親子で1日遊べる穴場スポット「ボートレース宮島」がすごかった!

この記事をシェアする

宮島近郊エリアって、宮島以外に家族で遊べるスポットってあるの…?って思っている方は多いはず。実は、とっても素敵な穴場スポットがあるんです♪それが「ボートレース宮島」。え?ボートレースって男の人が楽しむものでしょ、ですって?そんなことありません。楽しいイベントや美味しいグルメなど、ボートレース宮島は老若男女が楽しめるおすすめの場所。いったいどんな点がおすすめなのか…pikabu編集部が取材に行ってきました!

ボートレースって、宮島近郊で穴場の遊び場だってホント?

<迫力あるレース風景>

場内がどんどんリニューアル♪広くてきれいな施設に変身

<4F 指定席前山側フロア>

初めて「ボートレース宮島」へ遊びに行った私。第一印象は「広い!」でした。なんとなく、レース場って閉ざされた空間なんだろうな…と思っていたのですが、予想に反して施設内は明るくて開放的な空間、「なんだか…想像していたのと違うかも」とテンションが上がってきた私です。入場料は大人が100円、子どもはなんと無料!「こんなに安いの?」と思わずびっくりしてしまいました。しかも100円で最初のレースから最後まで、最大12レース観戦できるというのだから驚き!

キッズスペースは広々!ママが嬉しい設備も充実

<1F 入場口フロア>

さっそく入場ゲートをくぐって施設内へ入ってみました。すると早速1階にキッズルーム発見♪中はとっても広々としていました。ここなら子どもたちも伸び伸びと遊べそう!さらに、おむつ替えスペースや授乳室も完備されていましたよ。トイレにはキャラクターが描かれた壁紙が貼られてあってとってもキュート♡

<1F キッズコーナー(無料)>

ところで、さっきまで機嫌よく遊んでいた子どもが急に「おしっこもれそう!」と切羽詰まった表情で訴えてくる…これって、外へ遊びに行ったときのあるあるじゃないですか?ボートレース宮島ならそんなシチュエーションに陥っても安心♪トイレは各フロアにあるので、すぐに駆け込めます。ちなみにキッズスペースやおむつ替えスペースなどはすべて屋内にあるので、雨の日でも何の心配もなく思いっきり遊べるのは子連れにはありがたいですよね。

個室も完備!家族やママ友とレース観戦できる

<4F 個室BOX席>

「キッズスペースやレストランもあるし、ここなら家族だけじゃなく、ママ友同士で来るのも楽しそう…」と感じたママにおすすめなのが定員8名の個室、ハッピールーム。個室なら、周りに気兼ねなくレースを観戦できますよね。室料は4,000円ですが、みんなで割り勘すればリーズナブル♪「今度は何かイベントがあるときにママ友を誘ってみよう…」と思った私です。ちなみに4月から新たに無料の個室ルームが増設されたそうですよ。

オープンテラスで観戦ランチも♡レストランが充実

<1F シーフロントエリア(無料)>

ボートレース宮島は、レストランが充実しているのも魅力。1階、3階、4階と3つのフロアにレストランがあるので、「お腹すいた~!」と泣く子の手を引きながら「ご飯はどこで食べられるの…?」なんて施設内をさまよう心配がありません。

<3F レストラン街>

うどんやラーメン、カレーなど子どもが大好きなメニューもたくさん♪観覧席は飲食可なので、食事をしながらレースを楽しむこともできますよ。おすすめの場所は1階の屋外にある「スタンド海側テーブル」。オープンテラス席で開放感抜群!屋根も付いているので急な雨にも安心です。まさかボートレース場でピクニック気分が味わえるなんて…と感動した私。この日も頬を撫でる海風がとても心地よく、「子どもとここでレースを見ながらランチしたいなぁ…」と感じました。ちなみにボートレース宮島にはコンビニもあるんですよ。観覧席は食べ物の持ち込みもOK。コンビニやレストランで食べ物を購入して観覧しながら食べるもよし、お弁当を持参するのもよし♪です。

駐車場完備でアクセスも良好!

<ボートレース宮島専用立体駐車場>

「宮島なら車で行きたいけれど、あの辺って駐車場がなかなか見つからないんだよね…」と躊躇されているママ、ご安心を♪ボートレース宮島は駐車場完備!さらにレースに投票するためのチケット「舟券」を1,000円分買えば、駐車場は無料になります。レースを楽しんで駐車場も無料なんて、とっても嬉しい!駐車場を利用する際は、駐車券を施設内1階のインフォメーションに持参して、無料処理してもらうことをお忘れなく。

ところで...ボートレースってどんなスポーツなの?

<レース本番ピット>

6艇のボートで着順を競い合うモータースポーツ

ボートレースのルールはとっても簡単♪6艇のボートが1周600mのコースを3周してゴールを競います。1レースの時間はおよそ2分と短く、スピード感や迫力ある臨場感が魅力。コンマ1秒を競うし烈な戦いは、見ているほうも思わず力が入ってしまいます…!

子どもたちが応援しやすいカラフルなユニフォームとボート

注目してほしいのは、ボートレーサーのユニフォームとボートの色!1号艇から6号艇まで色分けされているのでとってもわかりやすい!子どもも自分の好きな色のボートを応援したい!と思えるはずです。
ちなみに

と色が決められています。なんだか戦隊ヒーローを彷彿とさせませんか?

「ボートレース」って、なんだか親しみやすいかも♡

「え?ボートレース?競艇って言うんじゃないの?」と思ったママもいるかもしれませんね。実は「競艇」と呼ばれていたのは昔の話、今はよりスポーツらしく「ボートレース」と呼び方が統一されているんです!今までなんとなく、男性が楽しむもの…と思っていた私。でも、今回ボートレース宮島を訪れて、その印象は大きく変わりました。きれいな館内に子ども連れのパパママに配慮された設備…ボートレースって、家族みんなで楽しめるものなんだ、と実感!

大人も子どもも楽しめるスポット「ボートレース宮島」

週末は子ども向けのイベントを開催!

<イベントホール(無料)※冷暖房完備>

ボートレース宮島では週末にさまざまなイベントが行われます。キャラクターショーや人気お笑いタレントのイベントなど、大人から子どもまで楽しめるイベントが盛りだくさん♪あこがれのヒーローやヒロイン、テレビで人気のあの人に会えるチャンス!イベント詳細は随時ホームページにアップされるそうです♪

ママはボートレースに挑戦してみよう

せっかくボートレース場に来たのですから、ママも舟券を買ってみませんか?舟券は100円から購入可能、単勝なら当たる確率も1/6なので、気軽に楽しむことができますよ。

さらにママたちに朗報(?)、実はボートレーサーって、ひそかにイケメンの宝庫!

<村松選手>

<宗行選手>

あなただけの推しメンを見つけて「カープ女子」ならぬ「ボート女子」になってもいいかも!

6月に開催されるSG(スペシャル・グレード)レースに注目!

ボートレース宮島の今年一番の目玉、それは6月に開催されるSG(スペシャル・グレード)レース。SGとは数あるレースの中でも最も格式が高いレースで、年間8回開催されます。SGは、トップレーサーしか出場が許されない、まさに「最高峰の戦い」。実はこのSG、ボートレース宮島で開催されることはなかなかないので、今年は千載一遇のチャンス!
さらにSG期間中は、さまざまなイベントも開催される予定だそう。どんなイベントなのか…今からワクワクですね♪ちなみに私は息子と遊びに行くつもりです。息子がどんな反応をするのか…今から楽しみです♪

まるで水上のF1!迫力のレースが楽しめるボートレース宮島

<3F 一般席エリア(無料)>

かっこいい乗り物にイベント、そしてグルメ…子どもたちの「大好き」が揃っているボートレース宮島は、まさに水辺のテーマパークです。ちょっといつもと違う場所へ遊びに行きたいな、と思ったらボートレース宮島へGO!入場料100円で1日中楽しめます。いつもは出不精なパパも、イベントがあるときに「ボートレース宮島へレースを観に行こう」と言えば、きっと乗り気になってくれるはず♪

※現在、新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、6月3日より営業再開。詳しくは、公式HPをご確認ください。

住所

広島県廿日市市宮島口1-15-60

電話番号

0829-56-1122

営業時間

9時30分頃~17時頃

入場料

大人100円 子ども無料(ただし、未成年は舟券の購入はできません)

公式HP

https://www.boatrace-miyajima.com/index_top.html

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする