【マタニティ整体】広島のプレママ必見!パンダ接骨鍼灸院(緑井)の気になるアレコレをリサーチ♪

この記事をシェアする

「マタニティ整体」を広島市内で探している妊婦さんへ!腰痛や肩こりなど、妊娠中はさまざまな悩みが出てくることも…。今回は、そんな悩める妊婦さんが多数通う「パンダ接骨鍼灸院」(広島市安佐南区緑井)の藤本和史院長にインタビュー!パンダ接骨鍼灸院で話題の「マタニティ整体」「逆子整体」について、気になるアレコレをリサーチしました♪整体やマッサージを受けたくても「そもそも妊婦が受けても大丈夫なの?」と不安に思うプレママさんは要チェックです!

妊娠中の肩こり、腰痛などに悩む広島のプレママさんへ。「マタニティ整体」って知ってる?

プレママさん多数来院!広島市の「パンダ接骨鍼灸院」

広島市安佐南区緑井にある「パンダ接骨鍼灸院」。特に、出産後の骨盤ケアを得意とする接骨院で、多くの産後ママが通っています。

院内にはキッズスペース完備!そのため、子連れママの姿が目立つパンダ接骨鍼灸院ですが、中にはお腹の大きいプレママの姿も!口コミやママ友からの評判を聞いて訪れるプレママが多いのだそう。

こちらがパンダ接骨鍼灸院・緑井本院の院長、藤本和史さんです。柔道整復師としての資格のほか、院内でも取り入れているファスティングのカウンセラー資格などさまざまな資格を持つ、産後ママたちの味方です♪

パンダ接骨鍼灸院 緑井本院・院長。
《保有資格》
・柔道整復師
・内面美容医学財団 IBWF公認ファスティングカウンセラー資格
・日本骨格内臓矯正士協会 美容整体師資格
・高校教諭第1種免許状

妊娠中は、どんどんお腹が大きくなるにつれ、腰痛や肩こりに悩まされがち…。でも、「妊娠しているときに整体を受けてもいいの?」と疑問に思う広島ママもいると思います。そこで今回は、気になるプレママ向けの整体について、藤本和史院長にインタビューしました!

関連記事:

Q妊娠中のプレママ向け「マタニティ整体」って?

藤本院長
「妊娠中は、胎児や羊水、胎盤などの重さで、骨盤が前傾し腰の反りが強くなります。そのため前方に荷重がかかり腰や肩に負担が掛かりやすくなる時期。“マタニティ整体”は、そんな腰痛や肩こりに悩む妊婦さんに行う施術です。
マタニティ整体では、お腹の赤ちゃんへの影響を配慮した慎重な施術を、なるべく短時間で行っています。施術は、つわりが落ち着いてくる妊娠中期くらいからがおすすめです。ただし施術自体はいつでもできるので、気になる方はご相談ください。中には、出産予定日の1~2週間前まで、継続して通っている妊婦さんもおられます。
妊娠中の施術は不安な方も多いと思うので、事前にかかりつけの医師への相談もすすめています」

もちろん、施術前のカウンセリングでも施術内容やリスクについて、画像のような図を見てもらいながら、しっかり説明を行っているそうですよ!

Qマタニティ整体って、どんな施術をするの?

藤本院長
「パンダ接骨鍼灸院のマタニティ整体では、首や肩を中心としたソフトなマッサージと、エステなどでも使われている“ホットストーン”を使った“温活”をセットで行っています。強い刺激でマッサージをしてしまうと力が入ってしまい、筋肉や子宮が緊張して胎児に良くない場合があります。リラックスできる程度の刺激の方が、筋肉がゆるみ体も楽になると考えています。妊婦の方の体と胎児のことを第一に考えて施術の強度をコントロールしています」

パンダ接骨鍼灸院で行われているホットストーンを使った施術がこちら。専用カバーの中に、温熱機で温めた「天照石」と呼ばれる石材が入っています。蓄熱性が高く、肩や腰、足首などに置くと体がポカポカし代謝が促進されるのだとか。

藤本院長
「マッサージで硬くなった筋肉をゆるめてほぐし、ホットストーンで体を温めて血行を促します。リラックスできて気持ちいいと妊婦さんからも好評なんですよ」

Qそもそも妊娠中に、接骨院で施術はアリ?赤ちゃんへの影響は?

藤本院長
「パンダ接骨鍼灸院のマタニティ整体では、そもそもお腹の赤ちゃんに影響が及ぶような刺激の強い施術(電気治療など)は行っていません。また、お腹が大きくなると、施術中にずっとうつ伏せや仰向けになるのは辛い…と感じる妊婦さんも多いと思います。そのため、お腹に負担がかからないように、妊婦さん専用の特殊なベッドを使っています」それが、こちらのベッド。中央部分に隙間を空けているので、うつ伏せになっても腹部が圧迫されません。

妊婦さんの中には「妊娠してからできなかった“うつ伏せ”になれただけで嬉しい♪」と感動する方も多いのだとか♪

逆子と言われたプレママさんへ。接骨院の施術で「逆子」は「治る」の?

パンダ接骨鍼灸院では、妊娠28~34週の逆子のプレママが「このままだと帝王切開になるかも…」と相談に来るケースも多いのだとか。その時期になると、赤ちゃんはかなり大きく成長しているため、病院で指導される“逆子体操”も難しい妊婦さんも多く、病院と併用して通院される方も多いそうです。

Qマタニティ整体で逆子は「治る」の?

藤本院長
「当院では事前のカウンセリングで今妊娠何周目か、胎児の重さ、逆子のタイプ、また妊婦さんの体温などをしっかりと伺います。その上で、最適な通院頻度をご提案します。また、胎児自体を外から直接触って動かすことはせず、お灸の熱で子宮の筋肉をゆるめて広がりやすくするイメージで施術をしています。逆子になったり治ったりする原因やプロセスは、まだはっきりと解明されていません。そのため、100%逆子が治るという確約は難しいですが、胎児が大きくなってからでは動くスペースが少なくなるので早目の来院がオススメです。母子ともに体に負担が少ない施術で、赤ちゃんが返りやすい“スペース”を作るサポートをしています」

Q逆子に対してパンダ接骨鍼灸院ではどんな施術をするの?

パンダ接骨鍼灸院では、逆子でお悩みのプレママ向けに、通常のマタニティ整体に加えて“お灸”を使用した逆子整体を行っています。

藤本院長
「お灸って熱くないの?やけどしない?と聞かれることもありますが、じんわり熱さを感じる程度なのでご安心ください。無理のないように、妊婦さんの体調を第一に考えて行っています。中には、お灸の施術中に胎動を感じるママも多くおられます!」

 

お灸の施術では、よもぎから作られた“もぐさ”(写真左)を使用。また、自宅でも手軽に使えるシートタイプ(写真右)も併用しているそう。

こちらは、右足の小指にある“至陰”というツボに、お灸をしている様子。

藤本院長
「逆子の原因はママの体の冷えが大きく関与しているという説もあります。至陰へのお灸は、逆子整体に置いて代表的なツボです。その他にも胎児の性別によって据えるお灸のツボを変えています。その結果、胎児が動きやすくなり、元の位置に戻れるように促します。実際、お灸をした日は、赤ちゃんがよく動くという方も多いですよ」

広島のプレママさんへ、パンダ接骨鍼灸院からのメッセージ♪

妊娠中のマイナートラブルに悩まされがちなプレママに、藤本院長からメッセージをいただきました♪

藤本院長
「妊娠中は体に大きな負担がかかるので、気持ちの面でもいろいろと不安になってしまうと思います。パンダ接骨鍼灸院では、そんな妊婦さんの悩みを少しでも軽くできるように、初回のカウンセリングで丁寧に状況をお聞きしています。不安や悩みについて、なんでも気軽に相談してください。
また、つわりで特定の匂いが気になる妊婦さんも多いので、芳香剤などの匂いには特に気を配っています。また、コーヒーの匂いが苦手な方もおられると思うので妊娠中の方が来られる時間帯は、スタッフはコーヒーなどを口にしないようにしています。プレママにとって施術はもちろん環境面でも居心地が良い空間を目指しております!」

妊娠中の悩みにアプローチ!プレママに人気のパンダ接骨鍼灸院に相談を♪

腰痛や肩こり、逆子など、妊娠中はさまざまな不安に悩まされがち。マッサージに行きたいけれど、お腹が大きいから無理かな…と諦めているプレママも多いはず。パンダ接骨鍼灸院では、プレママ向けに体への負担が少ないマタニティ整体を行っています!「もっと妊娠生活をリラックスして楽しみたい」「不安を軽くして出産に備えたい」、そんなプレママは、ぜひパンダ接骨鍼灸院を訪れてみてはいかがでしょうか。

パンダ接骨鍼灸院の記事はこちらもチェック!

【パンダ接骨鍼灸院 緑井本院】  

所在地   

広島市安佐南区緑井3-2-3-102   

電話番号   

082-876-3330   

定休日   

木曜午後、日曜、祝日、夏期、年末年始   

駐車場   

6台   

公式サイト   

https://sangokotsuban.site/   

Instagram   

https://www.instagram.com/panda_fujimoto/  

★スタッフ募集中!柔道整復師、鍼灸師、受付スタッフ)を募集中!詳しくは公式サイトをチェック! 

【予約方法】

公式LINEから予約   

https://page.line.me/?accountId=vuo9276z   

上記ページから、友だち追加ができます!   

公式インスタからDMで予約   

https://www.instagram.com/panda_midorii/   

電話予約    

082-876-3330   

【料金表】  

初回   

5,850円   

2回目   

5,150円~   

3回目以降   

3,800円~4,500円   

※回数券もあります  

担当ライター

この記事をシェアする