西条助実のセキスイハイム分譲住宅がついに完成!高性能で安心な住まい

この記事をシェアする

今、子育て世帯におすすめの街といえば、東広島市の西条!働くパパ・ママをサポートする制度が充実しているうえ、全国学力・学習状況調査でも西条は教育力の高さを示す結果を出しているそうです。
そんな西条の御薗宇・助実エリアに登場した、セキスイハイムの新しい分譲地。以前pikabuでも分譲地周辺の環境についてご紹介しましたが“助実の分譲地に、続々と戸建てが完成している”という情報をキャッチして、お家のなかを見せてもらうため再び西条に行ってきました。

セキスイハイムの分譲地がある西条・助実ってどんなところ?

セキスイハイムの助実分譲地は、JR西条駅から2kmほどの場所にあります。車で数分のところには『ゆめタウン』や『ファッションセンターしまむら』、ホームセンターの『DCMダイキ』などもあり、利便性も高いエリアです。
こうして西条の中心部からほど近い場所にあるのに、丘陵地となっているところも見逃せないポイント。セキスイハイムの助実分譲地がある場所は小高くなっているため、水害に強いそうです。
広島は「南海トラフなど大きな地震が来る可能性が高い」と言われているので、いざというとき子どもを守りやすい場所にお家があると嬉しいですね。

前回の助実をご紹介した記事はコチラ

空気がきれいで電気代も最小限!高性能なハイムの戸建て住宅

それでは、西条の助実で見てきた、セキスイハイムの分譲戸建ての魅力を見ていきましょう。

家全体がじんわり暖かい

今回、西条助実の分譲住宅を見せていただいたのは、冬の寒さが身に染みる12月のとある日。外にいるとコートを着ていても寒さを感じるほどでしたが、玄関に入った途端、じんわりと暖かさを感じました。リビングに入ったところで試しにスリッパを脱いでみても、足元がまったく冷たくありません!

これは、セキスイハイムのお家が“断熱性の高い家”だからなんだそう。阿部寛さんの『帰りたい~♪帰りたい~♪あったかハイム…』のCMでお馴染みですよね。
2×6(ツーバイシックス)工法で造られていて、お家全体が分厚い断熱材で囲まれているそうです。

足元が暖かいのも、床下に隙間なく断熱材が入っているからなんだとか。わが家の子どもは真冬でもお家のなかでは靴下を脱いでしまうので、フローリングがひんやりしないのは嬉しいところです!

2×6(ツーバイシックス)工法については、コチラで詳しく説明してあります。

じんわりとした自然な暖かさで、暖房をフル稼働している賃貸のわが家とは、快適さも大違い!「暖房をつけると、すぐムッとした暑さに!子どもがちょっと動き回ると汗をかいてしまう…けど、消すと寒い」といった冬特有のもどかしさも、セキスイハイムのお家ならサヨナラできるかもしれません。

きれいな空気が常に循環!

そして寒い時期にありがちなお家の悩みといえば、“換気”を挙げる方も多いのではないでしょうか。冬はあまりの寒さに、窓を開ける機会も少なくなりがち。しかし風邪を引きやすい時期でもあるので「本当はしっかり換気をしたほうがいいんだろうな…」と、なんだかスッキリしない気持ちになりますよね。

 

セキスイハイムのお家には換気口があり、そこから汚れた空気を排出。さらに、外のきれいな空気を取り入れることで、お家のなかが常に換気されている状態になるそうです。換気口にはフィルターもついており、ホコリや花粉もしっかりカットしてくれるんだとか。
ハウスダストや花粉症に悩まされている方も、快適に暮らせそうです。さらに熱交換もしてエネルギーロスも少なくなっているんだとか!

太陽光発電でコスパよし

セキスイハイムの戸建てはリビングが暖かいのはもちろん、トイレやお風呂場に行っても、しんとする寒さはありませんでした。これで稼働しているエアコンは、リビングにある1台だけとのこと。

さらに太陽光発電で、電気代もほぼかからないそうです。セキスイハイムのお家は蓄電池もついており、お昼の発電で余った電力は蓄電池へ。夜は蓄えた電力でまかなっていくことで、電気はほぼ自給自足で生活できるんだとか。
今後車を買い換える段階で電気自動車にすれば、お家で発電した電力で車も充電できるので、家計にも環境にも大きなメリットがありそうです。

災害に強いお家で安心の毎日

そして蓄電池つきの太陽光発電は節約にひと役買ってくれるだけでなく、災害時の停電対策にもなります。電気がストップしたときもお家で発電ができれば、テレビをつけたりミルク用のお湯を沸かしたりできますよね。

さらにセキスイハイムのお家は、家づくりの大半を工場で作ってから分譲地に持って来るため、骨組みを作る段階で雨にさらされることがなく、耐久性の高い家になるんだとか。
本来なら職人さんが無理な体勢や高所で作業する部分も、工場での生産なら安定した姿勢で行えます。この無理のない作業環境が、丈夫な家づくりにつながっているそうです。
過去に大きな地震があったときも、セキスイハイムのお家では“普段通りに近い生活”を送れた方がたくさんいらっしゃるとのことでした。

これから戸建てを考えるなら、やはり災害に強いお家がいいですね!

こちらの記事もチェック!

ママの負担は軽減!子どもは思い切り遊べる!

セキスイハイムのお家は高性能なことがわかりましたが、ほかにも魅力がたくさんありました!ここからは、私が主婦目線で見て「ここがいい」と思ったポイントを、さらにご紹介します。

家事の負担軽減!大容量の収納でお部屋もすっきり

「戸建てだと、ワンフロアのマンションに比べて掃除が大変そう…」なんてイメージもありますが、今回見学したセキスイハイムの分譲住宅では、キッチンに作りつけの食器棚がありました。天井からつながっているので、食器棚のうえに隙間ができないんです。つまり「普段はあまり見えないけれど、脚立に上がって久々に見てみたらホコリがすごかった…」なんて悲劇もありません。

キッチン周りには作りつけの収納がたくさんあるので、追加で棚を置かなくても食器や調理器具は充分片付きそうです。余計な家具を置かなくてよければ、すっきり見えるだけでなく、そのぶん掃除する場所も少なくなるはず。これだけでも、かなり負担がラクになりますね。

お洗濯を畳む手間も半分に!大容量のWIC

2階にはWIC(ウォークインクローゼット)もありました。写真では見えにくいのですが、奥行きがあってかなり広々。これならハンガーに干した洗濯物を、そのままかけられそう!家族みんなの洗濯物を畳むのって、想像以上に時間がかかりますよね。私も「戸建てを買うなら、せめてトップスだけでもハンガーのまま収納できるクローゼットが欲しい」と思っていましたが、セキスイハイムの戸建てなら実現できそうです。

元気いっぱいの子どもも思い切り遊べる環境

そして壁をじっくり見ていると、角が取れて丸くなっていることに気がつきました。わが家では子どもが走り回って壁に頭をぶつけることがあるので、これなら安心。

「子育て家庭には、この壁は嬉しいね」なんて言いながらもう一度お家をじっくり見ていると、なんとキッチンカウンターの角も丸くなっているんです。
「うちの子が小さいときは、あらゆる角にコーナーガードをつけて、見た目もひどかったなぁ」なんて数年前を振り返りながら、こんなお家なら小さな子どもがいてもおしゃれに暮らせたのに!と、しみじみ思いました。

さらに2階のベランダは縦に広い形で、夏場には大きなプールを広げて遊べそう!分譲地になかには公園もあり、子どもが思いきり楽しめる環境がそろっていると感じました。助実のなかだけでも32の戸建てが並ぶことになるので、近所に歳の近いお友だちもできるかもしれませんね。

セキスイハイムのお家で家族の思い出を増やそう

「子どもにとっていい環境にマイホームが欲しい」「戸建てに憧れるけど、広島市内では土地が見つからない」という方には、助実のセキスイハイム分譲戸建てがおすすめ!今もどんどん分譲住宅が建設中なので、気になる方はぜひ、助実でセキスイハイムの高性能住宅を見学してみてください。予約は下記電話番号、HPにて♪

セキスイハイム中四国株式会社 広島支社

住所

広島市西区草津新町1丁目21-35 広島ミクシスビル8F

TEL

0120-039-816

営業時間

AM10:00~PM6:00(毎週火・水曜日定休)

HP

https://www.816c.jp/

 

スマートハイムシティ助実

広島県東広島市西条町助実字宇根631番

https://www.816c.jp/housing/hirotochi/sukezane-misonou/sukezane

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする