気になる赤ちゃんの産み分け方法とアプリ。産み分けで大事なこととは

この記事をシェアする

元気な子なら、男の子でも女の子でもいい!とはいうものの、上の子が女の子だから男の子がいい…。娘と買い物に行くのが夢!など、産み分けできるものならしたい!という声も多く聞こえてきます。では、一体どうすれば産み分けができるのでしょうか?先輩ママたちが試したという産み分け方法や、産み分け機能があるアプリ、産み分けで必要なことなどをご紹介していきます。あなたがトライしやすい方法が見つかるかも!

こんな方法でやってみた!みんなが試してる産み分け方法3つ

出典:中川産婦人科HP

先輩ママたちが試してきたという産み分け方法を3つご紹介します。身近なもので取り入れやすいものばかりなので今からでも試すことができますよ。

排卵日を計算してタイミングをとる

出典:ぱくたそ

産み分けをしようとするときにまず初めに試すのが、排卵日を計算してタイミングをはかることでしょう。精子は男の子が産まれるY精子、女の子が産まれるX精子に分かれ、どちらが受精したかによって男女どちらが産まれるかが変わります。Y精子は酸性に弱く、X精子は酸性に強い性質があることが分かっているので、この性質を利用することで産み分けができると言われているんです。女性の膣内は排卵日の2日前になると最も酸性度が高くなり、排卵日当日は酸性度が低くなるという、日々変化がある場所です。女の子が欲しい場合は、酸性度が強い排卵日の2日前にタイミングをとり、以降は避妊をして妊娠を待ちます。男の子が欲しい場合は、酸性度が低くなる排卵日当日まではタイミングをとらず、当日にタイミングをとってあとは避妊をすると男の子が産まれる確率が高くなると言われているようです。

食べ物を取り入れる

出典:unsplash

タイミングと並行して男女それぞれを妊娠しやすい体づくりをしているという人も多くいました。食べるものを女の子が欲しい場合には酸性食品に、男の子が欲しい場合にアルカリ性食品にすることで、体の性質を酸性、アルカリ性にしていくことで産み分けをしています。精子の性質から、体を酸性にすると女の子が産まれやすく、反対に体をアルカリ性にすると男の子が産まれやすくなるのだそうです。酸性食品には、肉・魚類、穀類、乳製品、卵、ジュースなどがあり、アルカリ性食品には、野菜、果物、海藻、きのこ、大豆食品などがあります。ただし、どちらかの食べ物ばかり食べていると栄養が偏ったり、ストレスになってしまったりするという問題もあるのだそうです。

産み分けゼリー

出典:ベイビーサポート公式HP

赤ちゃんを産み分ける方法のひとつに、膣内のph値を調整して産み分けをする方法があります。性交前に局部に注入して、使用するのが産み分けゼリーの使い方です。男の子が産まれるY精子は酸性に弱く、女の子が産まれるX精子は酸性に強い性質があることを利用し、ゼリーで膣内のph値を調整することで、産み分けを行うようです。産み分けゼリーは、もともとは産み分け指導を行っている産婦人科でのみ購入できるものでしたが、今はネットで購入できるものもあります。デリケートな場所なので、選ぶときには、衛生面や安全性などをしっかりと確認しておきましょう。

産み分けをしたい人におすすめのアプリ「コウノトリ」

出典:Google Play

妊活アプリはさまざまある中で、今回ご紹介するのは「コウノトリ」というアプリ。どんな機能があるのか、使い方などをご紹介していきましょう。

コウノトリってどんなアプリ?

コウノトリは妊活をしているカップルをサポートしてくれるアプリです。カレンダーに生理日を入力すると、排卵日を予測して通知機能で教えてくれます。また、こういったアプリは女性が管理していることが多いのですが、コウノトリはパートナーと共有して使うことができるので、タイミングをとりやすいと人気があるんです。

上手な使い方

生理日を入力するのはもちろん、基礎体温も入力しておくとより正確な排卵日を算出してくれます。しっかり入力しておくとわかりやすいので便利ですよ。また、カレンダーに産み分け目安日も表示してくれるので、パートナーと一緒に把握しておくとタイミングもとりやすいですね。タイミングをなかなか相手に伝えづらい…という人にも安心のメッセージ機能があります。排卵日や妊娠の可能性が高い日にプッシュ機能で教えてくれるので、自分の口から言わずとも相手に伝えることができますよ。

効果はあるの?

妊娠できました!という声も多いようですが、あくまで目安なので、100%とはいえないようです。ただし、そもそも妊娠をするために、タイミングは大事なポイント。先述したとおり、産み分けにおいてもタイミングはキーポイントになってきます。女性と男性、どちらか一方だけが頑張るのではなく、ふたりで情報共有をして一緒に妊活をしていくのに、コウノトリのアプリは優秀なアイテムと言えるでしょう。

産み分けをする上で必要なことって?

出典:unsplash

産み分けをする上で気をつけておくべきことはあるのでしょうか?女性と男性それぞれで気をつけるべき点をご紹介しましょう。

女性に気をつけてほしいこと

妊娠するのは女性なので、どうしても女性側の負担が増えてしまいます。例えば食べ物を考えたり、ゼリーを体内に入れたり、毎日の基礎体温管理など。負担と考えずにできれば何の問題もありませんが、負担だな…ストレスだな…と感じ始めたら、一度すべてやめてしまってもいいでしょう。ストレスがたまってしまっては、産み分け以前に妊娠することすら困難になってしまう場合も出てきます。体だけでなく心の負担にならないよう、気持ちに余裕をもって産み分けにチャレンジしてみてくださいね。女性の負担が多いのはもちろんですが、男性も一緒に頑張ってくれてこそ産み分けができます。事前にちゃんと話をする、体調面は大丈夫かなど、男性へのケアも忘れずにふたりで一緒に産み分けを楽しみましょう。

男性に気をつけてほしいこと

妊娠はもちろん産み分けに関しても、男性の協力がなくては実現ができません。女性のサポートをしたり、男性ができることをしたりと、協力の姿勢が大事です。もちろん仕事で都合のつかない日や疲れている日もあるでしょう。でもそれは女性にも同じことがいえるはずです。ふたりの子供なので、ふたりで一緒の方向を向いていけるよう、女性の気持ちに寄り添う気持ちを忘れずに。

産み分けの確立は100%ではない!?

出典:unsplash 

確実に女の子もしくは男の子を妊娠したい!と願って産み分けを試したのに、叶わなかった…という声があるのも事実です。産み分けをしたいとSNSやブログなどの情報を見ている方ならすでにご存じかもしれませんね。しかしながら、7割~8割の確率で成功した!という声があるのも事実なんです。“妊娠は奇跡”というように、限られた排卵日の中で、そもそも妊娠できること自体もすごい確率。絶対ではないけれど、自分が試しやすいものからトライしてみてください。

やれることは試しておくに越したことはない!

妊娠できること自体が奇跡!とはわかってはいるものの、希望は捨てられないものですよね。ならば、試せることはすべて試しておいて、当たればラッキー!くらいの気持ちで産み分けを試してみましょう。どちらが産まれてもあなたのかわいいわが子には変わりありません。くれぐれもひとり頑張りすぎずに、パートナーと一緒に試してみてくださいね。

関連記事はこちら▼

 

担当ライター

この記事をシェアする