働くママにおすすめ!土日に通える子どもの習い事5選 【女の子ママ編】

この記事をシェアする

働くママにとって、お子さんの習い事問題は、教室の開講日がキーかもしれませんね。幼児期のレッスンは夕方遅い時間に開講されていることは少なく、必然的に土日に通えるところを探すしかないかも。今回は土日に通える、女の子におすすめの習い事を5つピックアップしました。運動系、教育系、芸術系とそろっているので、お子さんとママの好みの習い事がきっとみつかるはず!月謝も記載しているので、習い事費も考えながらチェックしてみてくださいね。

バレエスタジオ ラ・フィー

出典:バレエスタジオ ラ・フィー

女の子のママなら、バレエを習わせたいと思っている人も多いのではないでしょうか。「バレエスタジオ ラ・フィー」は、1999年に設立され、毎年のようにアステールプラザ大ホールといった大きなホールで発表会を実施しているバレエスクールです。
クラス編成は、幼児・ジュニア・アドバンス・ビギナーと分かれていて、幼児から大人までレッスンに参加することができます。幼児クラスには、3歳から小学1年生までのお子さんが所属。己斐スタジオでは幼児クラスも土曜に開講しています。平日には己斐・古江の両スタジオで開講しているので、スケジュールを確認してみてくださいね。
発表会では本格的な衣装を着て踊りを披露し、日ごろのレッスン成果を発揮できるので、子どもも達成感が得られること間違いなしですよ!HPには発表会の写真や動画がアップされているので、ぜひチェックしてみてくださいね。かわいい衣装を見れば、子どものやる気もアップするかも♡コンクール出場に向けての本格的な指導もあり、子どもが夢中になったら、幼児期だけでなく小・中・高と長く続けられそうですね。

住所・電話番号

己斐スタジオ:広島市西区己斐本町2-6-6クリエイトビル3F
         090-2864-6451

古江スタジオ:広島市西区古江東町3-4
         082-507-8460

レッスン料

入会金:6,000円

月謝:5,000~12,000円(チケット制あり)

公式HP

http://www.lafee-ballet.com/

アトリエぱお

出典:アトリエぱお

「創造力豊かに、芸術に触れてほしい」、そう考えるママのお子さんにはアトリエ教室はいかがでしょうか。「アトリエぱお」は、2019年で創立25周年を迎える歴史ある教室です。広島県内に16もの教室を展開していて、幼稚園や小学校などへの講師派遣も行っています。不定期でイベントやギャラリーを開催し、精力的に活動されている教室です。
クラスは、こども・中高生・おとな・芸大美大美術系高校受験科に加え、ピアノクラスも開講。広く芸術に触れることができる教室となっています。こどもクラスは3~6歳の「プチ」、年長~小学4年生の「キッズ」、小学3年生~中学生の「ジュニア」の3つのクラスが展開。プチでは制作することの楽しさを知り、キッズで独創性のある制作へステップアップ、ジュニアでは計画性をもって作品造りができるようになります。
土曜日に開講しているのは、年長から小学4年生まで受講できる「キッズクラス」。西広島駅前・宇品・緑井・可部の4校で開講しています。ただし、毎週ではなく、隔週開催なので注意してくださいね。

住所

西広島駅前:広島市西区己斐本町1-17-2-2F

宇品:広島市南区宇品西4-1-66-201 エデュパーク宇品校内

緑井:広島市安佐南区緑井1-5-1 スカイステージビル2F

可部:広島市安佐北区可部7-28-25 安佐北区民文化センター2F

問い合わせ

082-271-0870(己斐教室)

レッスン料

入会金:5,000円

月謝:プチ5,600円、キッズ7,700円、ジュニア8,800円

隔週キッズ5,500円、隔週ジュニア6,600円

公式HP

https://a-pao.com/wp/

くわしくはこちら⇩

ヤマハ音楽教室

出典:ヤマハ音楽教室

全国展開の「ヤマハ音楽教室」、見かけたことがあるというママも多いですよね。広島市内だけでも、30以上もの教室があります。ヤマハ音楽教室がまず目指していることは、「子どもたちに、自ら音楽を楽しめるようになってもらうこと」。上手に演奏できる、歌えるといった技術面の前に、“音楽って楽しい”と子どもに感じてもらうレッスンが基本となっています。
幼児期は1~3歳対象と3~5歳対象に分けてクラス編成がされています。1~3歳向けクラスは、1回完結レッスン「ドレミぱーく」と継続レッスン「ドレミらんど」の2種類。歌を歌ったり、打楽器に触れてみたり、講師の生演奏を耳で聞いたりしながら音楽に親子で触れ合うクラスです。
年少さん対象は「おんがくなかよしコース」。5感をフルに使って全身で音楽を感じ、エレクトーンを弾くリズム遊びも取り入れています。年中さんからは、2年間通して通う「幼児科」受講可能。聴く・歌うの基本に加え、エレクトーンを弾いたり楽譜を読んだりする練習が始まります。幼児科は開講月が5月と11月に決まっているので、注意が必要です。小学生になり本格的にレッスンを受ける前に、音楽に触れあえるおすすめの音楽教室です。小学生までは、どのコースも親子でいっしょに受講するクラスになっています。
各教室により開講しているクラスや曜日が異なるため、近くのヤマハ音楽教室に開講日時はお問い合わせくださいね。

住所・電話番号

フジグラン広島センター:広島市中区宝町2-1 フジグラン広島3F

 082-546-0388

ユニスタイル安佐南:広島市安佐南区祇園2-14-22 082-874-8315

アルパークセンター:広島市西区草津新町2-26-1 アルパーク東棟4F

 082-501-1031

可部センター:広島市安佐北区亀山2-1-26 レジデンス白井II 

082-814-9051

レッスン料

入会金:教室ごとに異なる

月謝:ドレミらんど4,500円、おんがくなかよしコース5,000円、幼児科6,500円(別途教材費等必要)

公式HP

https://www.yamaha-ongaku.com/music-school/

 

G♡Iこども体育くらぶ

出典:G♡Iこども体育くらぶ

心身ともに強い子に育ってほしい、すべてのママ共通の願いかもしれません。「G♡Iこども体育くらぶ」はただの体操クラブではなく、体の土台を作ることはもちろん、何事にもめげず何度も挑戦できる心の土台作りも大切にしている教室です。
クラス編成は、幼児クラスと小学生クラス。幼児クラスには、基本3歳から入会可能です。教室は広島市内に4教室あり、十日市教室で土曜日に幼児クラスを2クラス開催中。幼児クラスでは、まっすぐ立つこと・体を思うように動かすことに重点をおいて指導が行われています。
兄弟入会割引や休会制度も導入されているので、お子さんが2人以上いる・長期休みは休会にしたいといったママにもおすすめですよ。また月4回、月2回と通う回数を選択することができ、家族の予定や他の習い事との調整などで都合をつけることができますよ。

住所

十日市教室:広島市中区十日市町2-7-18

シティーパークSANKOⅡ4F

美鈴が丘教室:広島市佐伯区美鈴が丘緑2-10-17 美鈴が丘緑集会所

伴沼田教室:広島市安佐南区伴東3-13-16

安佐南区スポーツセンター剣道場

宇品教室:広島市南区宇品海岸2-8-2 宇品海岸集会所

問い合わせ

092-942-0906(十日市教室)

レッスン料

入会金:4,320円

月謝:幼児 月4回5,400円、月2回3,510円

   小学生 月4回6,480円、月2回4,212円

   その他ビジター制度あり

公式HP

http://www.gi-kids.com/

七田式

出典:七田式

教育に力を入れたいと考えるママから支持が厚いのが「七田式」。個々の子どもが備えている本来の能力を、最大限引き出すための取り組みがレッスンで行われています。有名なものと言えば、フラッシュカード。次々と高速で変わるひらがなや絵のカードを、見て・聞いて・言葉で発して、脳を活性化させることができるそうですよ。
七田式の幼児コースは、生後6ヶ月から通うことができます。0~5歳まで成長段階に合ったレッスンを受けることで、子どもの能力を高めやる気をアップさせてあげることができるそうです。
広島県内には4教室展開されていて、広島教室では土曜日に全コース開講されているそう。ただし定員になっていることもあるので、教室への確認が必要です。他の教室でも年齢によって土曜日にレッスンが開講されているそうなので、ぜひ各教室に問い合わせてみてくださいね。入会金無料キャンペーンが実施されていることもあるので、各教室のHPを要チェックです!

住所・電話番号

広島:広島市中区鉄砲町1-15大進ビル4F 082-221-2111

新井口:広島市西区草津新町2-13-12 082-501-3111

東広島:東広島市西条本町12-3 082-493-7111

福山:福山市三之丸町4-28 084-921-2121

レッスン料

入室金:15,000円

月謝:12,000円(幼児・小学生コース)

別途、教材費等必要

公式HP

https://www.shichida.co.jp/

土日に通える習い事はたくさんある!

広島には土日に開講されている習い事って、調べたらたくさんありましたよ。お子さんが興味を持ちそうな習い事があったら、まずは体験レッスンを申し込んでみて!お子さんが夢中になれる習い事が見つかるといいですね。

担当ライター

この記事をシェアする