【広島市内】女医さんのいる産婦人科10選

この記事をシェアする

産婦人科は、妊婦健診や分娩だけでなく、不妊治療・子宮がん検診・婦人科疾患など、女性のライフステージに応じた健康をサポートしてくれる場所。産婦人科受診の敷居を高く感じる理由のひとつに、「男性医師の診察を受けるのが緊張するから」というものもあるようです。そのような場合は、相談しやすい女医さんがいる産婦人科に通うのもよいでしょう。今回は、広島市内の女医さんがいる産婦人科をご紹介します。

さだもりレディースクリニック

さだもりレディースクリニックは、広島電鉄本通電停から徒歩2分というアクセス良好な立地にあります。医師もその他スタッフも全員女性なので、初診でも安心して受診できるでしょう。こちらのクリニックでは、子宮がん検診や子宮筋腫・子宮内膜症といった婦人科疾患の診察が受けられます。不正出血・おりものの状態など、女性が日常生活のなかで感じるちょっとした悩みでも相談しやすいと評判です。

住所:広島県広島市中区大手町2-7-2 Balcom大手ビル4F
電話番号:082-242-1132
ホームページはこちら

女性クリニックラポール

こちらのクリニックでは、“医師と患者の信頼関係”を大切にしています。病気の予防やアンチエイジング、東洋医学にも力を入れているクリニックです。“ランチタイム検診”では、お仕事をしている方に限り12:00~13:00の時間帯で待ち時間が少なく婦人科検診を受けることができます。「仕事の休憩時間を使って受診しやすい。」と好評だそうです。

住所:広島県広島市中区大手町5-3-1
電話番号:082-241-6009
ホームページはこちら

広島女性クリニック

院長先生は、以前新天地で産婦人科クリニックを36年間開業されていました。思春期の生理不順・更年期障害なども相談しやすく、まさにホームドクターと呼ぶにふさわしいベテランの女医さんです。10代後半~30代で月経不順を放置しておくと、不正出血の原因や妊娠機能に影響を及ぼすことがあります。経験豊富な女医さんが親身に相談にのってくれるので、気になる症状があれば早めの受診をおすすめします。

住所:広島県広島市中区三川町1-20ピンクリボン39ビル4F
電話番号:082-249-3900
ホームページはこちら

新甲さなえ女性クリニック

新甲さなえ女性クリニックの待合室は、ハワイアンのBGMが流れ南の島のリゾートホテルのような雰囲気です。授乳・オムツ交換ができるスペースがあるので、子連れでも安心。婦人科検診だけでなく、妊婦健診も受けられます。妊娠後期になったら、自分が分娩を希望する病院に紹介してもらえますよ。妊婦健診は子連れで通いやすい近所がいい、という経産婦さんにも人気です。

住所:広島県広島市南区段原南1-3-53イーストビル2F
電話番号:082-568-2234
ホームページはこちら

やすクリニック

ご夫婦で開業されているやすクリニックでは、1Fに女医さんがいる産婦人科、2Fには内科・消化器内科があります。アストラムライン安東駅から徒歩3分という便利な場所にあるのも、人気の理由。広い駐車場もありますよ。産婦人科では婦人科診療と妊婦健診が行われており、幅広い世代の患者さんが通院しています。キッズスペースもある待合室は、清潔感があり明るい雰囲気です。

住所:広島県広島市安佐南区上安1-1-18
電話番号:082-878-7101
ホームページはこちら

広島中央通り 香月産婦人科

西区にある香月産婦人科の別院として2018年に新規オープンの、新しくきれいな病院です。広島市内の分娩施設が減少するなか、妊娠前からの手厚いケアと女医さんが多いことで評判のこちらのクリニックでは、不妊治療・妊婦健診・分娩が行われています。出生前診断や遺伝カウンセリングを実施している病院は限られているので、高齢出産予定でも安心して通えるでしょう。助産師外来やフリースタイル分娩も取り入れられており、自分らしい出産を迎えられる産婦人科です。

住所:広島県広島市中区三川町7-1香川メディカルビル5 8F
電話番号:082-546-2555
ホームページはこちら

河野産婦人科クリニック

院長先生の女医さんは、性教育についての執筆活動や講演を数多くされています。患者さん思いで慕われる先生のもとには、親子二代でかかりつけにしている患者さんも多いです。紙屋町の「サンモール」から近く、土曜日も18:00まで診療があり、通いやすいのもうれしいですね。

住所:広島県広島市中区紙屋町2-2-25大野ビル5F
電話番号:082-242-1505

頼島産婦人科病院

頼島産婦人科病院は、昭和の時代から地域の分娩を担ってきた産婦人科です。4Fまである広い建物は、ホテルのような内装の待合室から見える中庭が優雅な雰囲気ですよ。数人の先生が同時に外来診療をされており、待ち時間ができるだけ短くなるよう配慮されています。予約制ではないので、希望する日時に通院可能です。人気のマタニティヨガやベビーマッサージ教室もにぎわっています。

住所:広島県広島市安佐南区西原5-11-18
電話番号:082-874-0523
ホームページはこちら

広島市民病院

広島市民病院は、女医さんがいるだけではありません。総合病院なので、他科との連携がしっかりしているのも安心のポイントでしょう。子宮がんや内視鏡の手術件数が多く、広島市外からも患者さんが通っています。NICUが充実しており、切迫早産や双胎妊娠など、出産にリスクがある妊婦さんをサポートしてくれる病院です。

住所: 広島県広島市中区基町7-33
電話番号:082-221-2291
ホームページはこちら

県立広島病院

県立広島病院では、生殖医療科での不妊治療に引き続き、そのまま出産まで通う患者さんも多いです。産婦人科では、自然分娩・ハイリスク分娩どちらにも対応しており、母乳外来やベビーマッサージ教室など、退院後のサポートが整っています。地域の産婦人科との連携制度により、妊婦健診は近所のクリニックで受け、分娩は県立広島病院で、という選択もできますよ。

住所: 広島県広島市南区宇品神田1-5-54
電話番号:082-254-1818
ホームページはこちら

まとめ

症状がある場合はもちろん、症状がなくてもがん検診などで女性が生涯通う機会があるのが産婦人科です。アクセスが良い・子連れで通えるなど、通いやすさのポイントは人によりさまざまですが、相談しやすい女医さんがいる産婦人科ならより安心ですね。

担当ライター

この記事をシェアする