季節の和菓子が買える広島のお店5選!人気やおすすめの和菓子をご紹介♪

この記事をシェアする

今、和菓子店が舞台のドラマが話題となり、和菓子に注目が集まっています!和菓子は、練り切りや大福のような生菓子、羊羹や最中のような半生菓子、おせんべいや飴のような千菓子など種類も豊富。原材料の多くは植物性で天然素材を使用しており、大人だけでなく子供も安心して食べられるのも魅力です♡そこで今回は、季節の和菓子が買える広島の人気店を紹介します。

茶寮コーナーもある♪御菓子所高木 

出典:御菓子所高木

広島市中区十日市町に本店を構える『御菓子所高木』。広い空間で買い物ができるだけでなく、1階店舗奥に茶寮コーナーがある十日市本店の他に、商工センターに本社工場兼店舗、商業施設にも9店舗入っています。

各店舗共通して大切にしているのは、“本当にいいものをお客様に”を原点に、“材料・流行・誠実・物語”にこだわり続けているということ。材料の質は変えない、表面的な流行は追わない、誠実な商品づくりとサービス、企業として永続していくための物語をつくりたいと公式HPにも想いが綴られています。

出典:御菓子所高木

人気の和菓子は、「季節の上生菓子」や「季節の朝生菓子」などの季節の和菓子です。中でも、9月1日から11月30日ごろまでの期間限定で販売される季節のお菓子「鶴亀もなか 栗あん」は、60年以上広島で愛されています。

住所 

広島市中区十日市町1丁目4-26 (十日市本店)

電話番号 

 082-231-2121

営業時間

9:00~18:00 【茶寮コーナー】10:00-17:00(L.O.16:30)

定休日

元旦のみ

公式HP 

https://www.okashidokoro-takaki.com/

広島土産の定番!もみじ饅頭が人気のにしき堂

出典:にしき堂

『にしき堂』は、広島市東区光町に本店・本社工場があります。光町本店の他には、直営店が8店舗、主要販売店は11店舗展開。
誠心誠意の“誠”を大切にし、真心を込めて美味しいお菓子作りを行い、“百試千改”をモットーに美味しいお菓子作りのためにチャレンジを続けています。使用する食材にもこだわり、小豆は北海道十勝産を採用。餡の命とも言われるお水は、海田町の日浦山の湧き水を使っています。小麦粉や米粉は、広島県内産の活用に積極的に取り組み、お菓子を通じて“広島の美味しい”が全国に届くことを願っているのです。

出典:にしき堂

定番人気の和菓子は、広島の県花・県木のもみじを形取りした「広島銘菓 もみじ饅頭」。もみじ饅頭はその他にも、生菓子風の「広島新銘菓 生もみじ」や「七大アレルゲン対応銘菓 すこやかもみじ」などを中心にバリエーションも楽しめますよ。期間限定販売の、「季節の商品」にも注目です。

住所 

広島県広島市東区光町1丁目13-23(広島・光町本店 本社工場)

電話番号

082-262-3131(代) フリーダイヤル:0120-979-161(代)

営業時間

8:00~20:00 ※現在、営業時間を9時~18時に変更しております。

定休日

年中無休

公式HP 

https://www.nisikido.co.jp/

大正7年に創業!自社工場で餡作りから行う平安堂梅坪

出典: 平安堂梅坪

広島名産 「柿羊羹 」の製造本舗として大正7年に創業し、昭和37年に『平安堂梅坪』という名に統一されました。中区本通に本通店、中区胡町には「福屋八丁堀本店」があり、その他にも広島県内9店舗展開しています。
お菓子作りでは、“創意工夫”を最も大切にしており、“もっとおいしく、もっとこころが和むお菓子”を目指しています。平安堂梅坪では、素材を吟味し、手間を惜しみません。厳選された材料を使い、自社工場で餡作りから行っているのです。

出典: 平安堂梅坪

発売から約60年平安堂梅坪で愛されている人気お菓子は、最高級の北海道小豆を薄皮で包んだ「銘菓 吾作饅頭」。旬の素材を活かした味わいの「季節のお菓子」や、広島でとれる美味しい素材を使用した「安芸の国のお菓子」も人気です。また、古くから伝わる技法を大切にした「伝統のお菓子」も評判。

“季節の前触れ”をお菓子にすることで、季節と伝統を形づくるお菓子づくりを行っているお店です。

住所 

広島市中区本通8-18(本通店)

電話番号

 082-247-0372

営業時間

9:30〜18:30

定休日

1月1日~2日

公式HP 

https://www.umetsubo.com/

昭和26年創業!生菓子は店頭販売で貴重な御菓子司みよしの

出典:御菓子司みよしの

『御菓子司みよしの』は、広島市中区八丁堀に本店がある他に、「福屋 広島八丁堀本店」、「福屋 広島駅前店 B1F(要予約)」、「三越 広島店B1F」にも店舗があります。昭和26年に中区新天地で創業し、魚屋から仕出し屋になり、現在のような広島で長く愛されている老舗の和菓子店へと移り変わりました。

出典:御菓子司みよしの

店頭でしか購入できない人気の生菓子は、四季折々に合わせて作られています。また、「お正月生菓子」や、定番商品のこし餡を使用した「山陽最中」やこし餡とつぶ餡の2種が楽しめる「みよしの最中」も人気を集めていますよ。
冠婚惣菜やお茶会などの特別注文も受けているそうなので、直接相談してみてくださいね。

住所 

広島県 広島市中区八丁堀8-3(本店)

電話番号

 082-221-3441

営業時間

10:00 ~ 18:00

定休日

日曜日

公式HP 

https://miyoshino-okashitukasa.com/

唯一無二の手作り饅頭が話題!御菓子司鶴屋

出典:御菓子司鶴屋

広島市中区鶴見町にある『御菓子司鶴屋』は、段原にも店舗があり、袋町の『茶房つるや』でも御菓子司鶴屋の和菓子が堪能できます。御菓子司鶴屋では、上質な餡を使用し、それぞれの御菓子に合わせてブレンドしているのが特徴です。

出典:御菓子司鶴屋

御菓子司鶴屋が一押しとして紹介する人気御菓子は、機械では作れない手作りが魅力の饅頭「一世紀(仮)」。小麦粉の割合を極限まで下げたことで、御菓子本来の味が堪能できます。「今まで食べたことがない!」と驚かれるうえに、包装紙にもこだわっているため、手土産にもおすすめです。

その他にも、和栗とつぶ餡を挟んだ「小倉栗最中」や、モチモチのカステラ生地に最適なオリジナル餡を挟んだ「大和饅頭」なども人気ですよ。

住所 

広島県広島市中区鶴見町12-21(鶴見町店)

電話番号       

082-245-4455

営業時間       

9:00-17:00

定休日

日・祝

公式HP 

http://sp.raqmo.com/tsuruya/index.php?shop_id=3995&page_id=1

広島の季節の和菓子を家族で堪能して♡

旬の材料を使用した季節の和菓子は、ヘルシーなので子供から大人まで年齢問わずおすすめ!見た目も美しく、ちょっとした手土産にも最適です。今回紹介したお店は、どれも広島で人気の和菓子が購入できるお店です。季節の和菓子は、期間限定販売の場合もあるので、気になる方はHPもチェックしてみてくださいね。

関連記事はこちら▼

この記事をシェアする