セキスイハイムのスマートハイムTBで光熱費ゼロの暮らし!創エネ&蓄エネで災害時も安心・安全♪

この記事をシェアする

家を購入するとき、決め手となるところは人それぞれ。価格や立地、間取りも重視したいポイントですが、毎年のように発生する自然災害を目の当たりにすると「災害に負けない強さ」も考えておきたいですよね。今回ご紹介するセキスイハイムの「スマートハイムTB」も、まさに未来の家族の暮らしを守ってくれる次世代住宅。小さなお子さんを育てるママのみなさんは、ぜひ読んでみてください。

いつ起こるか分からない災害…!子育て家族がするべき備えって?

巨大地震、豪雨災害などが頻発する近年の日本。「私の住んでいるところはきっと大丈夫!」と思いたいところですが、いつどこで何が起こるか分からない今、少しでも備えておいた方が安心ですよね。

私自身、昨年の広島で豪雨災害を経験したひとり。当時、2歳の息子と一緒に避難の準備をしながら「これからどうなるんだろう…?」「何があってもこの子を守らなきゃ!」と不安でいっぱいだったことを今でも思い出します。きっと子どもが産まれてからの方が、災害に対する不安が大きくなったという人も多いのではないでしょうか?

実際に災害を経験した多くのママたちからは、次のような声も…!

「電気や水道のライフラインが止まって生活が一変しました。大人はどうにでもなるけど、小さな子どもがいるとただただ漠然と不安でした」
「停電中、3歳の息子にご飯を作ってあげることもできず、お風呂に入ることもできず、とにかく不便でストレスでした。暗い部屋の中で不安がる息子を必死に励まして…もうあんな思いはしたくありません」
「余震が続く中、すぐ近くにすむ知り合いの家が倒壊したと聞き、『うちの家ももう倒れるかもしれない…』と覚悟を決めました。『命があるだけでも充分』と思う反面、小さな娘にも苦労させるかもしれないと思うと不安で眠れませんでした」

災害は、さまざまな日常を突然奪っていくもの。私たちはそれに対して、何とか日常を早く取り戻せるようにさまざまな備えをするしかありません。ただ、住み慣れた家を離れて避難するというのは、どんなに備えや貯えがあったとしても不安を完全に拭い去ることは難しいでしょう。

そんなとき、住み慣れた家、家族が戻る場所が無事だったら…これほど心強いものはありません!
これからの家は、災害に負けない強い家かどうかがキーポイントとなる時代なのです。

“災害に負けない強さ”を備えたセキスイハイムの家!話題の「スマートハイムTB」も新登場♪

さて今回は、これから家を購入する予定のみなさんにセキスイハイムから発表されたばかりの次世代住宅「スマートハイムTB」をご紹介しましょう。“災害に負けない”というのは、ただ単に頑丈なだけじゃないんです…!

セキスイハイムのコンセプトって?

セキスイハイムと言えば、広島に限らず全国で多くの実績を持つ人気のハウスメーカー。阿部寛さんのCMでもおなじみですよね♪

コンセプトは「時を経ても、続く価値を」。地球環境にも配慮し、60年以上経ても家族が安心して快適に住み続けることができる、そんな住まいの提供にこだわる会社です!セキスイハイムがどんな家を作っているのかについては、こちらの記事もぜひ読んでみてくださいね♪

セキスイハイムから「スマートハイムTB」が新登場!

先日、セキスイハイムから新たに、これからの未来を考えた次世代住宅が発表されました。その名も、「スマートハイムTB」。一体どんな家なのでしょうか?

スマートハイムTBは、太陽光発電システムと蓄電池、電気自動車によって発電・蓄電し、賢く省電できるようになる家のこと。そして、名前にもある“TB”というのは、「トライブリッドパワコン®」の略です。ハイブリッドではなく、トライブリッド。2つではなく3つが組み合わさったものという意味ですね。これだけ聞いてもなんだか凄そう…!

未来の暮らしが変わる!「スマートハイムTB」のメリットは?

トライブリッドパワコン®で導入初期費用ダウン!

ちょっととっつきにくい「トライブリッドパワコン®」という名前。これは、太陽光発電パネル、蓄電池、電気自動車用の充電システム(V2Hスタンド)の3つのシステムを1つのパワコンで操作できることです。

これまでは、3つのシステムそれぞれにパワコンが必要だったのが、スマートハイムTBではトライブリッドパワコン®1台だけでOK!初期費用も安くて済むので「太陽光パネル付きの家って高そう…」という人にもおすすめです。

また、蓄電池やV2Hスタンドは将来付けることもできるとのこと。例えば、「車買ったばかりだから電気自動車にする予定はしばらくなさそう」というときは、V2Hスタンドなしのパターンを選べばコストダウンにもなりますね♪

省エネ・蓄エネ・創エネで光熱費を大幅に節約!

スマートハイムTBは「エネルギー自給自足の家」。実際に、太陽光パネルで発電し、蓄電池に貯めた電力を使って、年間85% (※)のエネルギーを自給することができたという驚きのデータもあるんだとか!さらに、残りの15%も電気料金の安い夜間の電力がメインとのことなので、光熱費の大幅ダウンに。料理のつくりおきや洗濯乾燥などの家事も夜の時間帯にまとめれば、光熱費を節約しながら家事の負担も減らせそう♪
※【試算条件】《VtoHeim》UA値0.58/オール電化/快適エアリー標準/太陽光発電容量11.03kW/EVパワーコンディショナ(三菱電機製):グリーンモード使用/電力契約:中部電力Eライフプラン(2014年7月現在)/年間走行距離:0km/EV:日産リーフ(40kWh)/EV容量使用:85%《共通》建築地域:名古屋・延床面積:127.3㎡
(三菱電機製VtoHeimの場合。スマートハイムTBの自給率とは異なります)

また、みなさんに知っておいてもらいたいのが今後の電気料金のこと。なんと、東日本大震災以降、電気料金は年々高くなっているんです…!

出典:光熱費ゼロ|セキスイハイムのスマートハウス|スマートハイム

さらに、エネルギー自給率の低い日本では、石油などの輸入エネルギーの価格変動によって電気料金が不安定になりやすい傾向に。これはみなさんの家計にも大きく影響してきますよね。

しかし、スマートハイムTBならそんな電力価格の変動にも影響を受けることはありません。なぜなら、エネルギーは自分の家で発電して賄うことができるから。きっとこの先何年後かに「この家にしてよかった!」と実感できそうですね。

非常時でも電気が使える!災害時の電力不足にも安心

電力を自給自足できるということは、災害時でも安心。停電時であっても冷蔵庫の中の食材を腐らせることなく、簡単な調理までできるようになります。これなら、食べられるものが限られる小さな赤ちゃんにも、ママお手製の離乳食を作ってあげられますね!災害後も日常の生活を取り戻すのに、そう時間はかからないでしょう。

高い耐震性で安心・安全

スマートハイムTBは大半を工場で生産、だから優れた耐震性能を実現。近年多い、地震や洪水にも万全な備えになりそうですね。セキスイハイムでは業界最大級の耐震実験を実施しているとのこと!もし大きな地震が突然やってたとしても、スマートハイムTBなら大切な家族をしっかりと守ってくれそう♪

スマートハイムTBってどんな家?話題の最新蓄電システムもチェック♪

ここまでご紹介してきたスマートハイムTBのモデルハウスが、広島市安佐南区山本の春日野分譲地にニューオープン!早速、見学に向かいました♪

外観はセキスイハイムならではの重厚感!

タイル調のクールな外観は、セキスイハイムの家ならでは。高級感がある雰囲気が好きな方にはハマりそう♪

電気自動車とV2Hスタンドも見学できます♪

家の前には、電気自動車がありました!

そして、その後ろには充電用のV2Hスタンドが…

実際に充電の様子を見せていただきました!
今思えば、妊娠中にガソリンスタンドの強烈な匂いで気分が悪くなっていた私。電気自動車の充電は当然匂いもなく、コネクトも簡単そうでした!ガソリン代も節約できて維持費もかなり安くできるとのことなので、これから車を買い替える予定の人は検討してみてもいいかも。
ガソリンスタンドは全国的に減少傾向にある一方で、充電スポットが急増してきているとのこと。自宅でも外出先でも気軽に充電して車を走行できる未来も近そうですね♪

ママに人気のナチュラルな北欧テイスト

内観は、ナチュラルな北欧スタイル。明るいキッチンも使い勝手が良さそうですね!

ソファの奥には、和室もありました。リビングのすぐ後ろに和室があると、小さな赤ちゃんを遊ばせてあげるのにも良さそう♪

ちなみにセキスイハイムではカーテンレールも標準設置しているとのこと。一般的な建売住宅では、カーテンレールは別で準備しないといけないことが多いんです。

セキスイハイムの「快適エアリー」にも興味津々!

床を見渡すと、窓際に謎の通風孔?のようなものが…
実はこれは、セキスイハイム独自の全館空調設備「快適エアリー」というもの。

この吹き出し口からは床下にある空調設備から冷暖房の空気が出てきて、部屋の中の温度を足元から快適にしてくれる仕組み。このおかげで、部屋の中の空気は常にきれいな状態、快適な温度で保たれ、花粉やPM2.5も除去してくれるんだとか!乾燥しやすい冬は、お子さんの風邪予防にもなりますね。室温をキープしたままで空気の入れ替えができるなら、小さな赤ちゃんがいる家庭にも良さそう♪

部屋の天井近くにエアコンを設置する必要がないので、インテリア的にも気にならないし室内が広く見えますよね♪

目立たないところで最新設備が頑張っていました♪

こちらがスマートハイムTBの電力を支える蓄電池。収納の中の目立たないところにひっそりと設置されていましたよ!

思ったよりもサイズはコンパクトで、これならそれほど場所をとらないはず。

そして、こちらがトライブリッドパワコン®。見た目はどこの家にもあるブレーカーのようなサイズ感。これ1台で家中の最新設備をコントロールできるなんて驚きですね!

以上、見学の様子をお届けしました♪
スマートハイムTBというと最新設備に注目が集まりがちですが、住み心地やデザインもとっても良さそうでした!
みなさんもぜひ見学に行ってみてくださいね♪

春日野分譲地「スマートハイム VtoHeimPlus TB」

住所

広島市安佐南区山本新町4丁目422番5

お問い合わせ

0120-039-816(見学には事前予約が必要です)

受付時間:10:00~17:30

定休日:火・水曜日

URL

https://www.816c.jp/archives/housing/housing-5917

 

電力を自給自足する未来は近い…!

エネルギーを自給自足する次世代住宅スマートハイムTB。今はまだめずらしい発電&蓄電システムも、きっと近い未来には当たり前の世の中になっているはず。未来の災害に備えるためにも、スマートハイムTBでその魅力をいち早く体感してみましょう!

セキスイハイム中四国株式会社 広島支社

住所

広島市西区草津新町1丁目21-35 広島ミクシスビル8F

TEL

0120-039-816

営業時間

AM10:00~PM6:00(毎週火・水曜日定休)

公式HP

https://www.sekisuiheim.com/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする