広島の方言が人気!?他県の人にも人気の広島弁を徹底解説!

この記事をシェアする

広島の方言。つまり、広島弁にどんなイメージがありますか?語気が強いので「怖い」というイメージがある方も多いのではないでしょうか。今、そんな広島弁が「かわいい」と人気なのだそう。映画「この世界の片隅に」の主人公すずさんのおかげか、それとも広島を舞台にしたドラマや映画に出演するきれいな女優さんのおかげか。真相はわかりませんが、かわいいと思われているなんて広島の女性にとってはうれしいですよね。今回は、かわいいと人気の広島弁や「これ標準語じゃないん?」といった、意外に広島弁と知られていない言葉まで、広島の方言のあれこれを徹底的に解説させていただきます。

広島の方言は地域によって違う?

広島の方言とひと言でいっても、地域によって少し違いがあるようです。どんな風に違うのか特徴などを紹介します。

広島の方言「広島弁」は大きく分けて2種類

広島以外の地域でも、東と西で話している言葉が違うことがありますよね。日本全体で見ても、東と西で違いがあるように、広島の方言「広島弁」も、地域によって少し違いがあるようです。
広島の安芸と呼ばれる西側の地域と福山や尾道など備後と呼ばれる東側の地域で方言が分かれています。備後側の方言は語尾に「ばあ」とつくのが特徴らしく、名古屋や岡山など関西に近いイントネーションなのだそう。
一般的に広島弁として知られているのは安芸側の方言ですが、同じ安芸でも呉市と広島市、山口側の地域などで少しずつイントネーションなどが違っているんですよ。

広島の方言の特徴は?

広島弁のさまざまな特徴をチェックしていきましょう。

広島弁のイントネーション

広島弁のイントネーションは、標準語と比べると1音下に下がっていることが多いようです。
「あがとう」は標準語では、前半のにアクセントがつきますが、広島弁では「ありとう」と後半のにアクセントがつきます。
こういったイントネーションの違いは、広島に住んでいると気づきにくいですが、県外にでて指摘されて気がつくことが多いかもしれませんね。

広島弁といえば「じゃけん」

広島の方言でよく使われる「じゃ」。「~じゃ」とか「~じゃけん」のときは、「~だ」と断定する意味になって、「~じゃけえ」の場合は、そのあとに言葉がつづくことが多いですよ。
ほかにも、後ほど紹介する「~じゃろ」とか「~じゃのう」など、広島弁には「じゃ」のつく方言がたくさん登場します。

男性と女性で違う場合も

広島弁は、男性と女性で使う方言が違うこともあります。
例えば、女性の「あんたぁなんしよんね」、男性の「こんなぁなにしよんな」は、どちらも標準語に変換すると「あなた何してるの?」という意味です。一人称も、女性は「うち」男性は「わし」という方が多いのが特徴です。

他県の人からかわいい♡と言われている広島の方言TOP5

他県の人からも「かわいい♡」と言われている広島弁。中でも人気のTOP5の意味や例文などを紹介していきますね。

かわいい広島弁【~じゃろ】

「~じゃろ」は、標準語では「~でしょ」という意味です。少し前に流行した林先生の「今でしょ!」を広島弁でいうと「今じゃろ!」となりますね。
「広島弁かわいいじゃろ?」とか「これ美味しそうじゃろ?」など、同調してほしいときにもよく使います。「これいいね!」といわれて「でしょ!」と答えるように、広島弁では「じゃろ!」と答えることが多いですよ。

かわいい広島弁【なんしよん?】

「なんしよん?」は、「何してるの?」という意味です。「なにしよるん?」とか「なにしよん?」と言ったりもします。
広島生まれ広島育ちのお父さんたちが同じセリフをいうと、「なんしよんな」とか「なにしよんなら」と、ちょっと怖い感じに聞こえてしまうこともあるかもしれません…。

かわいい広島弁【こうたら?】

出典:Unsplash

「こうたら?」の「こう」は「買う」という意味です。「こうたら?」は「買ったら?」とか「買えば?」と同じように使います。
例えば「あれこうてきてくれた?」「こうてきたよ」そんな風に使うことが多いですよ。

かわいい広島弁【~けん】

「~けん」とか「~けえ」は、きっとたくさんの人が知っているメジャーな広島弁。どちらも「~だから」という意味で使います。
例えば「疲れたけん、休もうや」「これのうなったけん、こうとこうや」(これなくなったから、買っておこうよ)とか、「じゃけんいうたじゃろ!」(だからいったでしょ!)といった感じで使います。

かわいい広島弁【~しんちゃい】

「~しんちゃい」は、「~してください」「~しなさい」という意味です。大人が子供に使うことが多いですが、友だちや家族やなど親しい間柄で使うことも。
同じ意味の「~しんさい」をさらにソフトにしたイメージで、男性よりは女性が使うことの多い方言です。
「宿題しんちゃい」や「これ食べんちゃい」などとてもやさしい広島弁のひとつですが、なかなか言うことを聞いてくれないと、「しんちゃいや!」と語気が強くなってきます。
ちなみに、男の人が同じ意味で使うのは「~せいや」。かけ声のようですが、~しんちゃいと同じように語尾につけて使います。

標準語じゃない!?実は広島の方言5選

出典:Unsplash

広島県民も方言とは知らず、標準語だと思って使っている言葉がいくつかあります。指摘されてはじめて知る人もたくさんいるようですよ。

ほんまは広島弁よ!【たう・たわん】

「たう・たわん」は、「届く・届かない」という意味です。手足が届く、届かないというときに使う言葉なので、それ以外では使いません。
男性が好きな女性が使う広島弁でもあるようなので取ってほしいものがあるときは「たわんけえ、取って♡」とかわいくお願いしてみてはいかがでしょう。

ほんまは広島弁よ!【はぶてる】

出典:Unsplash

「はぶてる」は、「ふてくされている」「すねている」という意味です。「なにはぶてとるん?」と、広島のお母さんなら、きっと一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。
「はぶてんさんなやー」とか、「ありゃあ、はぶてとるわ」(あの子はすねてるよ)という風に使います。

ほんまは広島弁よ!【たちまち】

出典:Unsplash

「たちまち」は標準語だと思っている方も多いのでは?筆者も関東で働いているときに「たちまち~しておこう!」と言ったら、”きょとん”とされた経験があります。広島では「たちまち」とは「とりあえず」という意味で使われるケースがほとんど。
標準語でもたちまちという言葉を使うことがありますが、「ただちに」とか「すぐに」という意味で使われることが多いので、ニュアンスが変わってきてしまいますね。
広島で居酒屋に入ったら「たちまちビール!」と注文してみましょう。

ほんまは広島弁よ!【うち】

広島の方言の「うち」は「わたし」という意味で、主に女性が使います。「うち」という女性にきゅんとしてしまう男性も多いそうなので「うちのことまだ好き?」とかわいく旦那さんに問いかけてみてはいかがでしょう。
ちなみに広島の男性は自分のことを「わし」と言う方が多いですよ。

ほんまは広島弁よ!【いらう】

出典:Unsplash

「いらう」は、「さわる」という意味です。三河や近畿地方、四国などでも同じ意味で使われている方言なのだそう。いらうは、日本のいろいろな地域でまったく別の意味で使われていることもあるようですよ。
広島では「いらわんの!」(さわらないの!)とか、「いらっちゃいけんよ!」(さわったらダメだよ)など、注意するような場面で使われることが多い方言です。

ほかにも、広島にはたくさんの方言があります。気になる方は、広島県の公式HPに掲載されている方言の一覧や広島弁の本などでチェックしてみてくださいね。

もっと広島弁で話そうや!

かわいい♡と他県の人からも人気の広島弁。昔ながらの濃い広島弁を話す人は減ってきましたが、方言で話すとなんだか親近感が湧いて、相手との距離が縮まる気がしませんか?クイズを出し合ったり、あえて広島弁で話すゲームをしてみたりして、広島の方言をもっと身近に感じてみませんか?

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする