます。ワッペンがもらえると、子供ってうれしいんですよね

ビートが大切にしているのは子供たちの「デキタッ!」という「成功体験」。自分で目標を決めて、それを達成することが自信につながっている…それこそがビートの魅力、とママたちは話してくれました。

「ビートのコーチはスゴい♪」。ママたち絶賛の理由って?

指導は(ちょっと)厳しめ。だけど、それがいい♪

ビートといえば、「コーチ陣が魅力」という噂。実際のところはどうなのでしょうか…?

髙橋さん「ビートのコーチは、年代も幅広くて個性的な方が多いですね。みんな子供に対する教え方や声のかけ方がすごくうまいので、本当に楽しそうにしています」

栗橋さん「先日、指導が厳しめ(とウワサ)のコーチに変わってから、練習量が増えました。レッスンが終わると『疲れた~!』って言ってますが、本人は結構楽しそうです

守本さん「コーチが大きな声なので、うちの子はちょっと怖がってます(笑)。でも、これくらいの厳しさがいいのかな。うちの子は甘ちゃんだから(笑)」

栗橋さん「進級テストに合格できなかったとき、コーチがちゃんと理由を説明してくださったんです。『技術はあるけど、体力面と精神面がまだ次のレベルまで追いついていないんです』って。すごく納得できましたね」

厳しくも優しい指導と、子供たちのやる気スイッチをオンにしてくれるレッスン。これこそがビートの魅力!とママたちはにっこり。

コーチはいつも見守ってくれる、お兄さん・お姉さん的存在♡

さらに話は続きます。

守本さんビートって本当にいいコーチばかり!たまに観覧席からプールを見てると、時々うちの子がコーチとはしゃいでるのが見えたりして(笑)」

栗橋さん「プールでコーチと子供が『ひじタッチ』してますよね。子供たちにとってはお兄さん・お姉さん的な存在ですね

守本さん「進級テストで合格できなくて落ち込んでいる子供をそっとしておいてくださる優しさも。ちゃんと見守ってくれているんだな~と、いつも感謝しています

関連記事:

オンとオフをしっかり切り替えて、厳しく指導するときは指導する、楽しむときは一緒になって思いっきり楽しんでくれる…。生徒とコーチの「心の距離」が近いので、しっかりとした信頼関係が生まれる…。ママたちはそう感じているようです。3人とも、「コーチが素晴らしいから安心して任せられます」と最後に口を揃えて話してくれました。

広島ママも太鼓判!ビートは子供が水泳大好きになる教室♡

「ビートに通わせて本当によかった」。座談会中に何度もこの言葉が繰り返されるのが印象的だった今回の座談会。どうやらビートはママも太鼓判を押すスイミングで間違いなし!のようです。
「どんなレッスンなのか気になる」というあなた、ぜひビートに問い合わせてみてください♡

レッスンの見学・体験の予約はこちら!

ビートスイミングクラブ広島

所在地

広島市西区高須1-1-2 

※広電「東高須」電停下車すぐ

電話番号

082-273-5500

営業時間

平日10:15~21:00

土曜9:00~16:00

日曜9:30~13:00

休館日

月曜・祝日(そのほかスクールカレンダーに準ずる)

公式サイト

http://www.beat-swimming.jp/hiroshima/

Instagram

@beat.hiroshimapool

関連記事はこちら▼

そのほかビートスイミングクラブ広島の記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする