広島で発見!掘り出し物の中古一戸建て フルリノベーションしたらこんなに素敵になるなんて!?

この記事をシェアする

注文住宅は難しいけど、普通の建売住宅では満足できない。そんなおしゃれママの多くが今、関心を寄せているのが、中古物件に手を加えたリノベ物件です。
今回は、広島市内にありながら自然たっぷりの理想的な場所に立つ、注目の中古リノベモデルハウスを取材!リノベーションのプロが手掛けた中古戸建の本格リノベのおうち、さっそく見てみましょう。

古いのに新しい!佐伯区五月が丘に中古リノベの新モデルハウスが完成

自然豊かで生活にも便利。ウワサの中古リノベ物件を取材

今回ご紹介するのは、中古戸建物件のリノベーションブランド「おりいえ」の新しいモデルハウス。現在完成見学会を開催中で、早くも評判となっています。

こちらの記事もチェック

我々が訪れたのは、広島市佐伯区五月が丘のとある住宅街。大きな公園のすぐそばで、正面には桜並木が広がる自然豊かなロケーションです。一方で、すぐ裏には大通りやバス停があり、毎日の生活にも不自由することはなさそう。
庭には大きなザクロの木や、新たに植えられた紅葉の木も。ハンモックも置かれていて、緑あふれる郊外で、家族でのんびりおうち時間を楽しめる雰囲気です。

風情&風格たっぷり!中古リノベだから叶うエモーショナルな外観

気になる中古リノベのモデルハウスがこちら。外壁や瓦屋根など、全体的にパープルで統一されています。
最近の新築住宅は無難な白や黒、グレーなどが多い印象なので、こういう色彩のあるおうちってあまり見ないですよね。でも決して派手ではなく、周辺の緑とあいまって風情があります。
このようなちょっとレトロな雰囲気や風格が出せるのは、中古リノベならでは!

さて、クラシカルな黒塗りのドアを開け、いざおうちの中へ。

ママ想いな工夫がいっぱい!家族が過ごす1階フロア

シンプルで開放感あるLDK。壁はあえて白で統一

まずは1階フロアから拝見。LDKは、壁や天井は白で統一されていて、中古物件とは思えないほど明るい雰囲気。ちなみに室内の壁のほとんどが白いのは、「住む人が自由にアレンジできるように」という想いを込めてのことだそう。
おしゃれなファブリックパネルや好きな絵画を飾るのも、家族写真や子供の描いた絵を飾るのも、全部住む人次第。何を飾っても合うように、あえて白にしているといいます。

こちらは、リビング側から見たところ。室内はキッチンを中心にぐるっと回れるつくりで、家事もしやすいよう工夫されています。
写真の向かって左側には少し奥まったスペースがあり、便利な隠し収納がつくられていました。ここに収納があると、子供も自分でオモチャを片付けやすいですよね。
実は、そんなお片付け教育も見越してのアイディアなのだとか。

キッチン裏には独立した広々ランドリールーム

向かって左側が脱衣室、右側がランドリールーム

キッチンの裏側には、明るく広々としたランドリールームも。キッチンからすぐの場所だから、お料理と洗濯を同時進行したいときに便利!
オープンタイプの棚はアレンジ自由で、お好みのバスケットを並べるのもよさそう。上の段は洗濯物を畳む作業台としても使えますね。

ゆっくり眠れる主寝室は、枕元にまで細かな配慮が

次は主寝室。LDKとは打って変わって、暖かみのあるカラーで統一されています。枕元にはライトが左右それぞれに取りつけられているのですが、これは「自分の分だけの灯りを取れるように」との配慮からなのだとか。実生活を想像し、そんな細やかなところまで考えられているとは驚きです。
写真の左側、カーテンが掛かっている部分は、元は押入れだった空間を活かした大きな収納になっていました。衣類はもちろんスーツケースなどの大物も収納できるうえ、カーテンを開ければひと目で全体をサッと見渡せるのもいいですね。

自宅開業や在宅ワークに!主寝室横のワークスペース

主寝室のすぐ隣にあるのが、マルチに使えるワークスペース。「自宅でネイルサロンやエステサロンを開きたい、というママが使えるように」との想いから、庭からそのまま上がれるつくりにしているのだとか!
もちろん在宅ワークや持ち帰り仕事をするのにもぴったりで、仕事が済んだらそのまま寝室に直行できるよう、あえて主寝室に直通の間取りにしているそう。ここにも、実際に住む人の生活に想いを馳せた気遣いが感じられます。

中古リノベだから叶う!和のテイストも残した2階フロア

ほどよいレトロ感が◎。おしゃれな階段を上って2階へ

階段を上がって2階へ。おうちの中央にある階段と手すりは、どこかレトロで存在感があります。それもそのはず、この部分は当初からあったものをそのまま利用しているそう。こうした元々の素材を活かして独特の趣を演出できるのも、中古リノベの魅力ですね。

まるで歴史ある旅館の一室!使い勝手のいいセカンドリビング

2階で我々を出迎えてくれたのが、元々の和のテイストを大きく残したセカンドリビング。まるで老舗旅館の一室のような、落ち着きがあって寛げる空間が広がります。
お友達や親が遊びに来たときの客間としてや、子供がお友達を連れてきたときの遊び場所など、いろんな使い方ができそう!

しかも窓の外に広がるのは、庭や周囲の美しい自然。春には窓辺で桜の花を眺めながら、のんびりお酒を飲むのも素敵ですね。

アレンジ自由な明るい子供部屋も

2階には、窓から光がしっかり入る明るい子供部屋もありました。今は壁で完全に仕切らず、2つのスペースを行き来できるようになっているのですが、将来的には完全に仕切って個室を2部屋つくることもできるそう。
ちなみに、子供部屋の床は絨毯(じゅうたん)敷きになっているのですが、これは、子供が走り回っても階下に足音が響きにくいようにとの配慮からなのだとか。

中古物件のよさを活かしつつおしゃれにリノベーションしているだけでなく、おうちの至るところに細やかな気配りが見られる今回のモデルハウス。取材を終えて、「私、ここに住みたいわぁ!」と本気で思ったpikabu編集部でした。

中古戸建のリノベーションは「おりいえ」におまかせ!

中古戸建住宅×リノベーションで「予算内で理想の家づくり」を実現

今回取材したモデルハウスのブランド「おりいえ」は、広島の企業「サンクティ」が手掛けています。おりいえの家づくりに携わるのは、元ハウスメーカー支店長の田中法人さんと、日本全国を飛び回る人気建築家の居藤節子さん。
おりいえの物件は、ホームインスペクターの資格も持つ田中さんが診断と耐震強化をしっかり行っているのが特徴。そのうえで、家づくりのことを知り尽くしたお2人のセンスが光る、素敵なおうちにリノベーションされているのです。

そんなおりいえの家は、「予算内で理想の立地やデザインを実現したい」「おしゃれなリノベ住宅に住みたい」という人にまさにぴったり!

デザイン性も暮らしやすさも諦めない!細やかな気遣いがいっぱい

もうひとつおりいえの家の魅力といえるのが、その端々に見られる気遣いです。今回のモデルハウスでも分かるように、「子供が走り回れるように」「夜はゆっくり眠れるように」など、居藤さんの女性ならではの視点も生きる、細かな気配りがたくさん!
ただデザイン性に優れるだけでなく、「実際に住んでみて心地いい」「毎日の生活が楽しくなる」と評判なのもうなずけます。

こちらの記事もチェック

まずは「おりいえ」のモデルハウス見学へ!

今回ご紹介したおりいえのモデルハウス。完成見学会は完全予約制で、随時申し込みを受け付け中です。水曜日以外はいつでも見学できるので、マイホーム購入を考えているママや中古リノベに興味がある人は、ぜひ足を運んでみてくださいね。普通の住宅とはひと味違う、中古戸建リノベの新しい形に出会えるはずですよ。

◇完成見学会の申し込み
電話:0120-938-898

【おりいえ】

所在地

〒733-0823広島県広島市西区庚午南2丁目37-1 Presence BLD 205号 

電話番号

0120-938-898

営業時間

9:00~18:00 

定休日

毎週水曜日・第1、第3火曜日 

ori_ie HP

https://oriie.jp/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする