グリーンコープのチョコレートでpikabu編集部が超簡単バレンタインレシピに挑戦!

この記事をシェアする

バレンタインは、子供と一緒にお料理を楽しむのにぴったりの機会♪今年のバレンタインは、手軽で美味しいチョコレート料理に挑戦してみませんか?余計なものが入っておらず、上質な素材で作られたグリーンコープの食材を使えば、本格派の味がおうちでも出せるんです♪pikabu編集部もひと足早く作ってみたのですが、これが驚くほど美味♡ぜひ試してほしいバレンタインレシピ、詳しくご紹介しますね!

グリーンコープの食材を使えば、ワンランク上のチョコレート料理が簡単に作れちゃう♡

今回目指すのはズバリ、“ワンランク上のバレンタイン料理”。そこでpikabu編集部が選んだのが、配送サービスでお馴染み「グリーンコープひろしま」の商品です。

グリーンコープが扱う食品は不要な食品添加物を使っていないうえ、厳選した素材で作られているものが多いのが特徴。そのため、必要以上に手をかけなくても安っぽくない、ワンランク上のお菓子作りが叶うんです!
もちろんこれは、お菓子に限ったことではありません。「グリーンコープ商品は安全面に配慮されてる」と分かっているから、子供に安心して食べさせられるのも魅力♪

こちらの記事もチェック

グリーンコープ食材で作る♪簡単&美味しいチョコレート料理に挑戦!

さて、そんなグリーンコープ商品を使って今回チャレンジしたのが、バレンタインレシピの定番ともいえる“生チョコ”と、おやつにもぴったりの“チョコレートパイ”です。それぞれのレシピをさっそく見ていきましょう!

混ぜて固めるだけでこのクオリティ!とろける”生チョコ”

まずは、溶かして混ぜて固めるだけ!小さいお子さんともチャレンジしやすい生チョコから。

〈材料(約40個分)〉

・生クリーム 200ミリリットル
・チョコレート 400グラム
・ココアパウダー 適量

主役のチョコレートは、グリーンコープで注文できる「板チョコ クーベルチュールオーレ」という商品を使用。国産ミルクを使用したミルクチョコレートで、高級感があってマイルドな味わいは、グリーンコープ利用者の間でも「おすすめ!」と評判だそうですよ☆
生クリームも、もちろんグリーンコープ商品。国産生乳100%で作られていて、植物油脂や添加物を一切使っていない、生乳の香りが際立つ本格派の生クリームです。

1.まずは板チョコを細かく刻みます。
その間に生クリームを鍋に入れて火にかけ、沸騰する手前まで温めます。

2.生クリームが温まったら火を止め、刻んだチョコレートを投入。一気に入れると混ぜにくい場合もあるので、何度かに分けて入れるのがおすすめです。

チョコレートが全部溶けたらこんな感じ。チョコレートがなかなか溶けきらない場合は、鍋ごと湯せんにかけて溶かしましょう。

3.バットにクッキングシートかラップを敷き、2を流し入れます。表面を平らに整えたら、冷蔵庫に入れて1時間ほど冷やし固めます。

固まったらバットから取り出し、あとは型抜きをしてココアパウダーをまぶしたら完成です。※今回は型抜きがしづらかったため、先にココアパウダーをまぶしました。もちろん型抜きをせず、包丁で四角くカットするだけでもOK!

さっそく食べてみたのですが、チョコレートの深い味わいと生クリームの風味が絶妙にマッチ!しかもとっても濃厚です♪いい素材を使うと、こんなに上質な味に仕上がるのか…と思わず感動

お好みで、丸めてチョコレートトリュフにするのも◎。

パイ生地使用で楽チン♪サクサクの”チョコレートパイ”

続いて挑戦したバレンタインレシピは、形もかわいいチョコレートパイ♡

〈材料〉

・パイシート 100グラム
・チョコレート 100グラム
・バター 20グラム
・小麦粉 適量
・グラニュー糖 適量
・卵黄 1個分
・水 小さじ1

※今回は75gのパイシート4枚を使用。

使用したのは、グリーンコープで販売されている「冷凍パイシート」。チョコレートは、生チョコと同じくクーベルチュールオーレを使用しました。そのほか、たまごや小麦粉もグリーンコープ商品を使用♪

1.まずはチョコレートを細かく割り、バターと一緒に湯せんにかけて溶かします。冷凍パイシートは事前に冷蔵庫に入れ、解凍しておきましょう。

2.まな板の上にグラニュー糖を広げ、その上にパイシート置いて、小麦粉を少量まぶします。

3.2の上に、溶かしたチョコレートを広げます。チョコレートは溶けて広がるので、端のほうは塗らずに残しておくのが◎。

4.チョコレートを塗ったら、パイシートを両端から中央に向かってくるくると巻いていきます。

5.しっかり巻いたらラップに包み、冷蔵庫で30分ほど寝かせましょう。

6.冷蔵庫から取り出したら、1.5センチ幅にカットし、天板に並べます。卵黄を水小さじ1で溶いて表面に塗ると、焼き上がりにツヤが出ますよ♪

7.あとは、200℃に予熱したオーブンで10~20分ほど焼けばできあがり♪

食べてみると、表面はサックサク!チョコレートも、焼くことでまた違った味わいが楽しめます♪グリーンコープのパイシートはバターの風味が感じられ、味も本格的。何より、パイ生地を作る面倒な工程がいらないから、気軽に挑戦できるのもいいですね。

どちらのメニューも素材の味が引き立つ、また作りたくなる仕上がりでした!

ほかにもいろいろ♪お菓子作りにおすすめのグリーンコープ商品をピックアップ

今回メインで使った素材以外にも、バレンタインのお菓子作りにおすすめのグリーンコープ商品はまだまだあります。中でも、ぜひ押さえておきたいものをいくつかご紹介しますね☆

お菓子の深みが断然変わる!グリーンコープの”産直たまご”

まずは、グリーンコープから出ている「産直たまご」。今回はパイに塗っただけでしたが、それだけではもったいない商品です。
グリーンコープの産直たまごは、母鶏の飼料や飼育環境まで徹底し、生産されているのが特徴。健康な母鶏が産むたまごは、美味しさ◎。スポンジ生地やクッキーなど、たまごの風味を楽しめる料理に使うのがおすすめです。

生クリームの代用にも♪グリーンコープの”産直びん牛乳“

グリーンコープといえば「産直びん牛乳」も有名です。こちらも、先ほどのたまごの母鶏同様、母牛の育て方から力が入れられています。びん容器で届く牛乳は、牛乳本来の風味をしっかり感じられるのに特有の生臭さがなく、牛乳嫌いの子でも飲めると評判♪
ミルクプリンやババロアなどの材料としてはもちろん、牛乳を生クリーム代わりに使って、上でご紹介した生チョコを作ることもできますよ。

優しい甘さとコクが絶妙♪ミネラルたっぷり”きびさとう”

お菓子作りに欠かせない砂糖も、グリーンコープ商品がおすすめです♪グリーンコープの「奄美きびさとう」は、奄美諸島産のさとうきびを使用していてミネラルたっぷり。自然な甘さとコクのある味わいで、お菓子を上品な味に仕上げてくれ、チョコレートパイで使用したグラニュー糖の代わりでも使用できます。
もちろんお菓子に限らず、煮物やソースなど日頃のお料理に使うのも◎。上白糖とはひと味違う、優しい味に仕上がりますよ。

こちらの記事もチェック

申し込みはWEBからOK!お得な無料サンプルもあり♪

ここまでご紹介してきたグリーンコープ商品を注文するには、グリーンコープへの加入が必要。申し込みは電話やWEBから手軽に行えます。牛乳・たまご・ウィンナーの中から好きなものを選べる無料サンプルもあり♪グリーンコープにまだ加入していない人は、ぜひ試してみてくださいね。

無料サンプル・資料請求はこちら

グリーンコープ食材で美味しいバレンタインチョコを作ろう♪

安心安全で味も◎のグリーンコープ商品は、バレンタインチョコの材料にもぴったり!「今年のバレンタインは、子供にお菓子作りを体験させてみようかな」と考えている人は、ぜひこれを機に、グリーンコープの利用も検討してみてくださいね。グリーンコープ食材を使えば、お菓子だけでなく毎日のお料理も、「あれ、なんだかいつもより美味しい!」と家族に言ってもらえるはずですよ♪

グリーンコープひろしま(広島本部)

住所

〒731-5115 広島県広島市佐伯区八幡東4丁目41-12

TEL

082-927-1503

HP

http://www.greencoop-hiroshima.or.jp/

そのほかグリーンコープひろしまの記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする