お手頃価格の変形地を自慢のマイホームに!大之木ダイモの「隠れ家」モデルハウス

この記事をシェアする

マイホームを探していると、ちょっと変わった形の土地に出会うこともありますよね。変形地は予算の面では魅力的だけど、「なんだか住みにくそう…」というのも本音。そんなお悩みを解決してくるのが、大之木ダイモです!今回ご紹介する呉三条のモデルハウスは、“旗竿地”と呼ばれる独特の土地に建っているのだとか。 変形地だからこそ実現できた「隠れ家」モデルハウス を見れば、変形地を見る目も変わるはず!早速見ていきましょう♪

この土地だからこその工夫がいっぱい!呉三条のモデルハウス

前面道路から奥まった“旗竿地”に建つ呉三条のモデルハウス

今回伺ったのは、呉三条にある大之木ダイモのモデルハウス。住所を頼りに現地に行ってみると、家が…見当たらない!それもそのはず、今回ご紹介する呉三条のモデルハウスは、 “旗竿地”(はたざおち) と呼ばれるちょっと変わった土地に建っているんです!
旗竿地とは、細い路地の先にある奥まった土地のこと。周囲を建物に囲まれていることが多いので、日当たりや周囲の目が気になる一方、割安で手に入ることもあるのが特徴です。

こちらは、呉三条のモデルハウス前面道路からの眺め。周囲は家に囲まれており、この長い通路の右奥にモデルハウスが建っています。家の敷地にはこの通路も含まれており、車が縦に4台停められる駐車スペースとしても使えるそうです。

出典:三条モデルハウス – 大之木ダイモ

やっと見えたモデルハウスは、白い外壁と2階の窓が印象的な外観。

奥まった土地だからこそ、どこか落ち着いた雰囲気のある玄関ポーチ。 隠れ家カフェにでも来たかのような雰囲気 です。

玄関の奥には、子供が遊ぶのにちょうどいいお庭もあります。モデルハウスを訪れたのはよく晴れた日の13時頃でしたが、1階部分にはあまり日が入らない印象。旗竿地の家で快適に暮らすには、やはり 工夫が必要 となるようです。

リビングが2階に!奥まった場所とは思えない解放感を実現

旗竿地に建つ大之木ダイモの呉三条モデルハウス、早速中に入ってみました!

日当たりがちょっと…という先ほどの印象を大きく覆す、明るく開放的なリビング!その理由は、構造にあります。このお家、なんとリビングが2階にあるんです!旗竿地の日当たり問題も、大胆なレイアウトで見事に解決できるんですね!

2階のLDKは、23帖という広々とした空間。インテリアはどれもおしゃれで、アトリエのような素敵空間になっています。天井を高くし、窓はあえて2方向だけに付けることで、 明るさは確保しながらプライベートな空間を実現 。これなら周囲を家に囲まれていても、気になりません♪

キッチンも広々!奥には2帖の収納スペースがあり、ごちゃつきがちなキッチン周りもすっきりさせることができます。稼働棚を付けることもできますが、ママ用の小部屋として使っても良さそう。こういうちょっとしたスペースって、ママとしては本当に嬉しいですよね♪

キッチンカウンターは、テーブルとして使うのにもちょうどいい高さ。ここで読書をしたり、晩酌したり…どんな使い方をするか想像するだけで楽しくなります!

出典:三条モデルハウス – 大之木ダイモ

シンプルなのにセンスが感じられるインテリアの数々に、外からの目線への配慮。これらを実現できたのは、女性設計士女性インテリアコーディネーターがタッグを組んで作った家だからなんです!日当たりや周囲の目線など、何かとデメリットが気になる旗竿地も、女性ならではの発想でプライベート感のある快適なお家に。奥まった土地にあることが、むしろ メリットに感じられてしまう素敵空間 になっています!

厳選素材が作り上げる心も体もリラックスできる空間

呉三条のモデルハウスに入ってすぐに感じたのは、臭いがなく空気がきれいということ。

出典:三条モデルハウス – 大之木ダイモ

その理由は、家に使われている素材にありました。2階の壁には漆喰が使用されていて、嫌な臭いや有害物質を吸着してくれる上に、湿度も快適に保ってくれるのだとか!静電気が起こりにくいので、ホコリがたまりにくくお掃除も楽になりますよ。

出典:三条モデルハウス – 大之木ダイモ

さらに、2階の床と天井には無垢材を贅沢に使用!化学物質を一切使用していない天然素材の家だからこそ、 家が呼吸しているような心地良さ が感じられるんですね。

階段とLDKの天井には、存在感抜群な梁(はり)が!梁のボルト(ねじ)は、あえてむき出しにしてあるので、観葉植物を飾ったり、子供のブランコやハンモックをかけたり…と自由に使えます♪

壁に取り付けられた照明にも、女性が作った家らしいこだわりを発見。

触ってみてびっくり!シリコン素材でできているので、ぷにっと柔らかいんです!これならぶつかっても痛くないし、 他ではなかなか見かけない自慢のインテリア になりますね♪

家族色にカスタマイズ!自由に使える1階部分

こういうの欲しかった!嬉しい工夫がある玄関

ここからは、気になる1階部分をご紹介します!

出典:三条モデルハウス – 大之木ダイモ

玄関を入るとすぐの階段は、2階から光が降り注いでくるような作りになっています。そして注目したいのが、独特の形をした階段のステップ。荷物を置くのにちょうどいい高さで、ベンチとしても使うことができます。ステップ下の部分は広い収納スペースになっているのも嬉しいポイントです♪

家族の成長とともに変化させられる広い空間

出典:三条モデルハウス – 大之木ダイモ

日当たりは2階に比べると少なめなものの、浴室や洗面室、主寝室などがメインのフロアなのでそこまで気になりません。1階にある洋室は10.52帖と広々とした作りですが、分割することもできるのだとか。「子供たちが小さい頃は1つの部屋として使い、大きくなったらそれぞれの部屋に」といった具合に、 家族の成長に合わせて使い方を変化 させられます!
※間取りは取材時のものです

家族でDIYも♪ドイツ生まれの天然壁紙

1階の壁には、何やら風合いのある壁紙が。

この壁紙は、木のミックスチップを使用したドイツ生まれの天然クロスなのだそうです!紙と木でできた壁紙なので通気性が良く、カビの発生も抑えてくれるのだとか。そしてこの壁紙、後から好きな色を塗ることもできるそうですよ! 家族でお家の壁をDIY …なんて素敵ですよね♪

大之木ダイモだから実現できる心地良さがある

どんな土地でも快適空間を実現する、大之木ダイモ

変形地のデメリットさえも、メリットに変えてしまう大之木ダイモの家づくり。今回ご紹介した呉三条のモデルハウス以外にも、難しい土地を快適空間に変えた実例があるんです!

こちらは、呉のリバーサイドに建つ大之木ダイモのモデルハウス。眺望が素晴らしいお家ですが、実は高低差のある難しい土地に建っています。

注目は、こちらのステップ。土地の高低差をうまく利用したこのステップのおかげで、ダイニング・キッチンからリビングを一望できる作りになっています。普通なら諦めてしまいがちな変形地も、大之木ダイモなら諦めなくても大丈夫! その土地だからこそ実現できる、理想の家を提案 してくれます。

現地でその魅力を体感!大之木ダイモのモデルハウスにGO!

今回は呉にあるモデルハウスをご紹介しましたが、広島市内でも大之木ダイモのモデルハウスを見学できます!
安佐南区山本新町の「令和春日野展示場」のモデルハウスは、北欧テイストがおしゃれな印象。佐伯区石内の「第20回こころ住宅展示場」にあるモデルハウスは、木のぬくもりに包まれる癒しの空間が広がっています。どちらも人気の団地内にあり、家づくりのヒントが満載ですよ♪

こちらの記事もチェック!

変形地だからこそできることがある!大之木ダイモの家作り

マイホームを探していると、「この土地気になるけど、変形なのがちょっと…」なんてこともよくありますよね。今回ご紹介した呉三条のモデルハウスも、まさにそんな物件!
大之木ダイモの女設計士と女性インテリアコーディネーターによる逆転の発想があれば、どんな土地でも任せて安心♪ 変形地だからって諦めるのはもったいない! と実感させられたモデルハウスでした!

会社名 

株式会社大之木ダイモ 

所在地 

呉本店:呉市中央3丁目8-21 

広島支店:広島市西区横川町2丁目10-21 

電話番号 

呉本店:0823-21-1414 

広島支店:082-554-5330 

公式HP 

http://daimo.jp/kinoie/ 

関連記事はこちら▼

マンションのリノベーションならこちらの記事もチェック!

担当ライター

この記事をシェアする