雛人形は年内が「買い時」!人形の藤娘の2021年新作雛人形が素敵すぎる♡

この記事をシェアする

広島で雛人形と言えば、やっぱり「人形の藤娘」!専門店ならではの豊富な品揃えで、我が家にピッタリの雛人形が必ず見つかる…!と広島ママに評判です。今回は人形の藤娘の2021年新作雛人形をチラッとご紹介するとともに、お目当ての人形を確実に手に入れるための「雛人形の買い時」をご紹介!来春初節句を迎える女の子のママ、必見です♪

来春の雛人形販売。狙い目は“年内”!

雛人形にも「買い時」があるって本当?

突然ですが皆さん、雛人形の「買い時」っていつくらいかご存知ですか?
「年が明けたら?」なんて思っているそこのママ、甘~い!!
広島市南区宇品にある老舗専門店、「人形の藤娘」では、11月になると雛人形の新作が店頭に並びます。有名作家の一点ものや、毎年人気のデザインのもの、色味が素敵な人形などは、店頭に並ぶと即売り切れ…ということも!こだわりのお人形をお迎えしたいというママは、ぜひ今年中に…なんなら今すぐお店を訪ねることをおすすめします!

「人形の藤娘」なら希少な一点もの、品質重視の飾りがいっぱい!

ちなみにこちらが、今現在の「人形の藤娘」の店内!さまざまなバリエーションの雛人形が店頭に並ぶこの時期は、一年で一番お店が華やかになります。
人形の藤娘では、老舗ならではの目線で選びぬいた、希少な一点もの、品質重視の飾りを多数仕入れています。

一足お先に「人形の藤娘」で新作・人気の雛人形をチェック♡

皆さん「どんな雛人形があるのかしら?」と気になっているのでは?
そこで今回は特別に、「人形の藤娘」のスタッフ・長谷川さんに案内してもらいながら、店内に並んでいる、新作の雛人形や人気のラインナップを見てみましょう!
※品揃えは2020年10月末日現在のものです。完売している商品もあるのでご了承ください。

美しい衣裳にうっとり♡「衣裳雛」

店内で、ひときわ目を引く雛人形は、「有職束帯雛(ゆうそくそくたいびな)」。有職とは、「古代から続く宮中装束のしきたり」のこと。伝統にのっとって仕立てられた衣裳や小物は圧巻!最高級の格調高いお雛様です。

こちらの雛人形は、京都の名だたる職人の手で作られています。目録に記されている作家は、「京人形司 大橋弌峰(いっぽう)」。京人形界の名匠だそうです。

「有職雛は決して派手ではありませんが、正絹のなめらかな光沢の中に、吉祥文様(きっしょうもんよう)と呼ばれる、おめでたい模様が使われているんですよ」と長谷川さん。

男雛の衣裳は「黄櫨染(こうろぜん)」と呼ばれるもので、独特の文様は、「桐竹鳳凰麒麟(きりたけほうおうきりん)」と言うもの。この着物、どこかで見た記憶ありませんか?そう、実は令和元年の即位の礼で天皇陛下がお召しになっていた「黄櫨染の御袍(ごほう)」です!天皇しか着用を許されない、特別な色と模様の衣裳なんですよ。す、すごい…(語彙力消失)。

ちなみに男雛を下から見ると、こんな感じ。見えないところもこうして丁寧に作られていますね!

こちらは静岡の伝統工芸士、田村芙紗彦(たむらふさひこ)さんの作品。優美で柔らかい印象のお人形です。

同一作家のものは、こうして一つのコーナーにまとめて展示されています。好きな顔立ちや衣裳のものをじっくり眺めながら、選んで購入できるんです♪
「最初に、気に入った親王雛(男雛・女雛のペア)だけ購入しておくのもおすすめですよ。三人官女や五人囃子は後からでも購入できますから」と長谷川さん。
雛人形を単品で購入できる「藤娘」ならではの買い方もできるんですね!

並んでいる雛人形を、上から拝見♪着物の裾(すそ)の広がり方、襲(かさね)の色の美しさに、思わず見とれてしまいますね♡ 
長谷川さんも「お人形は正面からだけでなく、ぜひいろんな角度で眺めてみてください」とのこと。

省スペースな「立雛」も人気。最近では、住宅事情の関係で、小さめサイズのお雛様も人気なのだとか。確かに場所を取らないお雛様ってありがたいですよね♪

手のひらサイズでかわいい♪「木目込み雛」

木製の型に、布地を貼り付けて作る「木目込み」雛人形の新作も豊富です。
こちらは、「minicola(みにこら)」という人気ブランド。手のひらに乗るほどの愛らしいサイズです。コロンとしたカタチがたまりませんね♪

このように、レイアウトを横に広げて飾るなど、好きにアレンジできるのも嬉しい。
「木目込み人形は、ぜひお子さんに手にとってもらって、お人形遊びしてほしいですね」と長谷川さん。

 こちらは、埼玉県の指定文化財に認定された、人形作家・石川潤平さんの新作木目込み雛人形。まんまるなお顔と、ほっこり和む表情で人気の高い作品です。

木目込み人形はコンパクトなので、マンション住まいでも五段飾りが叶っちゃいますよ♡

「藤娘なら単品で雛人形をコーディネートできますよ♡」

「藤娘」のベテランスタッフ・長谷川さんから、雛人形の購入を考えているママにアドバイスをいただきました♪
「お客様には、飾るスペースの大きさを詳しく聞きます。それだけでなく、周囲にどんなものが置かれているか、インテリアのタイプなども、細かくお聞きします。
というのも、お人形は飾るスペースにぴったり置くと、窮屈な印象になります。ある程度周りに何もない余裕も必要なので、そのあたりも含めてアドバイスしています。長く飾っていただきたいから、扱いやすさや手入れのこともしっかりご説明しますよ」

なるほど…雛人形は店頭で実物を見て購入するのが一番ですね!

人形の藤娘ではぼんぼりや花、屏風など、小物類も単品で販売中。自由に組み合わせが楽しめます。
「飾る場所に悩む方もいらっしゃいますが、場所を取るから…と諦めるのはもったいないです!藤娘ならレイアウトなども自由に決められます。赤い毛氈(もうせん)を一枚敷いて、お人形を置くだけでも充分素敵ですよ」
なお、藤娘では、アフターサービスとして、「雛人形飾り付けサービス」を実施。飾り付けながら、スタッフさんがお人形の手入れ方法のほか、作った人形作家や職人のこと、着物の文様のことなど、いろいろ解説してくださるそう。

こちらのサービスもチェック!

【予告】12月恒例!「人形の藤娘」の「大創業祭」がもうすぐスタート♪

「人形の藤娘」恒例の「大創業祭」を開催!

「藤娘」は、この12月で創業72年!多くのお客さんに感謝をこめて12月4日(金)~28日(月)の間、「大創業祭」が開催されます。
新作や人気作など、一年で一番雛人形の品揃えが多いこの時期に「感謝価格」で販売されるなんて…「お得」以外の言葉が見つかりません!雛人形をお探しのママ、このチャンスを逃す手はありませんよ♪

過去にはこちらのイベントも▼

初正月に贈る破魔弓、羽子板も充実!

現在、店頭ではお正月の縁起物の破魔矢、羽子板コーナーも登場。
破魔矢は男の子に、羽子板は女の子に、それぞれ「厄除け」として初正月に贈るもの。
破魔矢や羽子板、広島では飾る風習が少ないけれど、地域によってはお正月の必須アイテム!「お子様が初正月を迎えるご家庭は、一度ご相談ください」と長谷川さん。

こだわりの雛人形なら「人形の藤娘」へ!

新作や人気作など充実の品揃えで、我が家にぴったりの雛人形が必ず見つかると評判の人形の藤娘。知識豊富なスタッフが雛人形に関する疑問や不安を解消してくれます♪
「我が家らしい」素敵な雛人形がほしい…というママは人形の藤娘へ!12月4日から始まる大創業祭で、新作のお人形をお得に手に入れちゃいましょう♡

人形の藤娘

所在地

広島市南区宇品神田4丁目2-1

電話

082-252-0299 (代)

営業時間

10:00~18:00

定休日

なし ※ただし6~11月は水曜定休

公式サイト

https://www.fujimusume.jp/

Facebook

人形の藤娘 公式Facebook

Instagram

@fujimusume_fuji

関連記事はこちら▼

 

 

 

担当ライター

この記事をシェアする