今人気の和モダンのお家♪注文住宅のマリモハウス、完成見学会へ

この記事をシェアする

子どもが年少になり、「小学校に入るまでには家を買いたい」と考えていたわが家の“広島でのマイホーム探し”も現実的になってきました。
少しずつ行動を起こしはじめたところ、どうやら「今は和モダンテイストが人気らしい」という口コミ情報をキャッチ。日本の伝統様式を取り入れつつ、おしゃれなお家になるんだそうです。
さらに和モダンのお家なら、広島のハウスメーカー『マリモハウス』の注文住宅が実績豊富で評判も高いとの口コミを発見!さっそく完成見学会に行ってきました!

マリモハウスの和モダンはここがすごい!

こまかな部分に職人さんの技を感じる注文住宅

リビングに入ったところで、さっそく床に目が行った私たち。木目の模様が浮き上がった床は、日本家屋のようで素敵ですね。
聞いてみると『浮造り(うづくり)』という手法で、職人さんが天然の木を加工したものなんだそう。木の風合いを感じられるだけでなく、傷が目立ちにくいところも「いいな!」と感じるポイントでした。やんちゃな男の子がいるわが家にとっては、多少おもちゃを落とされても気にならない床は魅力的です。

無垢材の床はあたたかく、冬でも裸足で過ごせるそうなので、ハイハイ期の赤ちゃんがいる家庭にも評判がよいんだとか。裸足になると木目のでこぼこも感じられて、大人も心地よさそうです。
さらに煙でいぶす『燻煙処理』が施してあり、虫がつきにくいとのことでした!

キッチンや洗面所など水回りは、籐のような床。こちらも天然素材かな?と思ったのですが、実は『マチュア』というビニール素材を使用しているそうです。水に濡れても白化しにくく、ワックスがなくてもキレイに保てるとのことで、手入れのしやすさも考えられた家づくりに感動しました。

和モダンのお家には欠かせない和室スペースの床。こちらには『スプーンカット』の技法が使われていました。なんて繊細なんでしょう♡踏み心地がよいうえに、とっても趣がありますね。

そして、和室に障子戸があることで和の趣が一層増しているのですが、子育て中の私からすると「子どもがすぐに破りそう」というイメージが…。障子って張り替えるのも簡単ではありませんよね。
しかしこの障子は『ワーロン』というアクリル素材で、紙よりも強度がかなり高いんだとか。この日案内してくれた営業さんが「建具職人がひとつひとつ丁寧に作りあげています。子どもが少しぶつかったぐらいでは壊れませんよ」と教えてくれました。

そして和室の窓にはカーテンの代わりに、和紙のような2色ブラインド。こまかな部分にも、和モダンへのこだわりを強く感じますね。2色にすることで、カラーブラインドはカーテンの役割を、白いブラインドはレースカーテンの役割を果たしてくれるそうです。

デザインだけじゃない!安全面にも配慮した作り

私たちが親目線で“いいな!”と絶賛したのが、こちらの壁。角が取れて丸くなっていますよね。職人さんが手間をかけて、丸みを出しているそうです。先ほどの障子戸にも言えますが「冬でも床があたたかく裸足で走り回れるぐらいなら、万が一ぶつかったときのことも考えておきたい」という欲張りな広島ママの希望も、これなら叶えられます。

瓦屋根も、ビスでしっかり固定されていました。
わが家の近所に昔ながらの日本家屋があるのですが、瓦が一部すべり落ちていて、いつも「子どもの頭上に落ちてきたら危ないなぁ」なんて思いながら通っています。こうしてビスで固定してあれば、安全面も言うことありませんね。
また、突き出た軒先にも、ちゃんと理由が。少しでも軒先があると外壁に雨水が滴りにくく、壁が長持ちしやすいそうですよ。

オーナーさんのこだわりポイントは?

マリモハウスの和モダンのお家は注文住宅なので、自分たちだけのこだわりも詰め込めます。ここからは、こちらのお家を建てたオーナーさんのこだわりポイントを見て行きましょう。

居心地のよさと、ちょっとした遊び心

この注文住宅のオーナーさん一番のこだわりは、どうやら寝室に隠されているとのこと。部屋を見回してみると、天井のライトが少し変わった形状になっていることに気がつきました!
少し厚みのあるシーリングライトは、なんとプロジェクターなんだとか。ベッドの足元側の壁には映像がキレイに写る特殊な壁紙を使用してあり、映画館さながらの迫力で楽しめるそうです。
これはとっても羨ましい!ちょっとしたおひとり様タイムや、子どもが寝たあと夫婦でゆっくりなど、お家で過ごす時間が楽しくなりそうです。

もうひとつのこだわりポイントは、階段をあがったところにある本棚だそう。こちらの本棚は、実は書斎への隠し扉!

扉を開けると、明るくて居心地のいいプライベート空間が登場しました。
この明るさにも秘密があって、書斎の壁には光を反射するクロスを使っているんだとか。窓から入った自然光が壁に反射し、反対側の窓を通ってリビングに光が落ちる仕組みになっているそうです。

壁紙って“汚れにくさ”とか“アクセントクロスになるもの”といった視点でばかり考えていましたが、そんな選び方もあるんだ!と新たな発見。マリモハウスの営業さんは壁紙ひとつにしても知識が豊富なので、注文住宅の提案の幅がとても広いんですね。広島の口コミで評判の理由がわかった気がします。

モデルハウスのいいところを集めた内装

「自分たちの理想がハッキリわからない…」というママも、マリモハウスなら大丈夫。こちらのオーナーさんも広島にあるマリモハウスのモデルハウスや実際の注文住宅をたくさん回って、それぞれで気に入ったポイントをマネしていったんだとか。和室の壁のオブジェも、モデルハウスを回るなかで見つけて、取り入れたそうですよ。

私はてっきり「こんなにおしゃれで遊び心たっぷりで…オーナーさんはもともとインテリアの知識があったのかな?それとも、センスがずば抜けていいのかも。私が注文住宅を建てても同じようにはならないんじゃ?」と思っていました。しかし“モデルハウスのいいとこ取り”をしていったと聞いて、私にもマネできそう!と安心です。

マリモハウスは営業さんがとにかく熱く、「どんなお家にしよう?」の悩みにもとことん付き合ってもらえるそう。じっくり理想を見つけたい方にもぴったりではないでしょうか。インテリアコーディネーターの方も打ち合わせに同席してくれるので、知識がなくてもおしゃれな家になりそうですね!
一生に一度の大きな買い物だからこそ、親身になってくれる営業さんがいてくれるのは、とても心強く感じます。

さすが、広島の口コミで評判のマリモハウス!お家も営業さんも魅力いっぱい

これまで正直、あまり和テイストに興味がなかった私も、マリモハウスの和モダンの注文住宅を見ると「いいなぁ!こんなお家がほしい」と心をわしづかみにされました。この日は銀行の相談会も同時開催されていたので、資金面の悩みをプロに相談できたところもよかったです。

さらに今回の見学会では“予約来場者にはスイーツのプレゼントがある”ということで、とても楽しみにしていた私。有名シェフ監修のケーキを自宅で食べながら「あの和モダンのお家だったら、このケーキももっとおいしく感じるんだろうなぁ」なんて見学会を思い出しました。
みなさんもマリモハウスの見学会に一度足を運べば、素敵なお家や気さくな営業さんに魅了されるはず。広島でのイベント情報はHPにも出ているので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

マリモハウス

住所

〒733-0821 広島県広島市西区庚午北2丁目16番4号

TEL

082-500-8391

0120-806-080

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜日(祝日は営業いたします)

HP

https://www.marimohouse.co.jp/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする