フレッシュな美味しさを満喫♡広島の夏の果物狩りスポット4選

この記事をシェアする

初夏から秋にかけては、いろいろな果物が旬を迎える、まさに「果物天国」なシーズン♡最盛期の果物の美味しさを堪能できます。
そこで今回は、広島県内で夏の果物狩りを楽しめるスポットを4つご紹介。次のお休みは、家族で果物狩りにお出かけしてみるのはいかがですか?

ももに梨にデラウェアも♪平田観光農園

出典:@hirata.farm

広島を代表する果物狩りスポットと言えば、やっぱり平田観光農園!四季折々でさまざまな果物狩りを楽しめます。現在は、ももやぶどう、なし狩りのシーズン♪

出典:@hirata.farm

「あれもこれも全部食べたい!」というママのために、色々な果物をちょっとずつ楽しめる「ちょうど狩り」もありますよ。園内にはどうぶつ広場やカフェも併設されているので、1日中楽しめちゃいます♡

平田観光農園

住所

広島県三次市上田町1740-3

電話番号

0824-69-2346

営業時間

10:00〜17:00

※果物狩りの受付時間は16:00まで

休園日

3月~11月は無休

入園料

平日…¥330

土日祝…¥550

※果物狩り料金は別途

詳しくはこちら

詳しくはこちら

http://www.marumero.com/

ぶどう狩りスタート!ブルーベリーにトマトも♪豊平どんぐり農園

広島市内から車で約1時間、ちょっとしたドライブにもぴったりなのが「豊平観光農園」です。広々とした園内はベビーカーでもスムーズに通れるのでママには嬉しい♪農園では今、ぶどうにブルーベリー、そしてトマト狩りが楽しめます。もぎたての新鮮な果物や野菜の美味しさを、思う存分味わってみませんか?料金は果物によって異なるので、HPで確認してくださいね。近くには、道の駅 豊平どんぐり村や豊平総合運動公園もあるので、果物狩りついでに北広島町を満喫するのもおすすめ!

豊平どんぐり農園

住所

広島県山県郡北広島町阿坂4827-1

電話番号

080-1633-2785

営業時間

10:00~16:00

休園日

月・火曜日(月曜日祝日のみ開園)

料金

果物や野菜によって変動あり

詳しくはこちら

https://toyohira-df.jp/

梨狩りがオープン♪果実の森公園

出典:@kanabun.0614 さん

果物狩りはもちろんのこと、季節の果物やスイーツの直売も行っている、まさにフルーツの楽園「果実の森公園」。8月18日から梨狩りがスタートします♪持ち帰りはもちろん、食べ放題もあるので、果汁がたっぷりの瑞々しい梨を、思う存分堪能できますよ。果物狩りでお腹いっぱいになったら、園内にある芝生広場で、思いっきり体を動かして遊びましょう。ゲートショップでは、ジャムやジェラートなど、フルーツ加工品の買い物も楽しめます。

果実の森公園

住所

広島県三原市大和町大草75-28

電話番号

0847-34-0005

受付時間

9:30~15:30

休園日

8月平日:

パン・パイ菓子工房/ジェラード工房休館

※季節によって変更あり

入園料金(梨狩り)

大人(中学生以上) 1000円

小学生 600円

幼児(3歳以上) 300円

詳しくはコチラ

http://www.kajitsunomori.co.jp/

大粒のぶどうがとれる♪世羅幸水農園

出典:@hiromi_nari さん

世羅高原にある「世羅幸水農園」は、なんと東京ドーム13個分の広さを誇る果樹農園。梨狩りが22日で終わりを迎えますが、8月28日からはいよいよぶどう狩りがスタート♡食べ応えたっぷりの大粒でジューシーな甘いぶどうが勢ぞろいです。
木の上は全面ビニールで雨除けされているので、天気が悪くても大丈夫。さらに、ぶどうの葉で陽ざしが遮られているので、カンカン照りでも快適♪天候に関係なくぶどう狩りが楽しめます。園内には長椅子も設置されているので、疲れたらひと休みもできますよ。

世羅幸水農園

住所

広島県世羅郡世羅町本郷365-20

電話番号

0847-22-2219

営業時間

9:00~16:00

休園日

ぶどう狩りのみ水曜日定休

料金(ぶどう狩り)

大人(中学生以上) 1,300円(税込)

小人(4歳以上) 800円(税込)

※1時間食べ放題

詳しくはこちら

https://www.sera-kousui.jp/

旬の美味しさを満喫しよう♡

フルーツを自分の手でもぐ楽しみと、新鮮な果物の美味しさが味わえる果物狩りは、ファミリーでのお出かけに最適♡子供たちも大喜び間違いなしです。パパやママも、果樹園の自然に癒されながら、家族みんなで「美味しい♡嬉しい♡」な時間を過ごしてみませんか?

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする