子どもの習いごとにおすすめ!YMCAの「英語でバレエ」レッスンしながら楽しく身につく♪

この記事をシェアする

さまざまある習いごとのなかでも、クラシックバレエは「姿勢がよくなりそう・美しい振る舞いが身につきそう!」といったイメージがありますよね。とくに女の子ママからは高い関心を集めているようです。しかし費用などの面で、敷居が高いと思っている方も多いのでは?そんなみなさんには、YMCAの「英語でバレエ」クラスがおすすめ。今回pikabuでは、特別にレッスンを見学してきました!

人気の習いごと「バレエ」!YMCAなら英語で学べる

中区八丁堀にある『広島YMCA外語学院』は、「ネイティブの子どもたちと同じ方法で英語が学べる」と評判の英会話教室。
日本語のように英語も自然と身につけたい!と考えるママたちから大人気です。

YMCAには子どもたちの興味をかき立てるさまざまなクラスがありますが、今回おすすめするのは「英語でバレエ」!バレエのレッスンを、英語のみ(オールイングリッシュ)で行います。
「バレエの習いごとって大変そうなのに。“英語で”なんて難しいのでは?」と思ったみなさん!実はYMCAの英語でバレエは、「クラシックバレエは敷居が高そう」と躊躇している方にこそおすすめなんです。

しかもオールイングリッシュだから、英語に触れる機会もできちゃいます♡
実際に「英語を習わせたいけれど、本格的なクラスはまだ迷ってしまう」「バレエも英語も気になる…けど、たくさん習いごとをさせるのも負担になりそう」というママたちからの問い合わせも多いんだとか。

「英語でバレエ」レッスンの様子を見学してきました

それでは、レッスンの様子を見ていきましょう。

先生もチュチュも…♡憧れがいっぱい!

英語でバレエの講師を務めるのは、ロシア出身のTatyana先生。5歳の頃からずっとクラシックバレエに携わっている方なので、立ち姿や振る舞いがとってもきれいなんです。
ピンとのびた背中に、指先まで美しいひとつひとつの動作。その優雅な姿に、憧れを抱く子どもたちも多いそうですよ。
「私もこんなふうになりたい!」その気持ちって、子どもにとっては大きな原動力になりますよね。

もうひとつ女の子の心をくすぐるのが、バレエならではのかわいらしい衣装♡プリンセスになった気分を味わえること、それだけでやる気もグンとアップしそうです。

しかし保護者にとっては、発表会の衣装が不安要素のひとつでもありますよね。バレエって衣装も高額で、さらに発表会では手づくりもしなければならない…と耳にしたことのあるママもいるのではないでしょうか。

YMCAのバレエの発表会は、年に1回。「追加で高額な費用を請求」や「衣装はママの手づくり必須」なんてこともなく、気軽に参加できます。ママたちの負担にならないよう、Tatyana先生が工夫してくれているそうですよ。

楽しみながらたくさんのことが自然と身につく!

レッスンは、バレエの基礎練習からスタート!「up down」や「point step」など簡単な単語に合わせて、20分ほど基本の動作を学びます。
先生の指示はすべて英語ですが、動きとセットになっているから子どもたちにもすんなり伝わるんだとか。アシスタントの先生がお手本を見せてくれているので「なにをすればいいかわからない!」と困惑している子はいませんでしたよ。

基礎練習もクラシック音楽に合わせて行うので、みんなとっても楽しそう!

マットを使った基礎練習も。すでに座り姿が洗練されたこちらの女の子は、年少さんかな?まだまだ小さなお姫さまでしたが「もうここまでできるの!?」と驚くほどでした。

なにげない仕草や表情は、大きくなったとき1日では変えられませんよね。こうして小さいころから積み上げておけば、自然と品のある所作が身につきそうです。

体育座りで足を上げる姿勢は、体幹トレーニングにもなりそう!
美しい踊りを披露するには、たくさんの要素が必要なんですね。そのぶん、バランスよく身体が整っていくのでしょう。

バレエって短期間で習得できるものではありませんが、「継続すれば少しずつできることが増える」という喜びも知ることができるかもしれません。
子どもたちは、なごやかなムードのときもあれば、ストイックに向き合う瞬間も。小さな子どもたちが真剣に取り組む姿に、見ている私たちもグッと心を揺さぶられました。

自然と先生の言葉も理解できるように!

基礎練習を終えたら、劇のような流れのある振り付けのレッスンも。
10人ほどのレッスンですが、Tatyana先生は生徒ひとりずつをしっかり見て、こまかく指導をしてくれます。

「もっと肩を下げて」などシンプルな英語での指導なので、英語の初心者・初級者でも安心して入っていけそうです。

子どもたちも先生の英語をマネしながら練習していたので「レッスンで出てくる英語は自然と話せるようになるんだな」と感じました。

バレエって高そう…気になる費用は?

英語でバレエは年少~小学生が対象。週1回・50分のレッスンです。
気になる授業料は、年間で80,000円前後。12分割で支払うこともできるので、月々8,000円かかりません!
バレエって高額なイメージがありますが、一般的なほかの習いごととそう変わらないのではないでしょうか。バレエだけでなく英語に触れる機会もできるので、とってもリーズナブルに感じます。

バレエは数回ですぐに上達するものではないからこそ、長く通っても負担にならない価格はうれしいですよね。このときレッスンに来ていた子どもたちも、ほとんどの子どもたちが1~2年以上通い続けているそう。
子どもが楽しめてママにも負担が少ないから、「バレエは敷居が高い…」と躊躇しているみなさんにもおすすめなんです。

まだまだある!「英語で○○」

さて、今回はバレエクラスを詳しくご紹介してきましたが、YMCAには英語で学ぶホビークラスがまだまだありますよ。
そのほかの「英語で○○」はコチラ

バイオリン(4歳~成人)
ギター(年中~小学生/隔週)
クッキング(小3以上/月1回)
ピアノ(年長以上/月2回)
ウクレレ (小学生以上/月2回)

 

バレエのクラスには男の子もいるそうですが、やはり圧倒的に女の子が多い様子。男の子ママは、ぜひそのほかのクラスにも注目してみてくださいね。
どのクラスでも、興味がある・好きな分野を学ぶことで、英語って楽しい!と実感できるところはいっしょ。いざ本格的に英語を学ぶときにも、抵抗感が少なくなるそうですよ。

しかも授業料は、月々10,000円以下のものばかり(バイオリンのみ2019年10月の増税後から10,560円)。英語+別の習いごとをするよりも、圧倒的にリーズナブルです。

なにかをはじめたい…!そんなとっかかりにも◎

英語を学ぶのではなく、英語で学ぶYMCAのホビークラス。今回はバレエクラスの魅力をご紹介しました。Tatyana先生は講師としての経験も豊富なので、安心して任せられますよ。幼児期の習いごとは負担を少なく楽しみたい!と思っているママは、ぜひ仲間入りしてくださいね。

学校法人広島YMCA学園 YMCA外語学院

住所

〒730-8523 広島市中区八丁堀7-11 広島YMCA 本館1階

TEL

082-228-2269

HP

http://hymca.jp/ls/m/index.html

英語でバレエ

年少~年長クラス 月15:15~16:05 または 水15:30~16:20

年長・小学生クラス 月16:30~17:20

受講料:月曜日クラス 6,768円(2019年10月分より7,755円)

    水曜日クラス 7,614円(2019年10月分より7,755円)

※年間の授業料を12分割した場合

 

発表会 年1回・10,000円程度別途費用が必要

※参加費・会場費・衣装小道具代・特別レッスン代を含んだ金額

YMCAの関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする