夏休みは子連れ穴場スポット 「ボートレース宮島」へ!涼しく観戦&キッズエリア充実

この記事をシェアする

夏休み、どこへ遊びに行こうか…と悩んでいるママ注目!実はpikabuおすすめのお出かけスポットがあるんです♡それが…「ボートレース宮島」!
え?「ボートレース場なんて大人の男性の行くところでは…?」ですって?それは大間違い!実は、ボートレース宮島って、家族で1日満喫できる穴場スポットなんです♪今回は、ボートレース宮島の魅力を徹底解剖!これを読んだママ、この夏のお出かけ場所は決まり!です☆

ボートレース宮島がおすすめの理由って?

まずは、なぜ家族のお出かけにボートレース宮島がおすすめなのか?その理由をご紹介していきましょう♪

理由その①:アクセス良好!暑い中移動しなくて済む!

猛暑日が続く毎日、炎天下の中を歩くのは大変。特に子供連れだと、荷物は多いし、子供が熱中症にならないか心配だし…。夏の子連れのお出かけは、できるだけ移動を少なくしたい!というのがママの本音。
ボートレース宮島は、広電宮島口駅を降りてすぐの場所にある好立地!JR宮島口駅からも徒歩3分のところにあります。しかも、海沿いにあるため、心地いい潮風が吹いてくるので、移動が苦になりません。

高速道路廿日市ICからは約5分と、車でのアクセスも良好。専用駐車場は、屋根のある立体駐車場なので、駐車中に車内の温度が上がり、クーラーが効くまで灼熱地獄…なんてこともありません。
専用駐車場は、舟券を1,000円分購入すれば1日無料になるので、「長時間車を停めて、駐車料金はいったいいくらになるんだろう…」という心配も無用です♪

理由その②:施設がリニューアル!子供用の設備も充実

ボートレース宮島は、館内を大幅リニューアル!広くて開放的な空間へと変身。1階には、キッズ用エリア「わんぱくルーム」を設置。広々としたテーブルスペースもあるので、パパやママも一休みできますよ♡他にもおむつ替えスペースや授乳室も完備。子供用の設備が充実しています。

写真は3階にある一般席エリア。迫力満点のレースを、涼しい館内で観戦できます♪ドリンクホルダー付きのサイドテーブルがあるので、とっても便利ですよね。

理由その③:レストランでレース場グルメを満喫できる!

お出かけ先でママの頭を悩ませる問題のひとつが、「子供に何を食べさせるか」ということ。外出したはいいものの、出先に子供が食べられるようなメニューがなかった…という経験をしたことがある、というママも多いはず。
でも、ボートレース宮島なら安心。なんと館内には8店舗ものレストランがあるんです!うどんやラーメン、オムライスなど、子供が大好きなメニューが勢ぞろいですよ。

食べ物は、レストラン内で食べられるほか、観戦しながら楽しむのもOK。1階にある、海に面したテーブル席に座って、ピクニック気分で食事とレースを満喫するのもおすすめですよ。

※写真はイメージです

ご飯を食べたら、デザートも欠かせません。暑い夏にぴったりの、ソフトクリームなどひんやりスイーツも楽しめますよ♡

子供&初心者も楽しめる!ボートレースの魅力って?

実は、ボートレースって、子供も楽しめる要素が盛りだくさん!ここでは、ボートレース観戦の魅力をたっぷりとご紹介しましょう♡

ルールがとっても簡単で子供でも楽しめる!

ボートレースのルールは、とっても単純明快♪6艇のボートが、1周600mのコースを3周して、1位を競います。しかも、1レースの所要時間は、およそ2分。スピード感満載で、子供たちが飽きる暇はありません。コンマ1秒を争う世界はとってもし烈で迫力満点!子供たちはもちろん、パパやママも手に汗握ってしまうこと間違いなしです☆

まるで水上のヒーロー!レーサーのかっこいい姿に子供たち釘付け☆

レースの主役、レーサーにも注目してみてください!レーサーのボートの色とユニフォームは1号艇から6号艇まで色分けされているので、わかりやすくとってもカラフル♪途中で「あれ?私たちが応援していたのはどのレーサーだっけ…?」なんて、見失ってしまうこともありません。
子供たちも、「カープの赤応援する!」「僕は黄色!」と、自分の好きな色を応援できるので、盛り上がること間違いなし。
しかも、目の前を猛スピードで走るボートが見られるのですから、乗り物好きの子供たちは、きっと大興奮♡
もちろん、パパやママも、鳴り響くモーター音に、胸が高鳴ってしまいますよ♡

初心者はYouTubeチャンネルのライブ中継がおすすめ♡

「なるほど、ボートレースって面白そう!実際にレース場に行く前に、予習をしておきたいな」と思ったママは、公式のYouTubeチャンネル、「ボートレース宮島チャンネル」でネット観戦するのがおすすめ♪
実況・解説がついているので、初心者でもわかりやすく、楽しくレース観戦することができます。
アップの画像やレースのリプレイなどもあるので、観戦しながら細かいルールを覚えることができるでしょう。
他にも選手のデータやレース前の選手間の駆け引きも見ることができるので、レースがますます面白くなること間違いなしですよ♡

ボートレース宮島公式YouTubeチャンネルはコチラ

8/19(木)~24(火)G3マンスリーBOATRACE杯争奪宮島プリンセスカップ開催!

出場選手44名が全員女性!「宮島プリンセスカップ」

さて、ここまで読んで「レース場に行きたい熱」が高まって、うずうずしているママに朗報!実は、8月19日(木)~24日(火)にかけて、「宮島プリンセスカップ」が開催されます。
「宮島プリンセスカップ」とは、タイトル通り、女子レーサーが、頂上目指して戦う注目のレースです。
実は、ボートレースって男性と女性が同じルールで戦うことができるスポーツ。そのため、男性に負けず劣らず、女子レーサーも数多く在籍しているんです。
レースに出場する44名がすべて女性のみ、というレースが組めるのは、女子レーサーが多いボートレースならでは!なんですよ。
水上でパワフルにボートを操作する雄姿に、子供たちは憧れのまなざしを向けるはず…!

出場予定レーサー一覧はコチラ

pikabuイチオシ「海野ゆかり選手」に注目!

今回の「宮島プリンセスカップ」、pikabuが注目しているのが、広島出身の海野ゆかり選手!これまでの優勝回数は、通算59回!全レーサーの目標、一番グレードの高い「SG」レースには、すべて出場経験があります。
中でも、ファン投票で選ばれる「SGボートレースオールスター(笹川賞)」には、過去14回出場と、まさに、人気と実力を兼ね備えた選手なんです。

さらに、海野選手の魅力は、その端正な顔立ちとスタイル♡なんと、「水上のタカラジェンヌ」とも呼ばれており、男性はもちろん、女性人気も圧倒的に高いのだとか♡
女子レーサーなら一度は獲得したい、といわれるタイトル「レディースチャンピオン」を過去2度制覇、今回の宮島プリンセスカップ優勝の、最有力候補です。
ちなみに、海野選手のヘルメットには、「どんなことでも信じれば実現できる(Whatever the mind of man can conceive and believe,it can achieve.)」の文字が刻まれているそう。
子供たちに教えてあげたい、素晴らしい言葉だと思いませんか…?

この夏のお出かけは、ボートレース宮島で決まり!

8/28(土)にはBOATRACE宮島スポンサードゲーム 「広島東洋カープvs阪神タイガース」公式戦開催、来年5月にはボートレース宮島では初めての「SGボートレースオールスター」が開催されるなど、これからますます注目の的になりそうなボートレース宮島。今のうちに楽しみ方をマスターしておけば、周りのみんなに自慢できること間違いなしですよ♡この夏のお出かけは、家族みんなが楽しめる、ボートレース宮島で決まり!です。

<基本情報>

住所

広島県廿日市市宮島口1-15-60

電話番号

0829-56-1122

営業時間

10時頃~17時頃

入場料

大人100円 子供無料

(ただし、未成年者は舟券の購入はできません)

公式HP

https://www.boatrace-miyajima.com/index_top.html

公式Instagram

@boatrace_miyajima

公式Twitter

@ボートレース宮島【公式】

公式Facebook

@boatrace.miyajima.jp

公式LINE

@ボートレース宮島

関連記事はこちら▼

過去にはこちらのイベントも♪

そのほかボートレース宮島の記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする