子供の健康を願うママへ!「無添加の家に住む」という選択肢、考えてみませんか?!

この記事をシェアする

子供のアトピーアレルギーで悩み、食べ物や着るものに日頃から気を配っているママもいるでしょう。そんな人にちょっと注目してみてほしいのが、「無添加の家に住む」という発想です。
実は、私たちが一生のうちに体内にもっとも多く取り込むのは、食べ物でも水分でもなく「室内の空気」。なんと、体に取り込む物の6割近くを占めているんですって!その空気に大きく関わるのが、家の素材なんです。
今回は、その裏付けにもなる、とある実験結果をチェック!広島の工務店「さくらホーム」が手掛ける健康住宅「無添加住宅」についてもご紹介します☆

家族の健康を考えるなら、”家の中の空気”が実は大事!

みんな意外と知らない、身近な”化学物質”の話

ここでまず見ていただきたいのが、北海道大学の研究機関が行った、「住まいの室内環境と健康」に関する2つの調査結果です。

◇調査1

次のうち、ハウスダスト(空気中のチリ、ホコリ)に含まれている「化学物質の濃度」が高いのは?

A. ビニール製の床材を使った家
B.ビニール製の床材を使っていない家

 

答えは、A
家づくりに使われる素材によって、空気中の化学物質の量が違うんです!

◇調査2

次のうち、「化学物質(※)の濃度」がより高いのは?
※ここでは、ハウスダスト中に含まれる化学物質と同じ物質に着目。

A. 大人の尿
B. 子供の尿

 

答えは、B
子供は背が低い分、床の上を舞うハウスダストを大人よりも摂取しやすいと考えられます。そのため、ハウスダストに含まれる化学物質も多く取り込めてしまうと推測できるのではないでしょうか。

言うまでもなく、こうしたハウスダストに含まれる化学物質は、アトピーやアレルギーを引き起こす原因としても知られています。
子供の健康を重視するママにとって、これは見過ごせない話ですよね。

今こそ見直したい、「家の中の空気」の大切さ!

ここまで見てきた通り、私たちが毎日体内に大量に取り入れている「室内の空気」には、ハウスダストが。そしてハウスダストの中には、洗濯用の柔軟剤やお部屋の消臭剤などをはじめ、いろんなものから出る化学物質が含まれています。

また驚くことに、こうした化学物質は家の材料(新建材)からも出ています。接着剤や壁面クロス、断熱材に至るまで、今や、家の素材に化学物質を含む人工のものがたくさん使われているからです。
最近では、こうした“新建材”と呼ばれる人工の素材を使わずに家を建てるほうが、実は珍しいくらいなんだとか。
そんな中、化学物質を含む新建材を極力使わず、主に自然素材を使った健康住宅づくりを広島で行っていることで知られるのが、地元の工務店「さくらホーム」なんです☆

※参考文献:「むてんかびと 全国版vol.2」

身体に優しい素材で!広島「さくらホーム」が手掛ける無添加住宅

広島で”本物の健康住宅づくり”を目指す工務店「さくらホーム」

「さくらホーム」は、広島市南区丹那町に事務所を構える、地域密着型の工務店。注文住宅だけでなく、戸建てやマンションなどのリフォームも多数手掛ける会社です。
さくらホームの特徴のひとつが、“無添加住宅”という健康住宅を扱っていること。
無添加住宅は無添加の素材を使った家づくりで知られる健康住宅のブランドで、広島を含め全国に展開しています。漆喰無垢材天然石など、自然の素材をふんだんに使って作られた無添加住宅の家は、空気中に含まれる成分のほとんどが、自然由来であるという実験結果もあるそう!
子供の健康や室内の空気が気になるママにとって、まさに理想の家と言えそうです。

子供のアトピーがきっかけ。広島で究極の健康住宅を!

さくらホームの宮永代表

そもそも、さくらホームが無添加住宅を取り扱うようになったのも、実は“子供”がきっかけなんだとか!
さくらホームの代表である宮永さん夫妻のお子さんは、赤ちゃんの頃に重度のアトピーを発症。それをきっかけに、食べ物や飲み物、住む環境などを見つめ直した宮永さん。そして行きついたもののひとつが、健康住宅の中でも“無添加住宅”だったと言います。
さくらホームでは、こうしたご自身の体験をもとに、子供や家族の健康など、住む人の悩みに寄り添った健康住宅づくりを広島で行っているんです。

断熱材も自然素材!広島のさくらホームが追求する”本物の無添加住宅“とは?

“無添加”をとことん重視する広島のさくらホームでは、健康住宅である無添加住宅の規格の中でも、極限まで自然素材を使ったものを施工する技術を持っているとのこと。
室内の素材はもちろんのこと、断熱材や接着剤、家をシロアリから守る防蟻剤(ぼうぎざい)など、細部に至るまで自然素材にこだわっているといいます。
つまりさくらホームにお任せすれば、極限まで無添加を追求した家づくりが叶うということなんです。

広島・さくらホームの無添加住宅モデルハウス「丹那の家」

空気の良さを体感できる!さくらホームのモデルハウス

さくらホームが手掛ける無添加住宅の魅力は、実際に見て感じて確かめてみるのがいちばん!
南区丹那町、さくらホームの事務所からも歩いてすぐの場所には、さくらホームのモデルハウス「丹那の家」が建っています。

こちらの記事もチェック

室内に一歩入った途端に分かるのが、その空気の清々しさ!壁に使われる漆喰には調湿効果や脱臭効果があるため、新築特有の嫌なニオイがありません。壁紙やクッションフロアなどにもビニール製のものは使っていないので、当然その施工に伴う接着剤の使用もなし。無垢材由来の純粋な自然の香りがするんです♪

もちろん室内環境だけでなく、デザインも魅力的♪
無垢のフローリングや漆喰、石など、本物の素材を使用しているからこその高級感があります。しかも自然素材の家は、ときが経つほどにいい味が出てくるのも特徴です。
気になった人は、ぜひ一度足を運んでみてくださいね。

モデルハウスの来場予約はこちらから

ナチュラルライフを提案♪気軽に参加できるイベントも多数開催

7月に開催された調味料のお話会の様子

さくらホームでは「より多くの人に健康で幸せな人生を送ってほしい」という思いから、家づくりだけでなく、ナチュラルライフの提案にも力を入れています。
その一環として、面白そうなイベントも多数開催!

ちなみに9月は、「身体に優しいホウ酸防蟻×虹の七色スライムとプチにじいろセラピー」「ドロップリースワークショップ」などを予定しているそう。
どのイベントも、気軽に参加できるものばかり!ナチュラル志向のママやナチュラルライフに憧れるママは、こちらのイベントも必見です♪

イベントについて詳しくはこちらをチェック!

広島で無添加住宅を建てるなら、さくらホームに相談してみて♪

お子さんのアトピーをきっかけに、広島で”究極の健康住宅づくり“を目指し続けるさくらホーム。同じくお子さんの健康のことでお悩みのママはもちろん、家族に健やかに過ごしてほしいと願う人も、ぜひ一度、さくらホームに相談してみてくださいね。家づくりのことから、ナチュラルなライフスタイルのことまで、思いに寄り添う丁寧な提案をしてくれるはずですよ。

【さくらホーム】

所在地

〒734-0034広島市南区丹那町1-15

電話番号

082-258-1292

営業時間

9:00~18:00 

公式HP

http://mutenka-sakura.com/

公式インスタグラム

@mutenka.sakura 

 

担当ライター

この記事をシェアする