ぐずる子どもの救世主!我が家のおすすめパンTOP3

このサイトを広める

2~3歳くらいの子ども連れでお出かけすると、ごはんの時間まで待てず泣いてしまうことも。できれば決めた時間以外の間食は控えたいけど、子どもの泣き声で周りに迷惑かけたくない。そんなときにおすすめのパンや自分が扱いやすかったものについて書いてみます。我が子が好きなもので、他のお子さんも好きそうな、広島のどこにいても手に入るパンを挙げたいと思います。

握って食べられるスティックパン

用事があるときに限って子どもがぐずって作業が進まない…小さなスナック菓子は袋ごと渡すと食べ過ぎてしまいそう。かと言って1個ずつ食べさせるとそれもまた作業の妨げに…
そんなときは、子どもが自分の手で握って食べられるスティックパンの出番です。いろんなタイプのスティックパンがありますが、子ども用に作られた野菜エキスを練り込んだものはからだにもよさそうなので気に入っています。食事前に食べさせるのはあまり気が進まないのですが、子ども用なので少し安心して食べさせられました。

おいしさではミルク風味のスティックパンが我が子のお気に入り。握らせてあげるとしばらくはご機嫌になるので、その間に用事をササっと済ませられることもありました。うっかり落としてしまっても、ボロボロに崩れたりしないので、サッと拾えます。手は少しベタっとする程度。口も汚れにくいのがいいところ!食べ終わったらウェットティシュで軽く拭くだけでOKでした!

外出時の場合、ほとんどの館内が飲食禁止なのが困った点です。しかし、最近の広島の公共施設やショッピングモール内には、授乳室や休憩スペースが多数設置され、子ども連れでお出かけしやすくなっています。そういった場所を利用することで気兼ねなく食べさせられました。自分にとってもひと息つけるいい時間にもなります。

チョコだけど汚れにくいチョコストライプパン

離乳食が終わり、いろんな食べ物を食べられるようになったばかりの頃は、味の薄いものでもどんな形状のものでも満足していました。食べ物を持たせてさえいれば泣き止んでいたのです。しかし、成長にともない好き嫌いが出てきて、簡単にはいかなくなってしまいました。
子ども向けに作られたやわらかい薄味のお菓子を差し出すと「いらない!」と言って拒否…甘いものがおいしいということを知ってしまい、一筋縄ではいかなくなってしまったのです!
そんなときに選んだのがチョコストライプパン!固形タイプやペーストタイプのものと比較すると手や口の周りが汚れにくいのが特徴です。子どもはチョコレートが好きなのですが、虫歯の心配もあり、自宅で食べさせるおやつでは滅多にださないようにしていました。

そんなチョコレートですが、たまには食べさせてあげたいし、大勢の人がいる場所でおとなしくしてくれるのなら…と思い選んでみたのです。
チョコストライプパンなら生地にチョコレートが練りこまれているので固形のものよりもチョコレートの量が少なく、予定外の間食でもちょっとは安心。とはいえ食べ過ぎは禁物なのですが…。
そして、こちらも汚れに関しては、長時間握れば手にチョコレートの色がついてしまいますが、ベタベタ汚れで大惨事…なんてことはなく、子どもをあやすアイテムに適した、扱いやすいパンです。子ども連れのおでかけの際のおやつにおすすめです。

しっとりふんわり蒸しパン

蒸しパンは他のパンと比べてしっとりしていて、ちぎってもパンくずが出にくいのが特徴です。しっとりしていながら脂っこくないので、子どもが自分の手で持って食べても汚れにくいのです。自分がちぎって子どもに食べさせるにしても、ベタベタしないので扱いやすかったと思います。何よりも子どもがおいしそうに食べてくれるのが1番嬉しい!

これまでに、子ども連れのお出かけのときに持参した蒸しパンは、たまご風味・よもぎ入り・抹茶風味・いちご風味・黒糖風味などなど…味によって色が違い、まんまるな見た目もかわいいのでとても気に入っています♪特に黒糖はからだにもいいといわれているので、急遽食べさせるのならそういったヘルシーなものを選ぶようにしています。他のさまざまなパンと比較してカロリーも低めとなっているのも嬉しいポイントです。
販売されているほとんどの蒸しパンには紙カップがついているので、お出かけ前にあらかじめ取り外しておきます。サイズが大きめの蒸しパンは子どもが手に持ちやすい大きさに切って袋に入れて準備することで、急に泣き出してしまったときも素早く取り出し食べさせられて楽でした。

素朴なやさしい甘さが魅力の蒸しパンは子どもだけでなくわたしも一緒に楽しめるので、ご機嫌取りアイテムという目的でなく、いっしょに食べたいパンのひとつです♪

パンは子ども連れのお出かけが楽になる頼もしいアイテム

持って行って良かったパン・上位3つをピックアップしてみました。食べ物で泣き止ませる方法は、ここぞというときに使える便利な技かも。子どもの健康を考え脂っこくなく、それでいてぽろぽろとこぼれにくく、ベタベタ汚れの心配のないパンはまさにわたしにとって救世主!バスや電車に乗る前、お店に入る前などにベンチなどに腰かけて広島の街並みを眺めながら、ちょこっと食べさせてご機嫌をとるとママも一安心ですね。

担当ライター