やなせたかしの創作世界に迫る!大人も楽しめるやなせたかし展が広島にやってきた!

今、広島でアンパンマンの原作者である『やなせたかし』さんの作品展が開催されています!場所は『ひろしま美術館』。バスセンターからも近く、アクセスのいい場所です。ぜひこの夏、家族でやなせたかしワールドに浸ってみませんか?

やなせたかし展とは?

《顔をあげるアンパンマン》
Ⓒやなせたかし (公財)やなせたかし記念 アンパンマンミュージアム振興財団所蔵
出典元:公益財団法人ひろしま美術館公式ホームページ

子どもたちも大好きなヒーロー、アンパンマンを生み出した『やなせたかし』さん。漫画家以外にも絵本作家やイラストレーター、詩人、作詞家などマルチな才能を発揮していた方です。2013年に惜しくも亡くなられましたが、その直前まで仕事をし続けていたエピソードを聞いたことがある人も多いはず!彼が生み出したキャラクターや作品は、今も多くの人に勇気と元気を与え続けています
やなせたかし展とは、そんな才能に満ち溢れた『やなせたかし』の仕事を、大きく3つに分けて紹介している展覧会です。

<開催概要>
・開催日  平成30年7月14日(土)~8月26日(日)会期中無休
・会館時間 9:00~17:00 ※会期中の金曜日は19:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
・開催場  ひろしま美術館
<展示内容>
【第一章】やなせたかしの画業のはじまり
【第二章】アンパンマン誕生
【第三章】やなせたかしの多彩な仕事

みんなが知っているアンパンマンの誕生秘話

《あんぱんまんとばいきんまん》
Ⓒやなせたかし (公財)やなせたかし記念 アンパンマンミュージアム振興財団所蔵

アンパンマンの絵本がはじめて出版されたのは1975年のことです。でも実はそれよりも以前に、アンパンマンの原案はやなせたかしさんの中に生まれていました。はじめは、飢えている人にパンを配る、普通のおじさんの姿をしていたのです。これは戦争を経験したやなせたかしさんが
“本当の正義とは、飢えている人に自分の身を削っても食べ物を分け与えることだ”
と考えたことから生まれたとのこと。そんなヒーロー、アンパンマンにはもう一つのテーマがあります。それは「共生」です。アンパンマンはばいきんまんと戦いますが、これは正義と悪の戦いではありません。ばいきんは悪い菌でも、中には良い菌もいます。戦いながら共に生きていくことこそがやなせたかしさんの人生観なのです。

ほかの都市で開催されているアンパンマン・やなせたかし系イベント

他の都市で開催されているイベントについてもご紹介しましょう。

現在、福井県あわら市では「やなせたかし―アンパンマンとメルヘンの世界―」をアートコア ミュージアム-1のギャラリーにて開催中です。開催期間は、7月14日(土)~10月8日(月・祝)となっています。
あわら市は、やなせたかしさんの故郷である高知香美市と姉妹都市を締結しており、姉妹都市ゆかりの作家として、今回の展覧会を開催。アンパンマンの絵本原画からアクリル画をはじめ、初期の作品である「チリンのすず」などの絵本原画を展示しています。ほかにも、雑誌「詩とメルヘン」の表紙原画や姉妹都市にちなんだ作品など、約100点を展示!どの作品からもやなせたかしさんの優しさや熱いメッセージを感じ取ることができ、子どもから大人までどっぷりとやなせたかしさんの世界観に浸ることができるでしょう。

開催期間中は、「お皿にお絵かき」イベントが毎日行われます。素焼きのお皿にクレヨンタイプのパステルで自由にお絵かきをして、オリジナルの絵皿を創作することができるので、夏休みの思い出にもピッタリ☆
また、8月25日(土)と9月1日(土)には、あわら市内の読み聞かせグループによる無料のおはなし会が開催されますよ。
夏休みの旅行を兼ねて、訪れてみてはいかがでしょうか?

<やなせたかし―アンパンマンとメルヘンの世界―>

開催期間

7月14日(土)~10月8日(月・祝)

開催場所

アートコア ミュージアム-1 ギャラリー

住所

〒919-0806 福井県あわら市宮谷57-2-19

休館日

月曜日(祝日の場合はその翌日)

時 間

10時~17時

<観覧料>

一   般

800円

中・高校生

600円

3歳以上・小学生

400円

65歳以上・障がい者

各半額

障がい者の介護者・2歳以下

無料

やなせたかしの多彩な仕事

《やさしいライオン》
©やなせたかし (公財)やなせたかし記念アンパンマンミュージアム振興財団所蔵

やなせたかしさんは、アンパンマンの作者として以外にもさまざまな顔をもっています。
例えば、絵本作家としては『やさしいライオン』や『チリンのすず』などを世に送り出しています。明るい色彩で描かれていますが、どこかもの悲しい、せつない雰囲気が漂っている画風が特徴です。そのほか、1973年から30年間続いた雑誌『詩とメルヘン』などでは、責任編集として製作のすべてに関わり、表紙もすべてやなせたかしさんが手がけています。

前売り券を買い損ねた人に朗報!

前売り券を買い忘れていた…という人もご安心ください♡ひろしま美術館のホームページから、当日券を通常価格より100円安く買える割引券をダウンロードすることが可能です。印刷した割引券を入館時に提示すれば、割引料金で入館できますよ。

出典元:スタジオジブリ公式ホームページ

出典元:広島現代美術館公式ホームページ

また、広島県立美術館の「ジブリの大博覧会」と広島市現代美術館の「モダンアート再訪~ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展」の入館券(使用済み可)を各受付で提示しても、当日の入館券が100円引きになります。ただし、他の割引券とは併用ができないので使用の際は注意が必要です。
詳しくは、各施設に問い合わせてみましょう。

広島ならではのコラボグルメも要チェック

出典元:アンデルセン公式ホームページ
やなせたかし展開催中、カフェ・ジェルダン(ひろしま美術館内)では期間限定の特別メニューが楽しめます。例えばお絵かきパンケーキ!まんまるパンケーキとチョコペンのセットなので、パンケーキに自由に落書きをして楽しみましょう♪
また、広島のパンと言えばアンデルセンが有名ですが、やなせたかし展ではそのアンデルセンとコラボしたオリジナルメニューも見逃せません!丸くて分厚いフレンチトーストにこちらもチョコペンがセット☆通常のアンデルセンのパンも販売しているので、お絵描きフレンチトーストでお腹を満たして、いつものパンを持ち帰り用で購入するのもいいかもしれませんね。

子連れでも安心な充実施設

出典元:ひろしま美術館公式ホームページ
やなせたかし展開催中は、特設の授乳室や休憩室も完備されるそうなので、小さなお子様と一緒に展覧会を楽しますね♡エレベーターも完備されているので、状況に応じて活用しましょう。また、受付すぐの場所にはコインロッカーが設置。必要ない荷物を預けられるので便利です。
さらに美術館では、作品保護のため館内の温度と湿度を一定に保たれているため、館内では快適に過ごせます。暑い季節の展覧会では嬉しいポイントですね♪

出典元:こども文化科学館公式HP
同時期には、ひろしま美術館から歩いて10分程度の場所にある子ども文化科学館において、プラネタリウム番組「ぴょん太の火星大冒険!」が開催中。火星を題材とした冒険物語で、ぴょん太とフミちゃんといっしょに火星をめぐる冒険を通して、火星や星空について学べるイベントです。所要時間は約45分で、利用料金は大人510円、高校生・シニア(65歳以上)は250円、小中学生以下は無料となっています。「やなせたかし展」に訪れた際は、合わせて楽しんでみてはいかがでしょうか?

親子で「やなせたかし」さんの世界観に浸ろう

広島で特別に開催される「やなせたかし展」は、今回を逃すともう見られない作品もあるかもしれません!広島バスセンターにも近く、交通アクセスがいいのも魅力です。ぜひこの夏は、家族で「やなせたかし」さんの世界観に浸ってみてくださいね♡

<~やなせたかし展~開催概要>
・開催日  平成30年7月14日(土)~8月26日(日)会期中無休
・会館時間 9:00~17:00 ※会期中の金曜日は19:00まで開館(入館は閉館の30分前まで)
・開催場  ひろしま美術館
<展示内容>
【第一章】やなせたかしの画業のはじまり
【第二章】アンパンマン誕生
【第三章】やなせたかしの多彩な仕事

担当ライター