検査薬で初めての陽性反応に喜んだのもつかの間…あきらめずに妊娠につなげたエピソード

妊娠検査薬の判定を待つ瞬間ってとてもドキドキしますよね。初めて陽性反応がでた日のことは忘れられません。陽性反応がでたものの妊娠につながらなかったときの心境、あきらめず翌月に妊娠につなげた経緯など、検査薬にまつわる私のエピソードをご紹介します。

もしかしたら…と使った検査薬で妊娠反応!

私は広島在住の1児のママライターです。夫とは12年の交際を経て結婚し、38歳で結婚。ふたりの時間はたっぷり過ごしたし、できれば40歳までに子どもが欲しい…と漠然と思っていました。ただし、結婚前に夫が放射線治療を受けていたことと自分の年齢のこともあり、子どもは難しいかもしれないという不安もありました。

結婚して数ヶ月経ったころ、生理予定日あたりに何となく検査薬を試したくなって購入したのを覚えています。何の反応もないのに、何時間もしつこく待ってみた記憶があります(笑)。

結婚して半年が経ったころ、「今回は何か違う!」と感じて検査薬を使ったところ、何とすぐにくっきり陽性反応が!!思わず床にひざまずいて嬉しさと驚きで涙があふれてきました。

検査薬の陽性反応が日に日に消えていく

生理予定日から数日経ったころ、居ても立っても居られなくて近所の産婦人科を訪れました。ドキドキしながら診察台にあがると、エコーを見ながら先生が「何も映っていませんね…また数日後に来てください」のひと言。「まだ早すぎたのかな…」と思いながらも不安に襲われ、それから数日間は、毎日検査薬で陽性反応を確認し、ネットで妊娠についていろいろと検索する日々が続きました。

生理予定日から1週間が過ぎたころ、わずかな出血があったもののあきらめきれずに仕事が終わってすぐ近くの産婦人科を訪れました。人気がある産婦人科で2時間以上待って診察を受けたものの、エコーには何も映っていない状況。そのとき先生から何を言われたのかはよく覚えていません。その日のうちに生理が始まり、それでも、妊娠しても出血することがある?というネットの情報におどらされてしつこく検査薬を試していましたが、日に日に反応が薄くなっていき呆然としていました。

初めて検査薬で陽性反応がでてあんなに喜んだのになぜ…虚無感でいっぱいに。気がつけば残ったのは使用済みの検査薬だらけでした。

友人からのメールが後押しに。排卵検査薬で妊活開始!

生理が始まって数日が経ったころ、世間はGWでしたがあまり楽しむ気力もなく、犬の散歩をしながらベンチに座ってぼんやりと外の景色を見ながら過ごしていました。

そのとき、友人から妊娠報告のメールが届きます。彼女は大学の同級生で数年の不妊治療を頑張っていたことも知っていたので、嬉しい反面、うらやましくてたまらない気持ちになりました。

「一度は陽性反応がでたし、まだあきらめるわけにはいかない!」と気持ちを奮い立たせ、きちんと妊活をしようと決意しました。まずは排卵検査薬でタイミング法にチャレンジしようと思いましたが、日本製の検査薬は何度も試してしまう私にとっては高い!ので、ネットで海外製の検査薬を検索。私が購入したのは、排卵検査薬と妊娠検査薬がそれぞれ20本以上入っているのに1,000円代と格安なものでした。リトマス紙のような小さいものなので大丈夫かな?と思いましたが一応きちんと反応してくれました(笑)。

妊娠についてネットで検索していたときに、胎児の成長には葉酸という成分が必要だという記事があったので、葉酸サプリの定期購入も申し込み、いざ妊活開始!

執念で翌月に妊娠反応が!エコーに映る我が子に愛しさ倍増

妊活すると決めてからは、「子どもが欲しい」と強く願うのではなく、「絶対子どもを産んで育てる!」と毎日自分に言い聞かせていました。

海外製の安い排卵検査薬は少し不安でしたが、排卵日近くになるときちんとだんだん反応が濃くなり、気軽に使えるので便利でした。

そのころ、妊娠にまつわる不思議な夢を何度も見るのです。全く知らない人が「妊娠しているよ」と言ってきたり、また別の人がエコーの写真を持ってきて「忘れ物だよ」と言ってきたり、「願望が現れているのかな…」と感じていました。ときには巨大な満月が登場する夢も。夢占いでは、大きい満月の夢は、女性なら結婚や妊娠を表すようです。

そしてなんと、排卵検査薬でタイミング法を試して初めての生理予定日に、妊娠検査薬ではっきりと陽性反応がでたのです!夫はあっさりとした感じで喜んでいましたが、私は先月のことがあるので手放しで喜んではいられません。また毎日のように検査薬で陽性反応を確認し、ほっと胸をなでおろす日々が続き、数日後に近所の産婦人科を訪れました。

期待と不安でいっぱいになりながら診察してもらうと、エコーの画像には1㎝ほどの胎のうに包まれた1mmほどの我が子の姿が!!2度目の陽性反応でやっとここまでたどり着いたこともあり、どう表現していいかわからないほど胸がいっぱいになりました。

夫に報告したら、なんとその後すぐに義父に連絡していたのです!1回目の陽性反応のときも2回目の陽性反応のときも夫の反応はあまり思い出せないぐらい感情的なものではなかったのですが、実はとても心待ちにしていて喜んでいたのかなと感じました。

妊娠は奇跡の連続

妊娠にいたるまでの受精も着床もすべて奇跡の連続で起こるものです。検査薬は奇跡を起こし奇跡を目の当りにするツールとしてとても役に立つものだと感じました。妊娠するまでの間、何本もの検査薬を使い、結果に一喜一憂する日々が続きましたが、諦めなくて良かったなと思います。

担当ライター