誰でも参加OK☆広島市現代美術館のツキイチ・ワークショップ2018がおもしろい!

緑豊かな比治山公園内にある広島市現代美術館。ここでは美術作品の展覧の他に、月に一度のワークショップを開催しています。その名も「ツキイチ・ワークショップ2018」。事前の予約なしで、誰でも参加可能なワークショップです。実は私、芸術大学出身!独身時代・妊娠前から、足しげくこちらの美術館やワークショップに通っていました。そしてママになってからも♡美術館って大人だけで楽しむところだと思っていませんか?いえいえ、そんなことはありません!今は、「アートに触れたい…」と思ったら、子連れで訪れています。今回は、ママの目線から見た子どもといっしょに楽しむ広島市現代美術館ツキイチ・ワークショップ2018をたっぷりご紹介します!

広島市現代美術館ってどんなところ?

広島市南区比治山にある広島市現代美術館。街中とは思えない、自然が豊かな比治山公園内にある美術館です。

美術館の付近にはこんなに緑が!比治山のてっぺんに位置するところにあるため、基本的には坂道が続きますが、夏でも木陰はとっても涼しく、歩いているだけで癒されますよ。

美術館で展示されているもの

広島市現代美術館では、さまざまな現代美術を観覧できます。館内では「特別展」と「コレクション展」が展開されていて、期間ごとに国内外の美術作品がズラリ。

出典:モダンアート再訪 ― ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展 | 広島市現代美術館

2018年6月2日(土)~8月26日(日)まで特別展として行われているのは、『モダンアート再訪』という展覧会。福岡市美術館のコレクションが広島にやってきます。モダンアートの歴史を紐解く展示なので、現代美術に触れたことがない人でも「ふむふむ」と見ているだけで芸術的な気分になるはずです!
そしてコレクション展では、広島市現代美術館が所蔵する作品を観覧できますよ。2018年6月30日(土)~10月21日(日)までは、『2018-Ⅱ コレクション・ハイライト+特集1「キノコ雲のある世紀」・特集2「祈り」』が開催中です。コレクション展では、広島市ならではの平和に対する作品などが年間を通じて多く見られます。

<特別展>

「モダンアート再訪-ダリ、ウォーホルから草間彌生まで 福岡市美術館コレクション展」
2018年6月2日(土)~8月26日(日)
特設サイト:https://www.hiroshima-moca.jp/modern_art_revisited/

<コレクション展>

「2018-Ⅱ コレクション・ハイライト+特集1「キノコ雲のある世紀」・特集2「祈り」
2018年6月30日(土)~10月21日(日)
詳細ページ:https://www.hiroshima-moca.jp/exhibition/collection2018-2/

館内は静かで広々としているので、作品1つひとつに没頭できます。現代美術は「よくわからない…」と、美術を勉強した私でもよく思うことがあるのですが(笑)、それでも観覧中は誰にも邪魔されず、ゆっくり作品のことを考える時間が過ごせます。その時間に浸るのってすごくリラックスできるんですよね。これが、美術館の楽しみ方ではないかな、と思っています。

こちらは、2018年2月24日(土)~6月17日(日)に開催されていた『特別展示 オノ・ヨーコ《マイ・マミー・イズ・ビューティフル》』。来場者が自由に紙に母への思いをつづり、壁に貼り付けることで作品の一部となります。お写真は@sweetcouture36さんにお借りしました。ありがとうございました!
このようなオープンプログラムは、期間ごとにさまざまなものが企画・展示されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

館外には彫刻作品が並びます。ここも、無料で観覧可能。我が家の子どもは1歳の男女双子なのですが、0歳の頃はお散歩中にベビーカーで寝たタイミングで、館内で美術観覧していました。そして現在は、野外の彫刻作品をいっしょにぶらぶら見たりします。
もちろん今、子どもたちは何もわかっていないと思いますが…、小さなうちから美術館の雰囲気、作品を間近で観覧する機会を与えてあげられるのも、広島市現代美術館の気に入っているところです!

受付では、野外彫刻マップを配布中。すべてフリガナが振ってあるので、子どもといっしょに地図を見て、美術館周辺を探検してみましょう!

ママにとってうれしい設備

広島市現代美術館では、いろいろなママ向けの設備が整っています。そのいくつかをご紹介しましょう。

こちらはエントランスの女子トイレにあるオムツ交換ベッド。個室には子どもを座らせておくチャイルドキープがあります。男子トイレには、便座にセットするおまるが置いてあるので、パパといっしょに子どもがトイレを使用することも可能です。

また、現代美術館では託児サービスを利用することもできますよ。

対象

2歳~未就学児

料金

無料

託児時間

1回につき2時間まで

利用可能日

土・日・祝日の10:00~17:00の間で、予約をした時間帯

申込方法

ご利用日の1週間前までに、電話で申し込み

広島市現代美術館 Tel:082-264-1121

※飲み物(水筒・お茶)、おむつ、着替えなど必要なものは持参
じっくり美術館を楽しみたいパパ・ママにはおすすめしたいサービスです。また、授乳室の用意もあるので授乳中のママも安心して美術観覧できます。

ツキイチ・ワークショップ2018について

広島市現代美術館では、月に一度誰でも参加OKなワークショップを開催中。子どもから大人まで、みんなで楽しめるワークショップをご紹介します。

出典:ツキイチ・ワークショップ2018 | 広島市現代美術館

広島市現代美術館が開催するツキイチ・ワークショップでは、造形を通してみんなでアートに親しむことができます。このワークショップの開催日や参加方法などを以下にまとめました。

開催日

7/22(日)、8/19日(日)、9/30(日)

時間

10:00~12:00、14:00~16:00

参加方法

ワークショップ終了時間30分前までに受付

参加料

無料

※予約不要
入退場は自由ですが、混雑するとき(夏休み期間中など)は待ち時間が発生するようです。また、ワークショップの内容によっては服が汚れる場合があります。汚れてもいい服装で参加し、お子さんの着替えを持参すると安心ですね♡
参加可能年齢は設けられていないので、何歳からでも参加できますよ。
さらにこのワークショップの参加特典として、参加者と同伴者は特別展を当日のみ半額で観覧できます!(中学生以下はいつでも観覧無料)

「紙でコラージュ!」

出典:ツキイチ・ワークショップ2018 | 広島市現代美術館

気になるワークショップの内容は、感触の異なるつるつる・ざらざら・ぼこぼこした紙を貼り合わせて、コラージュ作品を目指すというもの。その名も「紙でコラージュ!」です。開催は7月から9月までの3回を予定しています。紙を貼り合わせるだけなので、小さな子でも楽しめそうな内容ですよね。我が家も家族みんなで参加する予定です!
「紙でコラージュ!」の前に開催していたワークショップは「なが~い道具で大きくお絵描き!」。長い棒の先にクレヨンがくっついており、これを動かして大きなキャンバスでお絵描きを楽しみました。

こちらは@mikit_nktさんがインスタグラムにアップされていたもの。パパもお子さんもとっても楽しそうですね!このように家族みんなで参加でき、造形を楽しめるのが広島市現代美術館のツキイチ・ワークショップなのです。

美術観覧といっしょに楽しみたい、比治山公園

美術館周辺一帯には比治山公園が広がり、緑や広場があります。美術館で芸術観覧した後は、公園でちょっと休憩なんていかがでしょうか♡

アート作品はこんなところにも!こちらは比治山公園内の「御便殿広場」。芝生が広がっているので、小さな子どもが遊ぶのにぴったりの空間です。育児で脳がへとへとに疲れたとき、私は美術館で芸術に触れてリフレッシュし、そのあと子どもといっしょに広場で思い切り遊びます。すごく気持ちがいいので、おすすめですよ!
広場からは「Mazda Zoom-Zoomスタジアム広島」が見えるので、デーゲーム中にはカープ応援の声が聞こえてくることもありました。

この夏はツキイチ・ワークショップをチェック!

広島市現代美術館のツキイチ・ワークショップをご紹介しました。このイベント、大人もかなり楽しめるのでぜひ参加してみてはいかがでしょうか!

サイト

https://www.hiroshima-moca.jp/

アクセス

〒732-0815 広島県広島市南区比治山公園1-1

開館時間

10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日(祝休日・8月6日にあたる場合その翌平日)、年末年始(12月27日~1月1日)

担当ライター