全員が活躍・誰もが主役!3歳から始められる野球教室ポルテの決勝大会に密着!

この記事をシェアする

「3歳から始められる野球教室」として今広島ママに大人気の野球教室ポルテ。練習を通じて野球のルールだけでなく、社会で生きていく上のルールやマナーといった人間力を身につけられる…と評判です。そんなポルテの野球大会が2月7日に福富多目的グラウンドで開催され、我々pikabuがその様子を取材させていただきました!笑いあり、感動ありの大会の模様を詳しくレポートします!これを読むときっとあなたは「わが子も参加させたい!」と思うはず☆

仲間と目指すは「広島一!」ポルテの決勝大会を観戦!

天候に恵まれた日曜日、ワクワクドキドキの大一番!

2月7日の日曜日。広島市内から車で約1時間のところにある東広島市福富町の「福富多目的グラウンド」では、朝から子供たちの元気な声が響いていました。
それもそのはず、この日は県内で43教室を展開している野球教室「ポルテ」の広島大会当日です!厳しい予選大会を勝ち抜いてきた上位チームが出場。「広島1位」を目指し、チームメイトと力を合わせて熱い大会を繰り広げます。

試合は低学年大会 高学年大会に分かれて開催!

大会は、午前が2部制、午後1部制で開催。広いグラウンドでは2コートに分かれて、午前1部では低学年大会が、午前2部および午後の部では低学年大会と高学年大会がそれぞれ行われます。小さい子供たちが参加する低学年大会では、当たっても痛くない柔らかい素材でできた「ティーボール」や軽いバットを使用。小さな子供も思い切ってプレーできるような工夫がされています。

いよいよプレイボール!最初からファインプレー続出!

子供たちの声援で、熱気に包まれるグラウンド!

私は午前1部に第一グラウンドで開催された低学年大会を観戦。審判を務めるコーチの「プレイボール!」の掛け声で、いよいよ試合開始です。一番バッターがバッターボックスに立つやいなや、ベンチのチームメイトは手をたたきながら「かっとばせ~○○!」と大きな声で応援!「大丈夫!打てるよ!」「落ち着いて!」などの声掛けも行っていましたよ。もちろん、守備側の子供たちもピッチャーが三振を取ったら「ナイスピッチング!」と一言。とにかく子供たちが常に声を掛け合い、仲間を励ましあっている姿が印象的です。

華麗なファインプレーや会場爆笑の珍プレーも

ピッチャーの目を盗んで盗塁をする子供たちや、三遊間を抜ける痛烈なライナーをダイビングキャッチ!など続々とファインプレーが飛び出します。さすが、厳しい予選を勝ち抜いただけのことはある!その華麗な姿は未来の菊池涼介か、大瀬良大地か。はたまた西川龍馬か…。とにかく熱いプレーはカープのスター選手と比べても引けを取りません!ついつい私も取材を忘れて熱い声援を送ってしまいました。

エキサイティングなホームでのクロスプレーも!両チームから「アウト!」「セーフ!」の声が飛び交います。結果は…「セーフ!」攻撃側のチームは大喜び!「ナイスプレー!」とホームに帰ってきたランナーを拍手とハイタッチで出迎えます。守備側のチームもすかさず「ドンマイ!」「惜しかったよ!次は絶対アウトを取ろう!」と声掛けしてお互いを励ましあっていました。とにかくみんな、本当に声掛けが素晴らしい!ミスをしても絶対に仲間を責めることなく、ずっとポジティブな言葉を掛けています。それが本当に気持ちよかったですね。

会場大爆笑の珍プレーが飛び出すのも、ポルテの大会名物なんだとか。この日はひとりの男の子が、バッターボックスで審判に「当たった!当たった!」とデッドボールを猛アピール。その必死な姿は、かつて広島カープの人気選手だった達川光男氏を彷彿とさせます。(これでクスリと笑えるあなたは、相当年季の入ったカープファンですね♪わからないママは、ぜひ身近にいる熱狂的カープファンに聞いてみてください♡)

なんと激レアな「満塁ランニングホームラン」

なんとこの日は奇跡のプレーといわれる「満塁ランニングホームラン」が飛び出しました!これには両ベンチ、観客席とも立ち上がって惜しみない拍手!

ポルテの大会では、素晴らしいプレーには敵味方関係なく賞賛の声が送られます。きっと心の中では「くそーっ!」と悔しいはずなのに、頑張った相手をたたえることができる…これってすごいことだと思いませんか?

きびきびした動作、元気な返事…子供たちの姿に感涙

低学年第一試合は劇的な逆転勝利で幕を閉じました。試合が終わると一列に並び「ありがとうございました!」と一礼。コロナ対策のため握手とはいきませんでしたが、にっこり微笑みあってお互いの健闘を称えあう姿はとてもさわやかでかっこよかったです。観客席の中には、試合が終わり涙ぐんでいるママの姿も。きっと試合を通して子供の成長が感じられたんだろうな…と考えると、私もなんだかまぶたの裏が熱くなってきました。
最初は「小さな子供たちの野球大会だから、きっとのんびりした雰囲気なんだろうな」と思っていた私ですが、そんな風に考えていたことを反省!子供たちはキビキビと動き、大きな声で元気よく声を出し…。試合が終わるとベンチやグラウンドをきれいに整理整頓していました。正直、大人でもここまではできないかもしれません…。
「ポルテは野球を通じて仲間や礼儀の大切さを学べる」というのがよくわかる、ポルテの集大成とも言える試合でした。

パパやママも安心して応援できる!感染対策もバッチリ

会場には体調チェックシート・消毒液を設置

さて、今回の野球大会、私がもうひとつ「素晴らしいな」と感じたこと。それは、「徹底した感染防止対策」です。
会場入り口にはイベント参加者用のチェックシートが準備されていました。内容は
・37度以上の発熱はないか
・咳やくしゃみは出ていないか
など。子供たちの体調管理も万全です♪
また子供たちのベンチや保護者席、お手洗いなど各所に消毒液を設置。いつでも手指が消毒できるように配慮されていました。また、選手はベンチにいるときはマスク着用。もちろん観客、コーチ、審判もマスクは必須です。

そのほかにもこんな感染症対策が…

開会式、閉会式は時間を短縮して開催。保護者用の観覧スペースも限定され、きちんと距離を保って観戦できるような配慮がされていました。
なかなか大きな大会を開催するのが難しい中、なんとか子供たちに活躍の場を与えてあげたい、思いっきり大好きな野球をさせてあげたい…そんなポルテの思いが伝わってくるようで、「あぁ、ここにいる人はみんな野球が大好きなんだな」と温かい気持ちになれる…。そんな大会でした。

子供たちの成長が間近で感じられる野球教室ポルテ

今回の大会で私が特に印象に残っているのが、「みんなの仲のよさ」。チームメイトはもちろんのこと、コーチや他チームのメンバーとも楽しそうに話している子供たち。試合を通じでみんなの心がひとつになっているんだぁな、と感じました。野球の楽しさはもちろん、仲間との友情や思いやりを育める…ポルテってそんな野球教室なんです。

ポルテでは現在、各教室で無料体験を随時受付中!子供に「スポーツを通じて人間的に成長してほしい」と思っているママ、一度ポルテの体験教室に参加してみませんか?
気になる方はぜひこちらのお申し込みフォームから無料体験を申し込んでみてくださいね!

関連記事はこちら▼

そのほかリーフラススポーツスクールの記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする