広島の牡蠣小屋10選!専門店も牡蠣小屋も

この記事をシェアする

広島は牡蠣生産量が日本一。広島牡蠣ブランドもあるほどで、旬の12月~2月頃はその美味しさを求め、牡蠣小屋には多くの人で賑わいます。中でも、殻付きの牡蠣を自分で焼いて食べる浜焼きスタイルは、家族や友人とワイワイ楽しめておすすめ!ほかにも、さまざまな牡蠣料理が味わえる牡蠣料理店も人気です。今回は、広島県内の牡蠣小屋を中心に、2022年~2023年に行っておきたいお店をピックアップしました。ぜひチェックしてくださいね♪

【牡蠣小屋】かき小屋ブームの火付け役!「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」

出典:@nonbiri_foodさん

広島牡蠣の旬に合わせてオープンする「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」。かき小屋ブームの火付け役とも言われており、毎年秋になると宇品港近くの広島みなと公園内で営業をスタートします。
セルフサービスで牡蠣をはじめ新鮮な海の幸などを網焼きするので、アツアツを味わえます♪広島牡蠣のオフシーズンである夏頃は「宇品BBQガーデン」として営業しているため、通年で食事を楽しめるお店です。

店舗名

ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店

住所

広島県広島市南区宇品海岸1丁目(広島みなと公園内)

電話番号

080-1630-8970

公式HP

https://hiroshima-oyster.com/area/

【牡蠣小屋】ミルキー鉄男の直系店!「かき小屋袋町 海平商店」

出典:@ktym0123さん

「ミルキー鉄男のかき小屋 宇品店」はちょっと遠い…という方におすすめ!直系店「かき小屋袋町 海平商店」は広島市内中心部にあるため、アクセス抜群。なにより、旬に左右されず年中いつでも美味しい広島牡蠣を食べられるのが魅力です♡
ミルキー鉄男のかき小屋と同じく豪快に食べられる“がんがん焼き”や、牡蠣がたっぷり味わえるコース料理も。カキ雑炊やカキ天ぷらといった海平商店オリジナルメニューも豊富に楽しめますよ♪

店舗名

かき小屋袋町 海平商店

住所

広島県広島市中区袋町8-11 森田ビル1F

電話番号

082-249-9219

公式HP

https://umihei.com/

【牡蠣小屋】インパクト大!バケツに牡蠣を山盛り!「草津かき小屋」

出典:@back_yellow_jackalさん

広島牡蠣の水揚げ解禁は例年10月1日。11月頃になると寒さも相まって火の近くで食べる牡蠣が一層美味しくなります。「草津かき小屋」では11~4月の期間限定で水揚げしたばかりの新鮮な牡蠣を浜焼きで食べられますよ♡
注目は“バケツ”に山盛りとなった牡蠣。一度でたくさんの牡蠣を食べられるので、家族連れには嬉しいですね♪もっとたくさん食べたい!という方には60分食べ放題もありますよ。単品メニューも充実していて、かき飯やかきみそ汁、アヒージョ、かき入りがんすなども。定食メニューもあるので、お好みで注文してくださいね♪

店舗名

草津かき小屋

住所

広島県広島市西区草津港1-13(草津漁港内)

 

電話番号

082-277-9321

公式HP

https://kusatsu-kakikoya.favy.jp/

【牡蠣小屋】炉端焼きも食べ放題も♪「かき小屋 豊丸水産 広島本通り店」

出典:@yu_onoda_yuさん

広島牡蠣を思う存分食べられるのが「かき小屋 豊丸水産 広島本通り店」。食べ放題も時期を選ばず楽しめるかき小屋です。
牡蠣などの海鮮や野菜などを目の前で焼いてもらえる“炉端焼き”は、家族で盛り上がれること間違いなし!焼き牡蠣・カキフライ・牡蠣の天ぷらといったサイドメニューや牡蠣釜飯などのメニューも充実。たくさんのメニューに悩んだら、コース料理もおすすめですよ♪

店舗名

かき小屋 豊丸水産 広島本通り店

住所

広島県広島市中区本通7-24 マンヨシビル 2F

電話番号

082-543-5861

公式HP

http://www.chimney.co.jp/eatery/detail.html?shop_code=549

【牡蠣小屋】宮島を見ながら牡蠣を堪能!「島田水産」

出典:@sayorinrinさん

「島田水産」は、創業300年以上の牡蠣養殖の老舗で、県内でも数少ない通年営業の牡蠣小屋です。島田水産の牡蠣小屋では、自社で水揚げした牡蠣が提供されるため、鮮度の高い牡蠣が安い価格で食べられると評判。焼き牡蠣は自分で焼いて食べるスタイルで、10月末から5月初め頃までは食べ放題メニューが登場します。

出典:@sayorinrinさん

店内席のほか、潮風を感じる桟橋席もあり、宮島が見える眺めの良さは随一!宮島口から徒歩10分ほどの場所にあるため、宮島観光と広島牡蠣を楽しみたい方にはおすすめです。

店舗名

島田水産

住所

広島県廿日市市宮島口西1丁目2-6

電話番号

0829-30-6356

公式HP

https://shimadasuisan.com/index.html

【牡蠣小屋】子連れでも行きやすい「かき小屋 福山港店」

福山で広島牡蠣が楽しめる牡蠣小屋といえば、「かき小屋 福山港店」。江田島産の牡蠣をたらふく味わえる食べ放題が人気です。自分で焼いて食べる浜焼きスタイルで、お店にいながらバーベキュー気分が楽しめます。
そのほか、広島の郷土料理である牡蠣の土手鍋や牡蠣グラタンなど牡蠣料理も豊富!キッズスペースもあるので子連れでも安心です。
特に週末は混雑が予想されますが、昼営業もあるので、平日のランチタイムは狙い目ですよ。

店舗名

かき小屋 福山港店

住所

広島県福山市新涯町2丁目23-3(福山港旧フェリー乗り場駐車場内)

電話番号

090-7121-9596

公式HP

http://oysterroad.jp/fukuyama/

【牡蠣小屋】かき食べ放題に、持ち帰りの詰め放題も!「かき小屋 尾道店」

出典:@nagayasudaikichiさん

東尾道駅から車で約5分の場所にある「かき小屋 尾道店」。11月中旬から翌年の3月にかけて、サイズいろいろのばらカキ食べ放題が楽しめます。殻付き牡蠣以外に有頭エビやホタテなど新鮮な海鮮も頂けますよ。
さらに、期間限定で牡蠣を持ち帰れる「ばらカキ詰め放題」も実施しています。家でも牡蠣を堪能したい方は要チェックです。
フランクフルトやポテトフライなど子供が好きなメニューがあるのも嬉しいですね♪

店舗名

かき小屋 尾道店

住所

広島県尾道市山波町298-1(広島マツダ尾道山波店斜め前)

電話番号

090-7990-5818

公式HP

https://www.kunihiro-jp.com/product/kakikoya.html

【牡蠣小屋】1年中牡蠣が味わえる!「かき小屋 龍明丸」

出典:@saki_m931012さま

「かき小屋 龍明丸」は森尾水産直営の牡蠣小屋。ここでは広島のブランド牡蠣‟かき小町”が食べられます。通常の牡蠣と比べて約1.5倍のサイズで、1年中大粒サイズが楽しめる品種なんです。
牡蠣は1Kg単位で注文でき、牡蠣めしや牡蠣フライも♪子供に人気のタコ焼きならぬ牡蠣入りの「かき丸クン」もあるのだとか。
海に面しているため、三津湾を眺めながらバーベキュースタイルで楽しめますよ。
基本の営業日は土日祝10:00~16:00ですが、公式Instagramを確認しての来店がおすすめです。

店舗名

かき小屋 龍明丸

住所

広島県東広島市安芸津町風早3245-33

電話番号

080-1925-6597

公式HP

https://www.ryuumeimaru.com/

【番外編】広島郷土料理の定番♡牡蠣も味わえる「酔心本店」

出典:@good_moon_homeさん

広島名物を食べるならここに行けば安心!の「酔心本店」。“廣島料理専門”とうたうだけあって、こだわりの広島産食材を使った釜飯や穴子料理、牡蠣料理を楽しめます。
酔心の名物のひとつ、釜飯と牡蠣がコラボした“広島産かき釜飯”は、ぜひ1度は味わいたい逸品。牡蠣コースで味わえるほか、単品でも注文できるのでお好みで選んでみてくださいね。ほかにも手仕込み牡蠣フライや焼き牡蠣四種味くらべなど、気になるメニューも盛りだくさん。牡蠣の味くらべはシェアするのにもおすすめです♪

店舗名

酔心本店

住所

広島県広島市中区立町6-7

電話番号

082-247-4411

公式HP

http://www.suishin.or.jp/honten/

【番外編】船上で格別の味を♪牡蠣を中心に瀬戸内の食材が楽しめる「かき船 かなわ」

出典:@mim_3_さん

川辺に留めた船上で牡蠣料理を食べられる「かき船 かなわ」。船内に足を踏み入れるときからワクワクが止まりません♪2つにわかれたフロアで趣が異なり、1Fが「瀬戸(せと)」、2Fが「和久(わきゅう)」となっています。
牡蠣そのものの味わいを楽しみたい人は、ぜひ生牡蠣を♡広島のブランド牡蠣“かき小町”なども味わえますよ。少しずつたくさん食べたい人には、かきづくしのランチ、コースなどもおすすめ。幼児向け・小学生向けのプレートや御膳もあるので、家族で船上ランチすると盛り上がりそうです♪

広島牡蠣を思う存分味わっちゃおう♪

広島県内で牡蠣が食べられるお店を、牡蠣小屋中心にご紹介しました。牡蠣の旬は秋から春先にかけてですが、お店によっては1年中味わえるところも。牡蠣小屋では自分で焼いたり、海が見えたりと、普段の外食とは違う楽しみがあります♪たくさんは食べきれない、という方は、牡蠣料理が味わえるお店も参考にしてくださいね。広島名物でもある牡蠣を存分に味わってください♪

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする