ミストシャワーにひまわり畑、そば打ち体験も♪ 夏の思い出作りは備北丘陵公園「備北夏まつり」で決まり!

この記事をシェアする

せっかくの夏休み、子どもを連れてどこか近場にお出掛けを…とお考えのみなさん!庄原の「備北丘陵公園」で開催されている「備北夏まつり」はもうチェックしましたか?
備北夏まつりでは、自然いっぱいの広々とした環境で遊べるだけでなく、水遊びや手作り体験など楽しいイベントが盛りだくさん!その様子を取材してきたので、詳しくご紹介しますね♪

【7/17~8/29開催】備北丘陵公園「備北夏まつり」を子連れで満喫♡

広島ファミリーの定番お出掛けスポット「備北丘陵公園」

「国営備北丘陵公園」は、広島県庄原市にある大規模な公園。広島市内から車で1時間半ほどなので、家族で行ったことのあるママも多いはず。
園内には大型アスレチックや芝生のゲレンデなど、アクティビティがたくさん!食事ができる場所や休憩場所も多数あるので、小さい子どもがいても安心して園内を回れます♪

2021年「備北夏まつり」の概要をチェック!

そんな備北丘陵公園で毎年開催されているのが、今回取材した「備北夏まつり」です!

【2021備北夏まつり】

期間

2021年7月17日(土)~8月29日(日) ※7月19日は休園日

開園時間

9:30~18:00(入園は17:00まで)

入園料

子ども(中学生以下)無料、大人450円、シルバー(65歳以上)210円

期間中は、水遊びができるスポットやいろんな体験コーナーなど、夏ならではのイベントが目白押し♪実際の様子をご紹介していきますね。

備北夏祭りはこちら!

ミストシャワーにホラー体験♪「備北夏まつり」で夏を楽しむ!

子どもも大はしゃぎ♡ミストやビックリシャワーで水遊び!

備北丘陵公園の中入口から入ってすぐ、「中の広場」で我々をまず出迎えてくれたのが「ミストシャワー」のコーナー!中央に置かれた“ショウバラクジラ”からは、30分ごとに噴水も吹き出します。
ちなみに、取材に行ったのは平日の午前中だったので、まだ人影はまばらでしたが、後日筆者が子どもと行ったときは、冷たいミストを全身に浴びたり、日光の加減で現れる虹を探したり…と、たくさんの子どもたちがここで遊んでいましたよ☆

園内ではもう一ヶ所、大芝生広場にある「ビックリシャワー」でも水遊びが楽しめます。こちらでは、水着に着替えて本格的にびしょ濡れになって遊ぶのも◎。

ビックリシャワーのすぐ横には屋根つきの休憩場所があり、日陰から見守るのにぴったり。
更衣室はないので、近くにポップアップテントを立てておくと、着替えも休憩もできて便利ですよ♪

ちょっぴり涼しくなる?!ホラー系探索ゲーム「消えた博士とゾンビ研究所」

水遊びのあとは、夏ならではのちょっぴり背筋が凍る体験を☆
ひばの里「さとやま展示館」で開催されている「消えた博士とゾンビ研究所」は、ホラー系の探索ゲーム。
懐中電灯を片手に暗い研究所の中を探検し、“ゾンビを人間に戻すワクチン”を探します。研究所内には恐ろしいゾンビの姿も?!
冒険心を掻き立てられる新感覚のゲームは、ミッションクリアできれば子どもの自信にもつながるかも♪

【消えた博士とゾンビ研究所】

開催日

2021年8月7日(土)~15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)

時間

10:00~17:00 ※受付は16:00まで

料金

600円/セット券1,500円 ※未就学児無料

「ひばの里」で楽しめる、夏ならではの特別な体験♪

昔ながらの日本の夏を体感♪「ひばの里」

続いて向かったのが、中の広場のすぐ横にある「ひばの里」。

備北地方の代表的な豪農の家を再現した「さとやま屋敷」は、自由に中を見学できます。室内では、滅多にお目にかかれない“蚊帳(かや)”の中に入れる「蚊帳体験」も行われていましたよ。

さとやま屋敷にはわらび餅や梅ジュース、しそジュースなど、昔ながらの夏の甘味や飲み物の販売コーナーもあり。

今回は梅ジュースをいただくことに。サッパリした梅ジュースは暑い夏にぴったり!一気に生き返りました♡

親子で熱中♪竹の遊具づくり体験

さとやま屋敷のすぐ横で行われていたのが、「竹の遊具づくり」体験。竹の水鉄砲と竹とんぼのいずれかを、自分で作ることができるんです♪
スタッフさんからは作り方の説明があり、制作途中も丁寧にサポートしてくれますよ。

刃物を使う工程もありますが、親が一緒なら小学生くらいの子でも問題ないとのこと。
最近は鉛筆をナイフで削ることもないし、子どももいい経験になりそうです☆

おもちゃが完成したら、横の広場でそのまま遊んでもOK!
竹の遊具づくりは1日の定員が20名で午前中に締め切られてしまうことも多いようなので、やりたいなら早めの時間がおすすめです☆

【竹の遊具づくり】

開催日

2021年8月7日(土)~15日(日)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)

時間

9:30~17:00 ※受付は16:00まで

料金

300円/個

お昼ごはんやおやつに♡本格的なそば打ち体験も!

次は、同じくひばの里にある「上の農家」に移動。こちらでは、本格的な「手打ちそばづくり」が体験できるんです!

スタッフさんの指導のもと、さっそく粉をこねていきます。使用しているのは地元庄原産のそば粉だそう♪

憧れの、麵をカットする工程にも挑戦!誰がいちばん切るのが上手か、家族で競うのも面白いかも♪

手打ちしたそばは、今では珍しい本格的なかまどで茹でられます。

完成したそばがこちら♡
雰囲気のよい日本庭園を眺めながら、のんびり食べる自作のそばは最高でした!
しかも5人前で1,800円と普通のおそば屋さんよりお手頃。軽い昼食やおやつにおすすめです♪こちらも1日5組限定なのでお早めに。

【手打ちそばづくり】

開催日

2021年8月21日、22日(日)、28日(土)、29日(日)

※上記日程を除く平日は、3 営業日前までの事前予約にて受付可能

平日の事前予約はこちらから

時間

9:30~17:00 ※受付は16:00まで

料金

5人前1,800円/7人前2,500円

まだある!日替わりで面白イベントが目白押し!

ひばの里ではこのほかにも、楽しい催しがいろいろ!

・夏のお菓子づくり
・やまのおみやげや木工教室
・備庄焼陶芸教室
・苔テラリウムづくり
・ミニ機織り
・苔玉づくり

などなど、子どもと一緒に挑戦できる体験イベントが日替わりで行われています♪
ただし、1日の定員が決まっているイベントが多く人気のものはすぐに埋まってしまうので、事前に調べて計画を立てておくといいですよ。

イベントの詳細はこちらをチェック

夏全開♡タイタンビカスとひまわり畑も待っている!

気分は南国♡色鮮やかな”タイタンビカス“

せっかく備北丘陵公園に行くなら、夏を感じられるお花も楽しみましょう♪
「みのりの里 ピクニック広場」付近で見られるのは、約2,000株の“タイタンビカス”です。
見た目はハイビスカスに似ていますが、日本で開発された新種の植物なんだとか!

鮮やかなピンクのほかにも、赤や白など、色とりどりのタイタンビカスが咲き誇ります。
取材時にはまだあまり咲いていなかったのですが、9月中旬まで開花が続くそう。一緒に写真を撮れば、夏の思い出の1枚になりますね♡

太陽がいっぱい♪ひまわり畑にうっとり

ピクニック広場では美しいひまわり畑が見られます。こちらは8月上旬~中旬が見頃。
ひまわりが元気いっぱいに咲き誇る光景は、さながら映画のワンシーンのよう。子どもの心にも残るに違いありません♪

備北夏まつりではこのほかにも、「カブトムシドーム」「カナディアンカヌー」など人気イベントがたくさん!一度といわず、夏休み中何度も通うのもアリですよ。

夏休みは備北丘陵公園で丸1日楽しもう♪

大きなアスレチックで遊んだり、水遊びをしたり、はたまたいろんな手作り体験をしたり…。備北丘陵公園の備北夏まつりに行けば、1日中楽しめて、夏のいい思い出になること間違いなし!子連れでの夏のお出掛けどこ行こう?と悩んだら、ぜひ備北丘陵公園に足を運んでみてくださいね♪

【国営備北丘陵公園】

所在地

広島県庄原市三日市町4-10

電話番号

0824-72-7000(備北公園管理センター)

定休日

月曜日(月曜が祝日の場合は火曜日)、年末年始(12月31日~1月1日)

※4月9日~5月5日、7月21日~8月31日及び、9月16日~10月16日の月曜日と翌日が休日に当たる月曜日は開園。

開園時間

8月は9:30〜18:00(入場は17:00まで)

※時期により異なります

公式サイト

https://www.bihokupark.jp/

関連記事はこちら▼

年中楽しめる備北丘陵公園の記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする