1年生からバイオリン♪音楽もバイリンガルで学ぶAIC World College 広島 初等部

この記事をシェアする

音楽の授業で使う楽器といえば、鍵盤ハーモニカやリコーダーが一般的ですよね。そんな中、音楽の授業にバイオリンを導入して話題となっているインターナショナルスクールが!それが、2021年に開校した「AIC World College 広島 初等部」です。
授業は基本的に英語で行われていますが、国語(日本語)と音楽の授業は日・英バイリンガル形式で行われているそう!今回はウワサのインターナショナルスクールの音楽の授業に密着♪子供たちがバイオリンを演奏するメリットも伺ってみました。

1人1挺バイオリンを演奏♪インターナショナルスクールは音楽の授業もバイリンガル形式!

バイリンガル形式のバイオリンレッスン!インターナショナルスクール「AIC World College 広島 初等部」

広島市南区大須賀町にある「AIC World College 広島 初等部(AIC World college of Hiroshima Elementary school)」は、2021年4月に開校したインターナショナルスクール。6年制の学校で、日本の一般的な「小学校」にあたります。
こちらのインターナショナルスクールは、充実した教育プログラムが魅力!国際的な教育プログラム「国際バカロレア(IB)」の、初等教育課程プログラム(Primary Years Programme)の候補校に認定されており、授業は国語(日本語)と音楽の授業を除いて、すべて英語で行われています。

AIC World College 広島 初等部についてはこちらの記事も参照!

AIC World College 広島 初等部は、音楽の授業もユニーク。なんと1人1挺ずつバイオリンを使用しているんです!音楽の授業は週2回、1回45分で、授業時間の半分がバイオリンの練習にあてられるそう。
なお音楽の授業は、英語と日本語、両方を用いたバイリンガル形式で実施。あえて日本語も使う理由については、後ほど詳しくご説明しますね。

「スズキ・メソード」に基づく指導法で子どもの感性を豊かに!

授業でバイオリン指導を担当しているのが、こちらの寺本由理先生。演奏活動の傍らバイオリン指導者としても活躍され、指導歴7年以上になるベテランの先生です。

寺本由理(てらもと・ゆり)先生プロフィール
岐阜県出身。4歳よりスズキ・メソードでバイオリンを始める。17歳より単身渡米し、アメリカで大学・大学院を特待生で卒業。現在は演奏活動をしながら、スズキ・メソードの指導者として後進の育成に励む。

寺本先生がAIC World College 広島 初等部の音楽の授業で取り入れているのが、「スズキ・メソード」と呼ばれる指導法。

スズキ・メソードとは?
音楽を通じ、心豊かな人間性を育むことを目的とした教育指導法。創始者は、日本の著名なバイオリニストである鈴木鎮一氏。

あの有名なバイオリニストの葉加瀬太郎さんや、作曲家の久石譲さんも、実はスズキ・メソードの“卒業生”だとか!

幼少期からバイオリンを習い、音楽に親しむことのメリットって?

「子どものころからバイオリンを習うことにどんなメリットがあるの?」「バイオリンが初めてでも授業についていける?」と感じるママもいるでしょう。そこで、寺本先生にお話を詳しく伺ってみました!

バイオリン指導の寺本先生にインタビュー♪バイオリンを使うメリットとは?

Q.子どもの頃からバイオリンを習うと、どのようなメリットがありますか?

寺本先生
バイオリンを演奏することで、音楽的感性はもちろん、耐久力や集中力もはぐくまれます。それにバイオリンは立って弾く楽器なので、体力や筋力も鍛えられるんですよ

バイオリンできれいな音を出すには手の筋肉も必要。なるべく低年齢のうちから習うことで、演奏に必要なしなやかな筋力が形成されやすくなるそうです。
最初は「疲れた」「手が痛い」とすぐに座ってしまう生徒も少なくなかったものの、だんだんと弾けるようになると、音が出る喜びを感じて『まだやる!』と頑張る生徒が増えてきたのだとか!

バイオリンの演奏では周りの音を聴いて呼吸を合わせるので、周囲に気を配る力が身につくのもメリットですね

授業中は“仲間をサポートする姿勢”を大切にしているという寺本先生。その指導の甲斐あってか、子どもたちがお互いにフォローし合う場面も少なくないといいます。

子どもたちの成長に驚き!3年生は約半年で曲を上手に弾けるほどに♪

授業で使われている子ども用のバイオリン

Q.バイオリンを最初に使うときの子どもたちの反応は?初めての子でも大丈夫ですか?

初めてバイオリンのケースを開けるときは、子どもたちの目がとてもキラキラしていて、見ているこちらも嬉しくなるほど。バイオリン経験者も数名はいますが、ほとんどみんなスタート地点は同じですよ

Q.バイオリンの授業では、どのような練習をするのですか?

まずは、立ち方や弓の持ち方といった基本からスタート。最初のうちは開放弦(弦を押さえない状態)で基本のリズム練習を行い、それができてから弦を押さえる練習に入ります

そのほかにも寺本先生は「バイオリンを“Respect(尊重)”して大切に扱うこと」も重視。そこには、楽器に限らず友だちや周囲へのRespectを忘れないでほしいという思いが込められているとか。

Q.子供たちはどれくらいでバイオリンを演奏できるようになりますか?

3年生は4月からバイオリンを習い始め、7月には弦を押さえて音程をとれるようになってきました。2年生も9月には音程をとれるようになり、1年生も今取り組み中です。みんな初心者ながら、かなりのハイスピードで上達していて、私も嬉しいです

4月からバイオリンを習い始めた3年生は、今では“キラキラ星変奏曲”も通常テンポで弾けるほどにぐんぐん上達!「バイオリンの授業にうちの子はついていけるかな?」という親の不安も、どうやら杞憂のようです♪

音楽鑑賞に歌や創作ダンス…バイオリン以外のプログラムも充実!

AIC World College 広島 初等部の音楽の授業では、バイオリン以外にも、歌や音楽鑑賞、創作ダンスなど、多彩なプログラムが行われています。

バッハにベートーベン、ブラームスも!学期ごとにテーマを決めて「音楽鑑賞」

子どもたちが大好きだという音楽鑑賞では、学期ごとにテーマを決めて、クラシック音楽を鑑賞。
たとえば今学期は「ドイツに行こう!」というテーマで、ドイツの作曲家バッハをメインに、ブラームスやベートーベンなどの曲を聴いているそう。鑑賞しながら、寺本先生が「このメロディは何の楽器だと思う?」とクイズを出し、子どもたちが思い思いに答える場面も!
子供たちが楽しく世界の名曲に親しめる内容になっているそうです。

日本語で歌う歌の時間や、体全体を使って音楽を感じるダンスも!

音楽の授業には、もちろん歌の時間もあります。「インターナショナルスクールだから英語の歌だけ歌うの?」と思われがちですが、日本語の歌や古くからある童謡も積極的に取り入れているそう。というのも、母国語の歌に親しむことで、生まれ育った国のアイデンティティを養えるからだとか!音楽の授業があえてバイリンガル形式で行われるのも、このような理由からだったのですね。

そのほか、音楽に合わせて体全体を動かす創作ダンスの時間も。体を動かす楽しさを体感しつつ、音感やリズム感を伸ばせるといいます。

バイオリンや歌を通じ、音楽の楽しさ・素晴らしさを子どもたちに伝えたい!

17歳で単身渡米し、バイオリンを学んできた寺本先生。そんな先生からは、最後に次のような言葉がありました。

私も留学中は英語環境になかなかなじめず大変でしたが、バイオリン、そして音楽があったからこそ、言葉が違う多くの方と交流でき、友だちになれました。音楽は世界の共通言語。いつか世界に羽ばたく子どもたちにとっても、音楽がそうした助けになれば嬉しいですね。人を癒やし、心を育てる音楽の素晴らしさを知ってもらい、音楽がずっと彼らに寄り添っていられる未来だといいなと願っています

AIC World College 広島 初等部の音楽の授業は、単に教養として音楽の知識を身につけるのではなく、心から音楽に親しみ、人間性を伸ばせる貴重な時間になっているようです!

AIC World College 広島 初等部は音楽の授業も魅力的!

充実した教育プログラムを英語で学べる、AIC World College 広島 初等部。中でもバイオリンを使った音楽の授業は、子供たちの音楽的感性や人間性をはぐくむ魅力的な内容になっています。小学校受験やインターナショナルスクール入学を考えているママは、AIC World College 広島 初等部への進学もぜひ検討してみてくださいね。

22年度入学希望者募集中♪授業体験会も12/12・1/15開催!

1/14から出願受け付けスタート!1/24まで

AIC World College 広島 初等部では、2022年度入学希望者の出願を2022年1月14日(金)より受け付け開始!出願受け付け期間が短いので、早めの行動がおすすめです。なお、出願はネット上の出願フォームからとなっています。

【AIC World College 広島 初等部 2022年度春季入学募集詳細】

出願期間

2022年1月14日(金) 10:00~1月24日(月) 19:00

出願方法

選考料(20,000円)を志願者名で指定口座に振り込み後、

出願フォームより

出願資格

2015年4月2日~2016年4月1日までに生まれ、入学後も家族と共に生活できること

募集定員

(1)クラス:インターナショナルプリスクールなどで複数年英語教育を受けている、またはそれと同等の英語教育を受けている児童

(2)クラス:上記に該当しない児童

各クラス若干名

選考は2022年1月30日(日)、適性検査と面接あり!

出願から結果発表までのおおまかな流れは、以下のとおりです。

①出願者は選考料振り込み後に、ネット上で出願フォームを送信
②2022年1月26日(水)以降に、AIC World College 広島 初等部が入学選考日時と選考票のメールを送信
③出願者は2022年1月30日(日)に選考テスト(適性検査と面接)を受験
④2022年2月1日(火)、AIC World College 広島 初等部が選考結果を発送

なお、選考方法や選考結果の発表は、クラスによって異なるので、詳しくは公式HPに掲載されている募集要項でしっかり確認してみてくださいね。

募集要項はこちら

授業体験会は12月12日(日)・1月15日(土)

AIC World College 広島 初等部では、12月12日(日)、1月15日(土)に「授業体験会」を開催。11時からと13時からの回があり、いずれも45分間です。
各回とも定員は8名となっており、少人数でじっくり体験授業を受けられます。対象は現在年中、年長のお子様です。気になる人は早めの申し込みがおすすめです。

授業体験会の申し込みは、こちらのお問合せフォームから

【AIC World College 広島 初等部】

所在地

広島市南区大須賀町13番13号

電話番号

0120-17-0419

公式サイト

  https://aicwc.jp/

公式Instagram

https://www.instagram.com/aic_world_college/

担当ライター

この記事をシェアする