思わず深呼吸したくなる♪広島「さくらホーム」の無添加住宅モデルハウスがついに完成!

この記事をシェアする

健康や環境のことを考えたら、「マイホームだって、なるべく自然素材を使いたいなぁ」と思いますよね。そんなみなさんに朗報!この度広島に、「本物の“無添加”」を体感できるモデルハウスが完成したんです♪
手掛けたのは、「無添加住宅」という健康住宅を取り扱う広島の工務店、「さくらホーム」。このモデルハウスの最大の魅力は、とにかく家の中に入ってみれば分かるそうで…?一体どんなおうちなのか、ひと足先にご紹介しましょう!

広島「さくらホーム」の無添加住宅モデルハウスが、5/28にオープン!

自然派スタイルを追求!広島「さくらホーム」が建てる”無添加住宅“

広島市南区にある「さくらホーム」は、注文住宅はもちろん、リフォームや店舗建築なども手掛ける工務店。その最大の特徴が、「無添加住宅」という健康住宅のブランドを扱っていることです☆

無添加住宅とは?
昔ながらの家づくりを参考に、「体に良くないものは使わず、自然素材で建てる」ことを重視した、本格的な健康住宅ブランド。日本全国で、健康志向の人を中心に高い支持を集めている。

さくらホームが建てる無添加住宅の家は、自然素材の使用を追求しているため、健康や環境に配慮した生活を望む人や、本物志向の人の間で評判です。
加えて、ナチュラルなデザインやアンティークな雰囲気のおうちが好きな人にも注目されています。

こちらの記事もチェック

知ってる?さくらホームの家は”室内の空気”が違うんです!

そんなさくらホームの家の魅力のひとつが、”家の中の空気“。無添加の家づくりを追求しているからこそ、合成接着剤などの人工的なニオイもなく、まるで森林にいるかのような清々しい空気を感じられるんです♪

もちろんこれは単なる感覚的なものだけではなく、実はデータでも実証されています。

無添加住宅が愛媛大学と共同で行った空気測定によれば、新建材(ビニールやプラスチック製の人工素材)でできた家は、空気中の主な成分の60%近くが化学接着剤などの“人工的な成分”だったそう。また自然素材を多用した家の場合でも、空気中の主成分の10%近くは、同じく化学接着剤などの成分でした。
一方で無添加住宅の場合は、空気中に含まれる主な成分100%がなんと自然由来という結果に!無添加住宅の室内の空気が、どれだけ自然に近いかが分かりますよね。

ちなみにさくらホームでは、希望すれば、建てた住宅の空気測定も行ってくれるそうですよ。

さくらホームが手掛ける無添加住宅のモデルハウス、「丹那の家」がついにお披露目♪

「空気が違うと言われても、こればっかりは写真や数値だけでは分かりづらい…」と思った人必見!さくらホームの無添加住宅モデルハウス「丹那の家」が、この度、広島市南区丹那に完成したそう。ここに行けば、空気の違いも含め、さくらホームが建てる無添加住宅の良さを実際に体感できるんです♪

さくらホームのモデルハウスは、15(日)がプレオープン
5/28(土)・29(日)から一般公開となっています。

“本当の無添加”を体感できる♪広島・さくらホームのモデルハウス

こんな見えないところまで!?本物志向の人必見のモデルハウス

さてここからは、さくらホームが手掛ける無添加住宅モデルハウスの魅力を、ひと足先に見てみましょう♪

上でもご紹介した通り、さくらホームが手掛ける無添加住宅の家は、「え、そんなところまで?」と思うくらい、自然素材の使用にこだわっているのが特徴です。
今回のモデルハウスも、屋根には「クールーフ」と呼ばれる天然石でできた素材を、外壁の仕上げにも漆喰を使用。本物の素材だからこその質感が生み出す、唯一無二の存在感を感じます♪

シンプルなのに深みがある。細部までさくらホームのこだわりがたっぷり!

建物の中も、壁はもちろん漆喰。床も無垢材のフローリングやタイルなど、自然素材がたくさん!「〇〇風」ではなく、本物の素材を使っているからこその高級感があります。

しかもこれらの自然素材は、時間が経つほどに独特の味が出て、見劣りするどころか愛着や深みが出るのも魅力!
ちなみに間仕切壁や建具には、ステンドグラスを取り入れた粋なアクセントも♪

無添加だから叶う「家の中の空気がおいしい」を体感!

そして「丹那の家」でぜひ確認してみてほしいのが、室内の空気。上でもご紹介した通り、さくらホームが建てる無添加住宅の家は室内の空気がとても綺麗で、思わず深呼吸したくなる気持ち良さなんです♪

さくらホームでは、家の壁や床はもちろん、屋根や外壁に至るまで、徹底して“無添加”を重視。そのため室内は、合成接着剤などの人工的なニオイではなく、無垢材からくる、純粋な木の香りがします。

また、外壁・内壁に使われる漆喰には脱臭効果があるため、嫌な臭いも軽減してくれるそう。さらに床や柱に使用している無垢材には、調湿効果もあり。家自体が呼吸していて、室内の空気を常に快適に保ってくれるわけですね。

目に見える部分だけでなく、家の基礎や内側にも自然素材が使われています。
例えば外部の断熱材には、通常であればウレタンなどの石油由来のものがよく使用されるそう。ところがさくらホームのモデルハウスでは、外断熱には「炭化コルク」と呼ばれる自然素材を使用しています。
炭化コルクは、ワインに使うコルク栓の素材となる「コルク樫(がし)」を炭にした天然素材。断熱効果はもちろんのこと、おうちの湿度調整などもしてくれるため、室内の空気を快適に保つ上で役立ちます。その上、防虫効果や防音効果などもあるとか☆

その他に、通常は合成殺虫剤系の使用が多い“シロアリ対策”の工程でも、さくらホームでは、人体への影響が少なく、しかも持続性が高いとされる“ホウ酸系”を使用。これも、室内の空気や快適さに大きく関わってくると言います。

さくらホームの家の「空気がおいしい」理由を追求していくと、素人では分からない細かいところまで、信頼できる素材を選んで使用していることが分かります☆

耐久性が高くメンテナンスが簡単なのも特徴♪

さくらホームが手掛ける無添加住宅の家は、“デザイン性”“快適さ”にプラスして、「この先長く大切に住める家であること」も魅力のひとつ。

例えば家の基礎と土台の間には、通常はプラスチックの基礎パッキンが使われるところを、無添加住宅では、耐久性が高いことで知られる“御影石(みかげいし)”の基礎パッキンを使っているそう。こんな場所まで無添加な上に、とても丈夫なんです。

前述のクールーフの屋根は、おしゃれで耐久性に優れる上、基本的にはメンテナンスも不要

その他、漆喰の壁もちょっとした汚れなら少し削るだけで消せてしまうので、お手入れが簡単です。その上、実は火にも強いそう!
本物の素材でできた家だからこそ劣化することなく、長く大切に住むことができるんですね。詳しくはぜひ、さくらホームがのモデルハウスでじっくり見てみてください♪

その魅力は、とにかく見れば分かる!見学予約はこちらから

自然素材にこだわったさくらホームの無添加住宅は、本物の素材が生み出す存在感と、家が自ら作り出してくれる“清々しい空気”が特徴!その魅力は、モデルハウスへ実際に行ってみれば分かります☆
見学は予約制となっているため、気になる人は下記リンク先からお申込みを♪

見学のお申込みはこちらから

広島・さくらホームのモデルハウスで、無添加住宅を体感!

さくらホームが建てる無添加住宅のモデルハウス「丹那の家」は、本格派の健康住宅を実際に見学できる貴重な場所です。無添加の家や健康住宅に興味がある人はもちろん、ナチュラルな雰囲気の家が好きな人も、気軽に足を運んでみてください♪さくらホームが建てる無添加住宅の魅力を、肌で感じられるはずですよ。

【さくらホーム】

所在地

〒734-0034広島市南区丹那町1-15

電話番号

082-258-1292

営業時間

9:00~18:00 

公式HP

http://mutenka-sakura.com/

公式インスタグラム

@mutenka.sakura

担当ライター

この記事をシェアする