「早くから英語に触れるといいって本当?」YMCA生徒の保護者に直撃!

この記事をシェアする

子どもの習い事として、人気の高い“英語”。「やっぱり赤ちゃんの頃からはじめるべき?」と悩んでいるママには、YMCAがおすすめ!1歳児から通える『ベイビー・アウルズクラス』は、楽しく英語の基礎力を磨ける環境が整っているんです。
今回は「ベイビー・アウルズクラスから、6年間YMCAに通い続けている男の子がいる」との噂を聞きつけ、その子のママに話を聞きに行くことに。小さい頃から通うメリットや「英語力はついていると思う?」など、気になる質問をぶつけてきました!

 

YMCAのベイビー・アウルズクラスって?

はじめての習い事でも安心!アットホームなクラス

YMCAのベイビー・アウルズクラスは、1歳児向けの親子クラス少人数制で、ママといっしょに参加するので、子どもも安心して環境になじめます。
レッスンは、外国人講師が担当。それは「早期から英語をはじめる子どもは、耳から聞いた通りの音を身につけていく。だから、本格的な英語の音に触れてほしい」という理由からなんだそうです。
レッスン中の様子は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

広島ではここだけ!ズーフォニックスを取り入れたレッスン

そして、ベイビー・アウルズクラス最大の特長といえば“ズーフォニックス”の学習法。これは、アルファベットの正しい音を身につけておくことで、『聞く・話す・読む・書く』の4技能をバランスよく伸ばしていくものです。

アルファベットの正しい音を身体にすり込んでいくから、きれいな発音が身についたり、見慣れない単語も読めるようになったりするんだとか
ズーフォニックスについては、こちらでより詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください!

「なぜ1歳半でYMCAに?」生徒のママに聞いてみました

簡単にベイビー・アウルズクラスについてご紹介しましたが、私たちママが習い事を選ぶときに気になるのは、やはり実際に通っている方の口コミですよね。そこで今回は「ベイビー・アウルズクラスからスタートして、その後6年間YMCAに通い続けている」という、ケントくんのお母さんに、お話を聞かせてもらいました。

現在小学2年生のケントくんは、1歳半のときにベイビー・アウルズクラスに入ったそう。ケントくんのママは、なぜそんなに早くから英語の習い事をはじめようと思ったのでしょうか。

YMCAに入ったきっかけは?

小学校から英語教育がはじまると聞き、興味がありました。さらに「英語の聞き取りが無理なくできるようになるには、幼少期にはじめたほうがいい」という話を耳にしたからです

なるほど!ケントくんが赤ちゃんの頃から、将来のことをいろいろ考えてあげていたんですね。しかし、ベビー向けの英語教室っていろいろありますが、なぜYMCAを選んだのでしょうか。

体験に行ってみて、そのときの子どもの様子や、レッスンの雰囲気で決めました。YMCAのベイビー・アウルズクラスは、少人数制で講師も外国人。海外の方と直接触れ合える機会って、なかなか作ってあげられませんよね。レッスンも、子どもが喜ぶおもちゃを使ったり、音楽に乗せて身体を動かしたりと、とっても楽しかったんです

ケントくんのママは、ズーフォニックスの学習法も気に入ったそう。幼稚園、小学校と年齢が上がっても、長く通い続けられそう!と思って選んだそうです。

早くから英語の習い事をはじめることに不安はなかった?

私自身が英語に対して苦手意識があったので、外国人の先生とのレッスンに、少し不安はありました。けど、ベビー向けのクラスなので、先生の指示も簡単な単語ばかり。すぐに気持ちを切り替えられましたよ

ベイビー・アウルズクラスは親子で参加するので、“親子のコミュニケーションの時間”として考えることにしたそう。
ケントくんも、当時はまだ1歳。まれに、気が乗らない様子の日もあったそうです。しかし、ママも「習い事というより、遊びに行く感覚で楽しもう」と、気負わないことに決めたんだとか。
今になってみると、ベイビー・アウルズクラスでの時間が、親子の素敵な思い出になっているようですよ。

ママの本音を知りたい!「赤ちゃんの頃から英語をはじめて…正直どう?」

さて、ママとして一番気になるのは、「早くから英語をはじめて、よかったと思う?」という点ですよね。通いはじめてからのケントくんの様子なども教えてもらいました。

通うのがつらくなったことは?

年中になったばかりの頃、学年がひとつ上がって内容がレベルアップしたので、ケント自身「先生の質問や指示が分からなくなった」と感じる時期があったようです

1歳半から楽しく通っていたケントくんが、このときはじめて、不安そうな顔でレッスンに行ったそう。

でも、YMCAは日本人の先生もいるし、コーディネーターさんも親身になって話を聞いてくれます。相談したところ、レッスン中の補助など、手厚くサポートしてもらえました!ケントも、すぐに安心できたようです

担当の先生だけでなく、YMCAのスタッフみなさんで見守ってくれているんですね!とても心強く感じます。

ずばり!ベイビー・アウルズクラスから通うメリットを感じてる?

赤ちゃんの頃から触れているおかげで、英語に抵抗感がありません。YMCAは外国人講師も多く、レッスン以外でも英語が聞こえてくるのですが、ケントは耳にした英語をすんなりマネできちゃう。同じ頃からYMCAに通っている保護者の方と、いつも「発音がきれいだよね」と驚いています

赤ちゃんの頃から英語に触れているケントくんは、耳から入ってきた英語の音を、抵抗感なくそのままマネしているそう。だから、発音も磨かれていくそうです
中学生から英語をはじめた私は、「Rの発音が恥ずかしいな…」や「この発音で本当に大丈夫かな」なんて思っていましたが、もちろんケントくんは恥ずかしがる様子もないんだとか。

以前、海外から来ている方とお話をする機会があったのですが、ケントは恥ずかしがることもなくコミュニケーションを取ろうと頑張っていました。これも、1歳から当たり前のように英語に親しんできたおかげです

ケントくんは外国人と会話をするとき、躊躇することはないそう。知っている単語でコミュニケーションしようと頑張る姿を見て、ママはケントくんの成長を感じ、嬉しくなったそうです。

また、YMCAの特長でもあるズーフォニックスにも、効果を感じているとのこと。

ベイビー・アウルズクラスの頃からズーフォニックスで学んでいるので、『読み・書き』にも強くなりました。今では、はじめて見る単語でも、音を組み合わせて読んでいます

初見の単語を自力で読めるようになるなんて、ズーフォニックスってすごい!

ケントくんが着実に力を伸ばしている理由って?

最後に「YMCAで英語力が身につく、最大の理由」について、長年通っている保護者の目線で考えてもらいました。

子どもが楽しく通えることが一番!とくに幼いうちは、楽しくなければ続けられませんよね。YMCAは、レッスンにも子どもを飽きさせないような工夫が凝らされています。歌やアートなど、さまざまな体験ができるので、子どももとっても楽しそうです

現在のケントくん。YMCAのレッスンで描いた絵を見せてくれました!

通っている子ども自身が楽しめる、楽しいから続けられる、続くから力がついていく。このサイクルができるんですね!

ベイビー・アウルズクラスで磨くのは英語力だけじゃない

1歳から習い事をはじめようと思うと、ママもいろんな不安があるもの。しかし、ケントくんのママの話を聞いていると「これなら楽しく通えそう」と感じます。しかも、はじめて会う海外の人たちとも積極的にコミュニケーションができるなんて!ただ“聞き取れる”“話せる”だけでなく、いろんな力が養えるんですね。私も、ケントくんの1歳からの成長をいっしょに見た気持ちになり、とても感動しました。

学校法人 広島YMCA学園

住所

〒730-8523 広島県広島市中区八丁堀7-11 広島YMCA 本館1階

TEL

082-228-2269

HP

http://hymca.jp/ls/m/index.html

http://hymca.jp/ls/m/ylc.html(クラス紹介)

http://www.hym7.jp/gaigo/class-ac/?page_id=17(時間や費用など)

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする