無痛分娩を考えている方へ!広島でおすすめの産婦人科4選

このサイトを広める

新しい生命が誕生する瞬間は壮絶な痛みを伴うもの。と身構えてしまう人は多いかもしれません。最近は経膣分娩や帝王切開以外にも出産時の痛みを軽減したいという目的で無痛分娩という出産方法を選ぶ人も多いようです。
そこで、今回は広島県内で無痛分娩ができる産婦人科をご紹介します。痛みに弱い人や2回目、3回目の出産で前回と違う出産がしてみたいという人はぜひチェックしてみてくださいね。

無痛分娩のメリット・デメリット

無痛分娩と聞くとお産の時に全く痛みを伴わずに出産ができるというイメージを持っている人もいると思いますが、実際のところどうなのでしょうか?無痛分娩のメリット・デメリットについて見てみましょう。

<メリット>

麻酔を注入することにより妊婦への疲労や苦痛を軽減するだけでなく、通常の経膣分娩に比べて胎児への負担が少ないお産になるそうです。また、産道が硬く難産になりやすい妊婦さんでも無痛分娩をすることで骨盤周辺の筋肉や膣の出口が柔軟になり普通分娩が可能になることがあります。ほかにも痛みが少ないため血圧上昇が抑制される効果が期待でき、妊娠高血圧症候群を患っている妊婦でも経膣分娩が可能になるかもしれません。

<デメリット>

麻酔薬を使用するため副作用の影響で、頭痛や気分が悪くなる、出血量の増加などの可能性が挙げられます。麻酔によって陣痛が弱くなる微弱陣痛になることもあり、そうなると吸引分娩や鉗子分娩の対応を取ることも。また、無痛分娩と言っても完全な無痛というわけではなく、ある程度の間隔になるまで陣痛を経験することになります。体質によっては麻酔が効かない人もいるので、その場合は無痛分娩ができない可能性も出てくるでしょう。
無痛分娩と聞くと体に負担がかかりにくいというイメージがありますが、体質によっては副作用や麻酔が効かないというアクシデントが発生するようですね。
無痛分娩を計画している人は自分の体質に合っているかを主治医の先生としっかりと話し合うのが大切です。では、広島県内で無痛分娩に対応している産婦人科をチェックしてみましょう。

藤東クリニック

出典:藤東クリニック公式HP

藤東クリニックは安芸郡府中町にある産婦人科です。最新機器を取り入れた胎児診断やエコー専用動画配信システムを導入しており、赤ちゃんの様子をしっかりと確認したいママに人気があります。基本的な出産方法は自然分娩を推奨。経験豊富なスタッフと充実した設備で安心&快適なマタニティーライフを過ごせます。また出産時にはご主人の立ち合いも可能。産後はカンガルーケアや母子同室など生まれた赤ちゃんとの触れ合いを大切にしているのも特徴です。

藤東クリニックは患者からの希望があった場合、無痛分娩の対応が可能です。妊娠35週までに病院側へ無痛分娩の希望の旨を伝えるのが前提で、硬膜外麻酔法により無痛分娩を行います。しかし、夜間や緊急と出産のタイミングが重なった場合は無痛分娩の対応ができないことも。

また経産婦さんは計画無痛分娩となり、初産婦さんの場合は破水した時点で無痛分娩への対応になります。

住所

広島県安芸郡府中町茂陰1丁目-1-1

電話番号

082-284-2410

診療時間

9:00~12:30/15:00~17:30

※木曜は午前のみ

※土曜日午後は15:00~17:00

休診

日曜・祭日

公式HP

https://fujito.clinic/home/

中川産科婦人科

出典:中川産科婦人科公式HP

広島市中区の本川沿いにある中川産科婦人科は、最新医療機器を導入し万全のセキュリティの元、快適な入院生活を過ごすことができる病院です。広島市内にあるので検診時のアクセスがいいのも妊婦さんには嬉しいポイント。複数医師による綿密な連携により万全の体制でお産を迎えることができます。

中川産科婦人科での無痛分娩は予約が必要です。中川産科婦人科で行っている計画無痛分娩は出産予定日の1~2週間前に入院が必要なため、妊娠が分かり次第早めに無痛分娩の希望を病院側に伝えましょう。

また、安全に無痛分娩を行うために月の無痛分娩件数に上限を設けているのも特徴。件数が上限に達した場合は希望しても対応できない可能性があるので、予約は早めにするのがおすすめです。

住所

広島県広島市中区本川町2丁目1-16

電話番号

082-231-2832

診療時間

9:00~12:30/15:00~17:30

※土曜日午後は15:00~17:00

※急患は随時受付

休診

木曜・日曜・祝日

公式HP

http://www.nakagawa.or.jp/

 

くわしくはこちら⇩

西区己斐 香月産婦人科

出典:香月産婦人科公式HP

広島市西区にある香月産婦人科は妊娠出産以外にも不妊治療に積極的に取り組んでいる病院で、妊婦さん一人一人に寄り添ったプランを組み立ててくれるので安心して出産に臨むことができます。また院内では無料でエステサービスが受けられたり、マタニティヨガやベビーマッサージを体験したりすることも可能☆出産を乗り越えたママには嬉しいサービスです。

香月産婦人科では無痛分娩(硬膜外麻酔法)を促進しているわけではありませんが、妊婦さんから要望があった場合と合併症の可能性がある場合に無痛分娩を行っています。しかし、夜間や休日の出産になると麻酔ができない可能性があり、無痛分娩の対応ができない場合があるので注意しておきましょう。

住所

広島県広島市西区己斐本町2-14-24

電話番号

082-272-5588

診療時間

8:30~11:30/14:30~16:30

※木曜午後は小児科検診13:30~15:00受付

※土曜は午前のみ8:00~11:45

休診

木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

公式HP

https://www.katsuki-clinic.com/

 

『広島中央通り 香月産婦人科』についてはこちら⇩

 

 

ひさまつ産婦人科医院

出典:ひさまつ産婦人科医院公式HP 

4D超音波診断装置などの最新技術をいち早く導入し、母子の健康を支えてきたひさまつ産婦人科医院は、広島県内でいち早く無痛分娩を取り入れた病院です。最新鋭の医療機器や経験豊富な医師やスタッフが充実しており、産前産後のケアもしっかりと行ってくれるので初産婦さんでも安心して入院生活が送れるでしょう。

ひさまつ産婦人科医院は廿日市市宮内にあるため、通院には車を利用すると便利でしょう。広島岩国道の廿日市ICより車で約5分の場所にあるので、アクセスがしやすいのも魅力です。

ひさまつ産婦人科医院では希望すれば無痛分娩で出産を行うことが可能です。また無痛分娩と並行してソフロロジー式分娩を導入しているのも特徴。ソフロロジー式分娩は心身ともに落ち着いた状態で出産を行うことができるという理由から、最近では日本でも多くの産婦人科が取り入れている分娩方法です。ひさまつ産婦人科医院で無痛分娩を希望する場合は。電話で問い合わせてみてください。

住所

広島県廿日市市宮内1448-1

電話番号

0829-39-1131

診療時間

9:00~12:00/14:00~17:30

※木曜は17:00まで

※土曜は午前のみ12:30まで

休診

土曜午後・日曜・祝日

公式HP

http://www.hisamatsu.or.jp/

自分の体質や体調に合わせて出産方法を選択しよう☆

広島県内で無痛分娩を行っている病院は2018年12月時点で4箇所あり、どの病院も産前産後のケアや無痛分娩のリスクに対してもしっかりと対応してくれる病院ばかり。合併症や多胎児など出産にリスクがある人にも向いている出産方法かもしれません。無痛分娩は普通の分娩と違い、別途費用がかかる可能性が高いので費用や予約方法などは病院へ問い合わせて事前に確認をしておくといいでしょう。

担当ライター