子育ての困ったはJA広島市にお任せ♡教育資金から日常生活までしっかりサポート!

この記事をシェアする

子育てには不安がつきもの。コロナ禍ということも加わり、心配や困り事が一層尽きないではないでしょうか?計画通り貯まらない教育資金や思いがけない入院、はたまた自転車事故に子供が他人の持ち物を壊しちゃった、なんてことも…。
そんなママたちの「どうしよう?」をしっかりサポートしてくれる、頼もしい味方がJA広島市の共済事業「JA共済」なんです!この記事では、JA共済について詳しくご紹介。「え?JAが子育てとどんな関係があるの?」と思っているあなた、この記事を読めば、その理由がよ~くわかるはず!

知ってる?JA広島市は子育てファミリーの頼れる味方♡

JA広島市ってどんなところ?

まずは、JA広島市について詳しくご紹介しましょう。広島市安佐南区にあるJA広島市本店は、アストラムライン中筋駅から徒歩5分。車でも市内からは約20分と、アクセス良好な場所に位置しています。

「JAって農家さんじゃないと利用できないんでしょ?」と思っているママもいるかもしれませんが、そんなことはないんです。実はJAは、「ひと・いえ・くるま」を総合的に保障する「共済事業」も展開。お手頃な掛金で、保障が充実している、と今広島ママに話題です。

ママをサポートしてくれる「JA共済アンパンマンこどもくらぶ」

さらにJAは、子育てママをサポートしてくれるコミュニティー「JA共済アンパンマンこどもくらぶ」を展開中。広島県内在住の妊娠中もしくは未就学児のママなら誰でも入会OK。入会すると、子育てに役立つ会報がもらえたり、親子で楽しめるイベントに参加できたりと、嬉しい特典が盛りだくさんなんですよ♡

JA共済アンパンマンこどもくらぶ

お近くのJA広島市の店舗はコチラ

さて、ここからはいよいよ、JA共済はママたちのどんな「困った」に対応してくれるのか、詳しくご紹介しましょう!」

なかなか貯まらない教育資金…JA共済なら無理なくしっかり貯められる♡

知ってる?なんと、教育費の目安は1人1,000万円!

突然ですが皆さん、教育費の目安って、子供1人につき1,000万円ってご存じですか?家計への負担のことを考えると、早めに教育費の資金計画は立てておきたいもの。とはいえ、実際にはなかなか計画的に貯蓄するのは難しいですよね。「効率的に教育資金が貯められる方法はないかな?」とお悩みのママに知っておいて欲しいのが、JA共済の「こども共済」です♪

教育資金がしっかり貯められる「こども共済」♡もしものときも安心

JAのこども共済は、子供の教育資金を計画的に積み立てできるうえ、もしものときの保障も手厚いのが魅力。貯蓄型になっているので、確実に子供の教育資金が貯められます。
また、契約者に万が一のことがあった場合に、その後の掛金が免除されるのも、嬉しいポイントです。

JAこども共済は、0歳から12歳までの子供が加入でき、共済掛金払込終了年齢を12歳とした場合の給付率は約105.7%!貯蓄型なので、投資信託のように経済の動向に左右されることなく、確実に給付金を受け取ることができるので安心ですね♡

契約は75歳までOK!孫へのプレゼントに活用する人も

こども共済は、なんと75歳まで契約が可能!ママやパパだけでなく、おじいちゃん、おばあちゃんも契約者になれるというわけです。
出産祝いとして、孫の教育資金をこども共済でプレゼント…という使い方をする人も増えているんだとか。

こども共済の掛金は、子供の年齢や契約者の年齢、性別によって異なります。気になる方はJAに相談してみてくださいね♪

子供の急な入院で思わぬ出費…そんなときもJA共済がしっかりサポート!

子供が体調不良になると家族の収入がダウン?

「学資保険は必要だけど、子供は医療費がかからないから医療保険は必要ない」と思っているママも多いのでは?でも、油断していると、子供の体調不良で家族の収入がダウンしてしまうこともあるんです!
例えば、子供が入院してしまった場合は、パパかママが付き添うことになりますよね。ところが、パート勤務などで有給が取れない、もしくは有給を使いきってしまったという場合には、仕事を休んだ分だけ収入が減ってしまいます。

また、入院時の個室ベッド代の差額は自己負担。さらに、付き添いした親の食事代などもあり出費は案外かさむもの。でも、もし医療保険に入っておけば、これらの医療費はすべて保険金でカバーできますよね。

なんとワンコインから入れる!JAの医療共済「メディフル」

万が一の備えに知っておいて欲しいのが、JAの「メディフル」。0歳から加入できる医療共済です。メディフルの特徴は、掛金の安さ!0歳の女の子の場合、掛金は月々498円から。なんと、ワンコインでお釣りがくるんです。


さらに、メディフルは時代に合った充実の保障内容が魅力。新型コロナウイルスに感染し、入院療養となった場合には、まとまったお金を受け取れます。しかも、宿泊療養、自宅療養でも一時金は支給されるのだとか。まだまだ猛威を振るっている新型コロナウイルス。メディフルに加入しておけば、もしものときに、しっかり資金面でサポートしてもらえます。

日帰り入院から一時金支給♪うれしいお祝い金も

メディフルは、日帰り入院でも一時金が支給される点もポイント。子供って、点滴やケガなど意外と日帰り入院が多いもの。メディフルなら、しっかりサポートしてくれます♪

さらに、加入期間中に入院がなければ、3年もしくは5年ごとに「健康祝金」が支給されます♪受け取ったお祝い金は、子供のライフイベントに活用できますね♡

※健康祝金は、「健康祝金支払特則」を付加した場合に限ります。

日常生活には「まさか」がいっぱい!そんなときもJA共済におまかせ

近い将来、保険に入っていないと自転車に乗れなくなるかも…

「子供が自転車で歩いている人にぶつかって、ケガをさせてしまった」「子供が誤ってお店の商品を壊してしまった」こんな経験をしたことのあるママ、いませんか?このような、故意ではないトラブルでも、賠償金を請求されるケースがあるんです。

特に最近は、自転車の事故によって、高額な賠償金を請求されるケースが増加中。それに伴い、自転車保険の加入を義務付けている都道府県も増えています。近い将来、広島も保険に入っていないと自転車に乗れない、なんてことになるかもしれません。

JAの自動車共済「クルマスター」は、日常生活のトラブルにも対応

そこで、「いざというときのために、しっかり準備しておきたい」、というママにおすすめなのが、JAの自動車共済「クルマスター」
え?なんで自動車共済?と思っている方もいるかもしれませんが、実は、クルマスターには、日常生活のトラブルに対応してくれる「日常生活賠償責任特約」があるんです♪
しかも、クルマスターに1名が加入したら、家族みんなを保障してもらえるので、子供だけでなくパパやママも安心。

お手頃掛金で保障も充実♡家計ダイエットにピッタリ

クルマスターの魅力は、日常生活賠償責任特約だけではありません。クルマスターにはさまざまな割引が付いているので、今までの自動車保険よりも、掛金がグンと安くなることも。

さらに、保障内容も充実!対人・対物賠償の共済金額は無制限。災害や盗難に遭った場合にも共済金が支払われるので、さまざまなリスクを幅広く補償してくれるんです。

JA広島市では、見積もり相談を随時受け付け中。2022年3月31日までは、お得な見積もりキャンペーンも開催されているので、この機会にぜひ相談してみてください。

キャンペーン詳細はこちら

子育てママの頼もしい味方♪JA広島市に相談しよう

子供の教育資金から病気やケガのとき、万が一のトラブルまで子育てママを幅広くサポートしてくれるJA共済。いずれもお手頃掛金で、充実保障が魅力です。子育ては、悩みや心配事が少ない方がいい…それってママたち共通の願い。JA共済は、そんなママたちの思いを応援してくれます。JA広島市では、見積もり相談を随時受け付け中。気になる方はJA広島市へ。きっとあなたの不安が安心に変わるはずです♪

<基本情報>

会社名

JA広島市

住所

〒731-0122 広島県広島市安佐南区中筋3丁目26-16

電話番号

082-831-5927(共済推進課)

営業時間

9:00~15:00

定休日

土・日・祝

公式サイト

https://www.ja-hiroshimashi.or.jp/

この記事をシェアする