ママのストレスは家次第?!子育て世代が快適に暮らせるマイホームづくりとは?

この記事をシェアする

マイホーム購入を検討中のみなさん!家づくりでは何を重視していますか?譲れないポイントはいろいろありますが、中にはデザインや立地、価格などを重視するあまり、住みやすさがイマイチだった…なんて人もいるようです。
でも実は、マイホームの快適さは“ママのストレス”にも直結する重要な要素!今回は、ママがストレスフリーで過ごせる素敵な注文住宅を取材、家づくりの参考になるお話を伺ってきました☆

普段の何気ないストレス、子育てに影響してませんか?

いきなりですが質問です。ご家庭で日頃、次のような“ちょっとしたストレス”を感じることはありませんか?

家事をしづらい間取りがストレス!

〇畳んだ洗濯物を、それぞれの収納場所に毎回運ぶのが面倒
〇キッチンと洗面所が離れていて、家事を同時進行しづらい
〇敷居や段差が多くて、掃除が大変

まず挙げられたのが、家事動線に関するストレスです。家の間取りが原因で、家事ひとつこなすにも不便を感じる人は少なくないはず。自分で工夫するにも限界があるし、「もっと家事が楽な間取りなら」と思うこともあるのではないでしょうか。

冬の寒さや結露がストレス!

〇エアコンをつけていても手足の先が冷えて辛い
〇夜、寒さで熟睡できない
〇結露ですぐカビが生える

こんな季節ならではのストレスも!特に女性にとって大敵なのが冬の寒さです。
ちなみに筆者の場合、冬場の結露がとにかくストレス!毎朝、結露を拭くだけでもひと苦労です…。みなさんは、どうでしょうか?

おうちのストレスが、子育てを楽しむ機会を奪ってる?

実は、家にいて感じるこうしたストレスが、「ママの心のゆとり」を奪っている場合も!しかも家事に割く時間が多いほど、子供の「ママ見て見て~」「これして~」に付き合える時間も減りがち。今しかない子供との貴重な時間が、家のせいで犠牲になっているかもしれないんです。

しかし!逆に考えれば、こうしたストレスがない家に住めれば、心にゆとりも生まれ、子供の成長もじっくり楽しめるはず♡…ということで今回は、そんな“ママ想いの家”を取材してきました!

ストレスフリーで暮らせる!子育て世代にぴったりの家とは?

廿日市城内で見つけた♪おしゃれな和風テイストの一軒家

今回我々がお邪魔したのが、こちらのツートンカラーのモダンなお宅。窓の格子など、さりげない和風テイストが粋です♡

こちらにお住まいの伊藤さんは、笑顔がとっても素敵なママ♡ご主人と3歳のお子さんの3人暮らしで、この家に引っ越して1年半になるそう。

家族が集う♪1階は壁や仕切りが少ないワンフロア

伊藤さん「寝るとき以外は、家族みんなここで過ごしてます♪」

そう言ってまず通していただいたのが、1階のリビング。1階は壁や仕切りが少なく、広々としたワンフロアになっています。バリアフリーで床に段差や仕切りが少ないから、掃除もすごく楽なんだそう♪

洗濯物は、洗って収納するまですべてここで完結!

続いて見せていただいたのが、「とにかく便利!」だと語る洗面所。衣類を収納できる大きなクローゼットがあるから、お風呂に入るときに着替えやタオルを持ち運ぶ必要がないんですって♪

洗面所は室内干しも可能!洗濯から収納まで、全部ここで済ませられます。

伊藤さん「洗濯物を2階に干す手間も省けて、家事もかなりの時短になってます」

冬暖かく夏涼しい!1年中、快適に過ごせる室内♪

伊藤さん「この家は、1年中どこにいてもちょうどいい温度なんですよね。エアコンは1台で済むし、空気もきれいで気持ちいいんです」

ちなみにお子さんは、こちらに住み始めてからまだ風邪をひいていないそう♪「体が冷えると免疫力も下がる」といった話はよく耳にします。伊藤さんのお宅の場合、冬も暖かく過ごせることが、家族の健康管理にも役立っているのかもしれませんね。

伊藤さんのおうちが快適な理由は?つくった人に聞いてみた!

ここからは、伊藤さんのお宅を手掛けた「日高建築工房」の日高さんにもご同席いただくことに♪家事がしやすいだけでなく、1年中快適な伊藤さんのお宅の秘密を伺ってみました!

ママが快適な家を…そんな想いがこもった間取り♪

まずは、家の間取りについて。

伊藤さん「日高さんが手掛けた他の家を見て、日高建築工房にお願いすることに決めました。家へのこだわりはそこまでなかったので、間取りはすべて日高さんにお任せしたんですよ」

掃除や洗濯がとっても楽な間取り…伊藤さんの希望かと思いきや、実は日高さんの提案だったんですね!

南向きで日当たり良好♪劣化予防の工夫も

日当たりのいい伊藤さんのお宅。玄関とリビング、吹き抜けの大きな窓を南向きにつくることで、太陽の光がたっぷり入るようにしているのだとか。

日高さん「家の南面は道路に面しているので、メインとなる光は吹き抜けから取り込むようにしています。またリビングの窓には格子をつけ、外から見えないようにしました」
ちなみにおしゃれなこの外壁は、板金と漆喰の組み合わせ!北側の敷地が2m程度高く風の抜けが悪いので、漆喰だとコケが付きそうだったから一階は板金塗装にしたんだそう。デザイン性と性能のどちらも考え抜かれてるんですね!

天然素材をふんだんに使用♪住む人にも環境にも優しい家

日高さん「素材選びでは、そこに住むオーナー様の快適さはもちろん、地球環境のことも配慮しているんです」

実際に伊藤さんのお宅には、床にはチーク材、外壁には漆喰といった天然素材が随所に使われていました。天井にも木材を使用していて、家の中がとっても柔らかい雰囲気なのも魅力♪

1年中快適な秘密!高気密高断熱住宅を徹底した家づくり

ここで気になるのが、なぜ伊藤さんのおうちが1年中快適なのか。その理由が、「高気密高断熱」を追求していることだそう!
日高さんいわく、快適な環境をつくるには断熱性能・気密性能・換気性能、そして日光などにも配慮した設計と、高い施工能力が必要。日高建築工房では、細かい数値まで計測し、精度の高い高気密高断熱な家づくりを行っていると言います。

なんと1階の床下にエアコンが!

伊藤さん「1階は暖房用、2階は冷房用と使い分けてます。高気密高断熱のおかげで十分快適なんです♪」

暖かい空気は上に、冷たい空気は下に行くという自然の摂理も利用することで、エアコン1台で家中を快適な温度に保てるそう!

日高さん「高気密高断熱住宅は隙間風がないので、計画的に空気を循環させ換気をしないといけません。だからこのように、24時間換気システムを設置しています」

そう言って見せてくれたのが、2階の床下にある換気システム。このおかげで、きれいな空気が保たれていたんですね♪換気システムがあれば、冬場の結露に悩むこともないそう!

家づくりを通して、家族が笑顔になれるサポートを!

廿日市市の工務店「日高建築工房」

最後に、「日高建築工房」についても教えていただきました♪
廿日市にある日高建築工房は、一級建築士でもある日高さんが設計・施工を手掛ける工務店。安全で快適な家づくりをモットーに、子供の代まで受け継げる長期優良住宅などを手掛けているそう。

ママの幸せは家族の幸せ。家づくりを通して家族を笑顔に!

「家はママが主体。ママがストレスなく笑顔になれれば、家庭円満につながります」と語る日高さん。家事動線を考えた間取りも、室内の快適さを追求した設計も、「その家に住む家族を笑顔にしたい」という想いからつくられたものだったんですね!

こんな工務店さんに家をお願いできたら!…幸せそうに暮らす伊藤さんの笑顔に、そう考えずにいられないpikabu編集部でした☆

日高建築工房で、家族みんなが笑顔になれる家づくりを♪

ママや家族がいかに快適に暮らせるかは、家づくりの大事なポイント!「快適さを追求した家っていいな」と感じた人は、ぜひ日高建築工房に相談してみてくださいね。家族みんなが笑顔になる、素敵なマイホームと出会えるはずですよ♪

会社名

​株式会社日高建築工房

住所

〒738-0002 広島県廿日市市山陽園8-26-6-502

電話番号

0829-30-6977

公式サイト

https://hidaka-kenchiku.com/

お問合せフォーム

https://hidaka-kenchiku.com/contact

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする