自然を感じて心地いい!おしゃれでナチュラル、ハンドワークハウスの完成見学会を取材!

この記事をシェアする

自然に囲まれた生活や田舎暮らしに憧れる!という広島のみなさん♪自然を上手に取り入れることで知られる工務店「田村建設」の「HAND-WORK HOUSE(ハンドワークハウス)」という住宅ブランドはご存知ですか?
田村建設のハンドワークハウスの家は、自然を身近に感じられ、デザイン性も温熱性も◎。実際にどんな家づくりが叶うのかを確認するべく、完成見学会にお邪魔してきました!

自然を取り入れた家づくりが魅力!広島「田村建設・ハンドワークハウス」

広島「田村建設」が手掛ける「ハンドワークハウス」の家

 

今回ご紹介する「田村建設」は、広島市安佐南区伴に事務所を構える工務店。3代続く歴史ある会社で、注文住宅からマンションリノベまで幅広く対応しています。地域密着型で、おうちを建てた後も、ずっと近くでサポートをしてくれると評判です♪
田村建設が手掛けるのが、「HAND-WORK HOUSE(ハンドワークハウス)」という住宅ブランド。ハンドワークハウスでは職人さんたちの“手仕事”を大切にしていて、家の各所に細かな工夫や職人技が光ります。

景観も含めて考える!周囲の自然を取り込んだ家づくり

田村建設・ハンドワークハウスのもうひとつの特徴が、周囲の自然を取り込んだ家づくり。家の中から外を見たときの景観まで考えて、おうちの設計はもちろん、窓の位置や大きさなども決めているんです♪

そんな田村建設・ハンドワークハウスの新しい注文住宅が完成したと聞きつけたpikabu編集部。さっそく、その完成見学会にお邪魔してきました!

家中のいろんな場所で自然を感じる♪田村建設「くすのきの家」の完成見学会を取材!

公園に隣接♪自然が近くにある魅力的な立地

今回やってきたのは、広島市安佐北区安佐町にあるこちらの新築住宅!木の温もりを感じる、和テイストの素敵なお宅です♪
設計は、田村建設の代表で一級建築士でもある田村篤さんが手掛けたそう。

おうちのすぐ隣には公園が。立派な楠(くすのき)をはじめ、公園に植えられた木々をすごく近くに感じます。
田村さんいわく、「最初にこの場所を見たとき、この楠を中心に家を組み立てていこう」と思ったそう。

大きな軒つき!雨に濡れない玄関先には、便利なベンチも♪

さっそくエントランスから拝見!玄関先にはとても大きな軒がついていて、雨の日の車の乗り降りも濡れずにすみます。横にはオーナーさんの要望で、広い駐車スペースも!
玄関先には、ちょっと座るのに便利な木製ベンチもありました♪

木の香りを感じる♪ナチュラルテイストのリビング

続いて室内へ。「うーん、木のいい香り!」と、思わず深呼吸するpikabu編集部。室内も木材がたくさん使われていて、ナチュラルでほっこりするような雰囲気です。
天井は吹き抜けになっていて、光の移ろいも感じられます♪

庭に面したリビングの窓からは、ちょうど公園の木々が見えて景観も◎。キッチンからも、同じ景色が真正面に見えるようになっています。もちろん、公園側からは室内が見えにくいよう工夫されているそう。
お写真右側、窓に面したリビングの一部は、広い土間になっていました。これは、オーナーさんが飼っているワンちゃんのためだとか!実は外のお庭も、ドッグラン仕様になっているんですって♪

細部まで工夫が光る♪テイストを揃えたおしゃれなキッチン

リビング横のキッチンも、木の素材感を楽しめるデザイン。

ここで目に入ったのが、シンクまわりやコンロ横の壁に貼られたタイル。正方形やヘキサゴン(六角形)のタイルはよく見るけど、細長いタイルって珍しくないですか?しかも、とってもおしゃれ♪
こうした細部のデザインは田村さんが提案し、オーナーさんと一緒に選んだそう。

キッチン横には、食材や日用品などのストックを収納できるパントリーもあり!棚の一部はデスクになっていて、ちょっとしたワークスペースとしても使えます♪

家族でのんびり♪ほっとできる畳コーナー

リビング横には、小上がりになった畳コーナーもあり!
畳コーナーの角にも小さめの窓があるんですが、実はこの窓からも、ちょうど公園の楠が眺められるんです♪窓が小さめにつくられているのは、外の通りから見えないよう計算してつくっているからだとか!

半分外で半分おうち。使い方自由な屋根付きウッドデッキ

リビングから庭を眺めていて気になったのが、屋根付きの大きなウッドデッキ!
実は、この左側には洗濯室とファミリークローゼットがあり、洗濯物を洗って干して収納するまでの作業が、とっても楽なんです♪
ウッドデッキでは洗濯物を干す以外に、庭で遊ぶワンちゃんを眺めたり、バーベキューを楽しんだりするのも◎。こうした“半分外で半分おうち”の空間があると、家での過ごし方のバリエーションも広がりそう!

2階には眺め最高のくつろぎスペースも♪

最後に2階も拝見♪2階には子供部屋と寝室、それに大きめのウォークインクローゼットがありました。

なかでも2階で目を引いたのが、デスクつきのちょっとしたフリースペース

大きな本棚もつくりつけられていて、家族で一緒に使える書斎のような空間になっています。

ここで感激したのが、デスクから見える景色!ちょうど窓の向こうに、青い空と紅葉した木々、そして遠くの山々が見えるんです♪
評判どおり、おしゃれなうえに家中どこにいても自然が目に入る、とても素敵なお宅でした!

自然素材を使っておうちを快適に!職人技が光る家づくり

毎日が快適になる♪高い断熱性

最後に、田村建設・ハンドワークハウスならではの“職人技”が光るポイントもご紹介。
まず感じたのが、ただおしゃれなだけでなく“快適さ”も重視しているということです。
室内は断熱性が高く、冬も床下エアコンだけで、家中が暖かく保てるように細かく考えてつくられているそう!ちなみに1階は、エアコンの温風を利用した床下暖房になっていて、冬は足元からポカポカなんだとか♪

天気によって趣きが変わる!外壁には「そとん壁」を使用

それから、外壁にも注目。シラス台地(火山噴出物でできた台地)のシラスからつくられる“そとん壁”という自然素材を使用し、左官さんが丁寧に塗って仕上げているそう♪田村建設・ハンドワークハウスでは、住む人の健康や自然環境にも配慮し、こうした自然素材をメインで使っているといいます。
そとん壁は自然に優しいだけでなく、防水性に優れ、断熱性まであるという優れもの。しかも雨の日などは湿度で微妙に色彩が変化し、晴れた日とはまた違った表情を楽しめるのだとか!

室内の壁もシラス素材で、あえて味のある風合いに

室内の壁にもシラスが使用されていました。しかも左官さんがあえて陰影をつけて塗っていて、おうちの佇まいにぴったりの風合いになっているんです♪
ちなみに壁の陰影はデザイン性だけでなく、表面積を増やすことで調質性を高めるという意図もあるそう!

内装に馴染む♪大工さんお手製の収納家具

室内の造作家具も、ほとんどが大工さんの手によるもの!写真の収納はもちろん、本棚や作業用デスクなんかも、ほぼ大工さんのお手製なんです。
そのほかにもおうちの随所に、家の設計を考えた田村さん、そして建築を手掛けた職人さんたちの工夫と技が光ります。だからこそ、田村建設・ハンドワークハウスのおうちは、自然に馴染み、かつ温もりを感じられるのかもしれませんね♪

▼ルームツアーはこちら

田村建設・ハンドワークハウスで叶う、ナチュラル&快適な生活♪

広島の田村建設・ハンドワークハウスのおうちは、自然を楽しめる高いデザイン性に加え、生活動線や室内の快適さにも配慮してつくられているのが魅力!特にナチュラル志向の広島ママは、きっと心惹かれるはず♪自然に寄り添うおうちを建てたい人も、安佐南区周辺でなんとなく家づくりを考えている人も、ぜひ一度、田村建設に相談してみてくださいね。

<基本情報>

会社名

株式会社田村建設

住所

広島県広島市安佐南区伴中央2丁目13-27

電話番号

082-848-5110

公式ホームページ

  https://tamura-kensetsu.net/

公式Instagram

https://www.instagram.com/tamura_kensetsu/

公式Facebook

https://www.facebook.com/tamurabook/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする