妊娠したら分からないことばかり!妊婦向けの教室に足を運ぶ日々

妊娠が分かり、つわりが落ち着いた安定期。初めてのお産を控えた私は、出産について漠然とした不安を抱えていました。そこで妊婦を対象とした教室に足を運び、出産に関する知識を得ようとしたのです。今回は妊婦向けの教室に通った日々についてご紹介したいと思います。

初めての妊娠は不安だらけ…それならば母親学級に行ってみよう!

第1子を妊娠した私は、嬉しい気持ちよりも漠然とした不安を多く抱えていたように思います。妊娠も出産も初めてのことです。「何が分からないのかも分からない」という状態で、1人で焦っていたように思います。辛いつわりの時期が終わると、妊婦向けの雑誌を読んでみたり、インターネットでそれとなく出産に関する記事を読んでみたりするようになりました。けれど、不安は大きくなるばかり。自分で調べていく中で、疑問点が湧き上がってきたときに、誰にも不安を共有することができずに悶々としていました。そんな私にも転機が訪れます。「妊婦を対象としたさまざまな教室がある」ということを知ったのです。当時フルタイムで仕事をしていた私ですが、「仕事に支障の出ない範囲で、可能な限りこの教室に足を運ぼう!」と決心しました。

お産のことから食事のことまで!産院で開講していた妊婦向けの教室

さまざまな教室が開講されている!

まず初めに参加をしたのは、妊婦健診で通っていた産婦人科で開催されているものでした。私は広島市中区にある正岡病院に通院していたのですが、そこでは妊娠中の母親を対象としたさまざまな教室が開催されています。例えば入院準備のことや産前産後の乳房管理についてなどが学べる「マタニティ教室」や、妊娠中の食事に関する「妊婦栄養教室」など。

正岡病院で取り入れているお産の方法である「ソフロロジー法」について学ぶ、「ソフロロジー教室」というものもありました。これらの教室は事前に予約をする必要があるものがほとんどで、人気の講座は募集開始後すぐに定員に達していたようです。

 

美味しくてタメになる!妊婦栄養教室

食いしん坊の私が1番に参加したのが「妊婦栄養教室」でした。妊娠中にどのような栄養素が特に必要になるのかを学び、試食ができるという内容です。妊娠すると血液の量が増えることから貧血になりやすいこと、カルシウムが必要になることなど栄養士が説明します。また、たんぱく質や炭水化物、ビタミンなど、バランスよく摂取する必要性も学びました。その上で、それらの栄養素が取れる料理のレシピが紹介された後は、お待ちかねの試食タイムです!お吸い物やご飯、デザートの他に、9品のおかずが1人ずつ配膳され、試食というよりも立派なランチをいただいたという印象。美味しくてタメになり、大満足の時間を過ごせました。

 

ソフロロジーとはなんぞや!?ソフロロジー教室を受講

私は里帰り出産を予定していましたが、転院先の産院でもソフロロジー法を取り入れていることを知り、正岡病院で開催されていた「ソフロロジー教室」にも参加しました。当日はパンツスタイルの動きやすい格好で臨みます。ラマーズ法の「ひっひっふー」とは違う、ソフロロジー呼吸法を学ぶ他、赤ちゃんが旋回しながら産道を通り産まれること、リラックスしてお産に臨む大切さを学びました。ヨガマットの上で、実際にソフロロジー呼吸法を練習し、出産当日のイメージを掴むことができたのが良かったです。

トコちゃんベルトが買いたい!トコちゃんの骨盤ケア教室

次に私が受けたのは「トコちゃんの骨盤ケア教室」です。これはトコちゃんベルトを販売している「青葉」という会社のHPで存在を知りました。トコちゃんベルトに興味があるものの、自分に合ったサイズが分からない人や、骨盤ケアについて学びたい人向けの教室です。広島でも定期的に開催されており、私は南区民センターで開催された教室に参加しました。助産師でもある講師から骨盤ケアの重要性やその方法、トコちゃんベルトの使い方を教えてもらいます。各自姿勢をチェックしてもらい、骨盤を整える体操も教えてもらいました。ベルトを購入することができ、自分に合ったサイズについてアドバイスをもらえたことも良かったです。

受けられなくて残念!夫婦同伴が必須の教室や父親学級

私の場合、本当は受けてみたかったけれど受講ができなかった教室もあります。例えば、広島市が開催している「パパとママの育児教室」です。広島市に在住している第1子を妊娠中の夫婦が参加の対象の教室で、健康科学館で開催されています。第1子妊娠中、私は広島、夫は関東と離れて暮らしていたため、夫婦で揃って参加しなければならない教室には参加できませんでした。また、赤ちゃん用品を取り扱うお店などでは「父親学級」を開催しているもの。お腹が大きくなった妊婦さんの大変さを学べる「妊婦体験ジャケット」は、夫にも一度着用してもらいたかったです。

妊婦向けの教室に通えば不安や疑問が小さくなる!

妊娠中のこと、出産のこと、さらには産後のことなど、心配や不安がつきものの妊娠生活。そんな中、妊婦向けの教室に通うことで、抱えている不安や疑問を小さくすることができました。広島市が開催している教室をはじめ、さまざまな場が設けられています。これを読んでいるあなたも、妊婦向けの教室に足を運んでみませんか?

担当ライター