窓の外には大自然!広島田舎暮らしを快適に楽しむ、平屋建てのおうちを発見♪

この記事をシェアする

ここ最近、場所を選ばない働き方がずいぶん普及してきましたよね。「生活の拠点はのどかな田舎に…」と考えているご家族もいるのではないでしょうか?
今回は、そんな田舎暮らしに憧れる広島ママ必見!大自然の中に建つ、とある新築の平屋住宅をご紹介します♪こちらの平屋住宅、ただ自然になじんでいるだけでなく、自然を活かした快適な生活が叶う、と評判なんだとか。田舎暮らしにぴったりの理想のおうち、さっそく詳しく見てみましょう!

広島・安佐南区の田園地帯で発見♪暮らしを楽しむ平屋建てのおうち

昔からそこにあるみたい!風景に溶け込む古民家風住宅

ウワサの平屋住宅が建つのは、広島市安佐南区の山間部。

え、どこに家があるの?と一瞬思うほど、風景に溶け込んでいますね!
この一帯は、“棚田”と呼ばれる段々畑が広がる地域。その地形になじむよう、屋根をあえて片流れにしているそう。

今回紹介する平屋住宅は、広島の「田村建設」が手掛けたおうちで、コンセプトはズバリ“休暇小屋”。周囲の自然になじむよう、外壁も板張りになっています。
まさに休暇小屋と呼ぶにふさわしいデザインは、新築ながら、おしゃれ古民家のような趣!憧れの田舎暮らしにもぴったりです♪

家の中でも自然を感じる♪リビングを中心とした、広々続き間

室内は、奥からキッチン・リビング・ダイニングと続いていて、広々♪
窓際には、作りつけのデスクと棚も。仕事や勉強をするのにちょうどいいワークスペースになっています。

反対側に目を向けると、リビングのすぐ隣には寝室として使える和室があります。続き間になっているので、間仕切りをすべて開ければ、より開放的な空間に♪子供も好きなだけ走り回れますね。

何より注目なのが、窓から見えるこの景色!棚田に面して大きな窓があるので、周りの田んぼを見下ろせて景観が抜群なんです♪のどかな風景を眺めながら、自然や季節の移り変わりを身近に感じられるとは、なんともうらやましい!

農作業することを考慮した、便利なウッドデッキや作業場も♪

田舎暮らしといえば、畑仕事・庭仕事を自由にできるのも醍醐味♡
今回の広島の平屋住宅では、農作業のしやすさを重視した工夫が、随所に凝らされています。

まずは、玄関前の広い土間。上には長い軒(のき)が作り付けられています。これ、普通の家ではあまり見ないですよね!
このスペースは、収穫した野菜を干したり、雨の日に作業をしたりすることを考慮して作ったそう。雨の日はもちろん、夏の暑い日に子供をちょっと外で遊ばせるのにも◎。

キッチンと浴室の横に広がるのが、大きなウッドデッキです。農作業や外遊びで泥んこになっても、このウッドデッキから浴室に直行すれば、室内が汚れません!
気候のいい季節は、お弁当を広げてここでピクニックしたり、夜は夫婦でまったり月見酒を楽しんだりしても素敵♡

オーナーさんご家族は、この家に住みながら野菜を育て、好きな花や木を庭に植え、田舎暮らしを満喫しているといいます。子供がいるpikabu世代のママなら、庭でバーベキューをしたり、ピザ窯を使ってピザパーティを楽しんだりするのも楽しそう!

こうした都会ではできないワクワクした日常を送れるのは、自然の中ならでは。こちらの平屋住宅は、田舎暮らしの醍醐味を満喫するのに、ぴったりのおうちといえますね。

夏は谷風、冬は日光。”自然の力”で年中快適?!

豊かな自然を最大限活用!”パッシブデザイン”を採用

今回の平屋住宅は、広島の自然にただなじむだけでなく、自然を活かした「パッシブデザイン」を採用しているのも特徴!

パッシブデザインとは?
太陽光や風など、周囲の自然の力を最大限活用し、室内を快適に保つことを考えた設計技術のこと。

自然の力を使って生活を快適にする…つまりパッシブデザインでは、自然との共存をより意識した暮らしを叶えられるんです。
具体的に、どういう工夫が施されているのか見てみましょう!

夏も冷房いらず♪環境を考慮した間取りで涼しく

まず挙げられるのが、“棚田”独特の地形を考慮した、窓の配置です。
前述した通り、屋根は片流れの形状。さらに棚田の下段方向、つまり谷側には大きな窓が設けられています。

そして、大きな窓の反対である山側には、南向きの高い位置に小窓が。

夏になると下の水田には水が張られ、周囲の空気を冷やします。冷やされた空気は谷からの風に乗り、大きな窓から高窓へと吹き抜けるそう。そのため、夏の間は涼しい風が自然と室内を通るんです♪

南側の軒にも工夫が。軒の位置や角度も考えられていて、夏場は高い位置から降り注ぐ直射日光を遮ってくれます。
この広島の平屋に住むオーナーさんにいわく、夏にエアコンを使う回数が少ないんだそう!光熱費の節約になるし、何より環境に優しい生活が叶うって嬉しいですね。

ほっこりできる薪ストーブで、冬も家中暖かに♪

もちろん、快適なのは夏だけではありません。

夏には軒が直射日光を遮ってくれますが、冬場になると一転。低い位置から差し込む冬の日光を、高窓からしっかり取り込めるようになっているんです。
加えて、室内は高い断熱性が保たれているのも特徴♪お日様の光を取り込みつつ、冷たい外気の影響は受けずに済みます。

リビングの端にはおしゃれな薪ストーブも。
冬場は、この薪ストーブひとつで家中ポカポカ!家族でのんびり揺れる炎を眺めれば、身も心も温まりますね。

間取りやデザインだけでなく、機能性の高さも特徴的だった今回の平家住宅。パッシブデザインを取り入れれば、田舎暮らしをより快適に楽しめそうですね。

「環境を活かす家づくり」が叶う!広島「田村建設・ハンドワークハウス」って?

「自然を取り込む」という発想で評判!広島「田村建設・ハンドワークハウス」

さて、ここで気になるのが、今回の平屋住宅を手掛けた広島の工務店「田村建設」です。

田村建設は、広島市安佐南区に事務所を構える工務店で、「HAND-WORK HOUSE(ハンドワークハウス)」という住宅ブランドを手掛けています。
田村建設のハンドワークハウスでは、自然になじみ、かつ自然を活かした高性能な家づくりが叶うのが魅力!今回の広島の平屋住宅も、もちろんそのひとつです。

ちなみに新築の注文住宅だけでなく、マンションリノベ古民家リノベなども幅広く対応してくれます☆

こちらの記事もチェック

自然の中に溶け込めるのは、自然に近い素材を使っているからこそ?!

田村建設・ハンドワークハウスの家が、自然にすんなりなじむ理由。そのひとつは、使用している素材にあります。
田村建設・ハンドワークハウスでは住む人の健康、そして自然環境のことを考えて、木や土・石といった自然にある素材をメインで使用。だからこそ、今回のような大自然にも溶け込む家づくりが叶うんです。
田舎暮らしをするなら自然や周囲の景観にも配慮したい…。そんな人には特におすすめです♪

こちらの記事もチェック

どこか温かみがあるのは、丁寧な職人技が施されているから♪

広島の田村建設・ハンドワークハウスが手掛ける家は、ただそこにいるだけでほっこりするような温かみがあることでも評判♪
この温かみを生み出しているのが、上で挙げた自然素材と、もうひとつ!家づくりを手掛けている職人さんの存在です。

田村建設・ハンドワークハウスでは、“職人の手仕事”を重視しています。だからこそ、随所に職人さんの気遣いや技術の高さが感じられ、既製品には真似できない温かみが生まれるんです。

自然を感じられる環境で、温かみのある家に暮らしたい…。広島でそんな理想を形にしてくれるのが、田村建設・ハンドワークハウスの家なんです。

広島の田村建設・ハンドワークハウスで始める、理想の田舎暮らし♪

田村建設・ハンドワークハウスの平屋住宅は、田舎暮らしに適した間取りやデザインに加え、自然の中でも心地よく暮らせる高い性能も備えているのが魅力!広島で田舎暮らしに憧れる人、自然を感じられる平屋住宅に興味がある人は、ぜひ一度、広島の田村建設・ハンドワークハウスに相談してみてくださいね。

<基本情報>

会社名

株式会社田村建設

住所

広島県広島市安佐南区伴中央2丁目13-27

電話番号

082-848-5110

公式ホームページ

https://tamura-kensetsu.net/

公式Instagram

https://www.instagram.com/tamura_kensetsu/

公式Facebook

https://www.facebook.com/tamurabook/

担当ライター

この記事をシェアする