【求人あり】ママ保育士が多数!peekaboo企業内保育園が働きやすいのはなぜ?

この記事をシェアする

“子育てママの働くオフィス”として、広島県内でも注目を集める「peekaboo(ピーカブー)」。今回はオフィスではなく、隣接する企業主導型保育園のご紹介です♪
「ママの働きやすさ」を追求し続けるpeekaboo、実は保育園の方にも「子育てしながら働くママ保育士が多数在籍している」とのこと。「どんな保育を行っているの?」「ママが働きやすいのはなぜ?」など、保育士復帰を検討中の広島ママへ詳しくお伝えします!

企業主導型保育園あり!子育てママが働く「peekaboo」とは?

「株式会社peekaboo(ピーカブー)」と聞けば、「知ってる!」という広島ママも多いのでは?中には、就職先として検討しているママもいるかもしれませんね。

現在は安佐南区八木、中区袋町にオフィスを構えるpeekabooは、子育て中でも働きやすい職場環境を整え、従業員の約9割がママという会社です。

結婚や出産を機に仕事を辞めざるをえなかった人、社会人経験ゼロで働く勇気が出なかった人、働きたいけど子育てとの両立が難しい人…peekabooはそんなさまざまな広島ママたちの再出発をサポートしてきました。
最初は数名からスタートした会社も、今では約190名の従業員が活躍しています。

オフィスに隣接するpeekabooの「企業主導型保育園」

peekabooがママにとって働きやすい理由のひとつに、オフィス隣接の「企業主導型保育園」があります。

「企業主導型保育園」とは?
従業員の働き方に応じた保育の提供、待機児童解消への地域貢献を目的とし、2016年に内閣府がスタートした事業です。(※参考 内閣府HP「企業主導型保育事業」

peekabooは広島市内としては初めて、企業主導型保育園を立ち上げた企業…!
現在では、こちらの3拠点があります。

  • peekabooせせらぎ保育園(八木) :0歳(首すわり後)~2歳児まで
  • peekaboo袋町保育園(袋町) :0歳(歩けるようになったお子さん)~2歳児まで
  • peekaboo幼稚舎(八木) :年少~年長まで

保育園に加え、2019年4月には幼稚舎も開設しました。海外の幼児教育先進国にならい、少人数制の縦割り保育を採用。体操や造形、英語(英語教員が常駐)、ショウアンドテル※など、子どもの未来を育むためのさまざまなカリキュラムが行われています。
※ショウアンドテル(show&tell)…海外の幼稚園で行われている、クラスメイトの前で自分の興味のあることや最近の出来事などについて発表する教育科目。

▼内閣府の「企業主導型保育事業 立ち上げ事例」で紹介されました!

八木、袋町の2つの保育園はオフィスとマジックミラーで遮られていて、ママたちはお仕事中でも子どもたちの様子を覗くことができます

peekaboo保育園が“託児”にとどまらず、積極的に“保育を通じた幼児教育”をしてくれるところもママたちにとっては嬉しいポイント。創意工夫をこらしながら熱心に子どもたちに接してくれる先生のおかげで、ママたちは安心して働けています♪

▼peekaboo代表ブログ「peekabooが敢えて託児所ではなく”保育園”を隣接させた理由★」

peekabooの企業内保育園ではどんな保育をしているの?

「一人一人に寄り添うこと」を大切にするpeekabooでは、次のような保育を行っています。

一人一人の成長としっかり向き合える♪年齢で分けないクラス編成

八木のせせらぎ保育園では、年齢別のクラス編成ではなく、お子さんの発育に合わせて6部屋に分けています。袋町保育園も、異年齢の子どもたちが一緒に遊べる環境に。

小学校に入るまでの子どもたちは、同じ年齢であっても発育の進みはさまざまですよね。保育士が一人一人としっかりと向き合えるように、敢えて年齢で分けないクラス編成をしています。

▼peekaboo保育園の教育について詳しくはこちら

子どもたちの生まれ持った“気質”に合わせた保育

peekabooでは、発達心理学と気質心理学に基づいた「キッズコーチング」という教育論を採用しています。簡単に言うと、「子ども一人一人に生まれつき備わっている“気質”を理解して、それぞれに合わせた接し方をする」ということ。実は、しっかりとマニュアル化して取り入れている保育園は広島でpeekabooだけなんです。

peekabooの保育士からは、

「子どもたちには一人一人個性があるので、同じように声をかけても届くときと届かないときがあります。でも、どうして届かないのか、その理由や対処法はよく分からないことがほとんどでした。でも気質を意識するようになってからは、子どもたちのことが前より分かるようになって、上手くコミュニケーションが取れるようになったんです」

という声も。「仕事が前より楽しくなった!」と、やりがいにつながっている保育士も多いようです。

とはいえ、最初は「気質心理学?キッズコーチング?…なんだか難しそう」という人が多かったんだとか。
peekabooではキッズコーチングをメインとした研修があり、マニュアルもあるので一からしっかりと学べます。職場には資格を持った先輩も多くいるので、困ったときにはフォローしてもらえるはず。キッズコーチングはその場ですぐに実践できる理論なので、きっと学ぶのがどんどん楽しくなりますよ♪

▼「キッズコーチングとは?」一般財団法人日本キッズコーチング協会HPより

ママ保育士が活躍!子育てしながら働きやすいのはなぜ?

保活をしなくてもすぐに働けることから人気の託児付き保育園。peekabooの保育士の中にも、同じ敷地内でわが子を預かってもらいながら働くママが多くいます。どんなところが働きやすいのか、その理由を聞いてみました!

子どもと一緒に出勤・退勤できる

職場と保育園が一緒なので、送迎の時間に振り回されることなく、朝も帰りもゆったり♪
子どもの急な体調不良で呼び出しがあったときも、すぐにお迎えへ行けます。担任の先生が同僚なので、少しお迎えが遅れそうなときも気兼ねなく相談できるからいいですよね♪

家族のライフスタイルに合った勤務時間で働ける

パート勤務の場合、家族のライフスタイルに合わせて出勤・退勤時間を調整できます※。
勤務時間がある程度自由に決められるのも、企業主導型保育園ならでは。peekabooの保育園はオフィスのママたちの始業就業に合わせて開かれているので、一般の保育園よりも預かり時間が短く、保育士の早番遅番にも対応しやすいんです。
※正社員は規定通りの勤務時間になります。

授乳室完備!卒乳前から働ける

八木せせらぎ保育園内には、授乳室が完備。お子さんが卒乳前であっても、八木保育園であれば働くことができます。

見てください、この可愛い授乳室…♡こんなところにも「ママが楽しく働けるように」というpeekabooのこだわりを感じます。

同じ施設内に授乳室があるおかげで、ママたちは仕事中に少し抜け出して授乳することが可能に。peekabooなら、就職を前に「断乳しなきゃ!」と焦る必要もないんです。

忙しいママ大助かり!美味しい給食が提供される

八木せせらぎ保育園には給食室があります。毎日、出汁からこだわって作られていて、栄養バランスもばっちり。(毎朝、オフィスに到着すると美味しそうな出汁の香りがするのです♡)

※お迎えの時間になると、園の玄関には今日の給食が公開されています

この給食は、子どもたちだけでなく、ママたちからも大好評。夕方まで働いていると、つい夕飯が適当になっちゃう…という声も多いですが、peekabooの給食はそんなママたちの肩の荷を軽くしてくれているようです♪

広島でママ保育士として働くならぜひpeekabooへ♡

せっかく保育士の資格を持っているのに「育児との両立が難しいから」「保育園が見つからないから」という理由であきらめるのはもったいない!託児付きのpeekabooの保育園なら、保活をしなくてもすぐに働き始められます。保育士としての復職を悩んでいる広島ママは、ぜひpeekabooでチャレンジしてみませんか?

▼peekabooの企業内保育園の採用ぺージ

株式会社peekaboo

住所

【本社】

広島県広島市安佐南区八木1-20-12セ世良ガーデン1F

【袋町オフィス(peekaboo袋町保育園)】

広島市中区中町1-29ラ・テール袋町公園2F

【八木オフィス(peekabooせせらぎ公園)】

広島市安佐南区八木1-20-12セセラガーデン1F

TEL

082-873-3400

公式HP

「子育てママの働くオフィス【peekaboo(ピーカブー)】」

公式Instagram:@peekaboo.hiroshima

公式Twitter:@bm_peekaboo

peekaboo代表 小村佳子Instagram:@peekaboo.keiko_komura

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする