広島で美味しいおにぎりが食べられる お店5選!

この記事をシェアする

新米が美味しい季節がやってきした。炊きあがるとピカピカに光輝く旬の新米を味わうなら、おにぎりがおすすめです。一口頬張れば、お米の旨みと甘みが口の中に広がり、思わず笑みがこぼれてしまいます。そんな新米が存分に味わえる、広島でも評判の美味しいおにぎりが食べられるお店をご紹介していきましょう。

 

おにぎり仁多屋大手町本店

出典:@dawasa_wasaさん

「おにぎり仁多屋大手町本店」は、広電の袋町駅からあるいて2~3分の所にあります。使用されているお米は奥出雲仁多米で、弾力のある歯ごたえや粘り、さらに噛むほどに口の中で広がる甘みなどが特徴的です。炊き立てのホカホカはもちろん、冷めても味わいが感じられるのが嬉しいポイント。おにぎりの種類も豊富に用意されており、子どもから大人まで好みのおにぎりが見つけられますよ。

店舗名

おにぎり仁多屋大手町本店

住所

広島県広島市中区大手町2丁目11-15 新大手町ビル1F

電話番号

082-569-5622 (予約電話番号)0120-926-169

ホームページ

https://www.nitaya.jp/ootemati

むすびのむさし 土橋店

「むすびのむさし」は広島市内で10店舗を構えているお店で、おにぎりが美味しいと評判になっています。厳選したお米・のり・塩などを使用し、職人さんの手によって丁寧に握られているため、空気を含んだようなふんわりとした食感が味わえます。代表的な商品である俵むすびは、塩と秘伝のタレで絶妙な味つけがしてあるのが特徴です。その食感と美味しさから「ザ・広島ブランド」にも認定され、県内のみならず県外の方からも注目を集めています。おむすびとおかずがセットになったお弁当もありますよ!

店舗名

むすびのむさし 土橋店

住所

広島市中区榎町10-23

電話番号

082-291-6340

ホームページ

http://www.musubi-musashi.co.jp/shop/shop01.html#01

おむすびKenKen

「おむすびKenKen」は、広島発となる沖縄スパムおむすびの専門店です。2020年の5月にオープンしたばかりで、テイクアウト専門になっています。おにぎりの中身の素材も定番の玉子から油味噌や厚揚げ豆腐などの変わり種まであり、ポークスパムとの相性が気になるものばかりです。用意されているスタンプカードには有効期限がないのも嬉しいポイント。

店舗名

おむすびKenKen

住所

広島市西区己斐本町1-10-7

電話番号

080-6247-3320

公式インスタ

https://www.instagram.com/omusubi.kenken/

株式会社ひろこめ

安佐北区では知る人ぞ知る「株式会社ひろこめ」は、安芸矢口駅から徒歩で1分程の所にあります。お米屋さんが作っているお弁当は、おにぎりの塩加減が絶妙で評判を呼んでいます。おかずは日替わりで、手作りされているそうです。中でも天むすはいくらでも食べられるくらい、1度食べるとたちまち虜になってしまう美味しさだそう。事前に電話注文しておくと、事前に用意しておいてもらえるため、すぐに受け取ることができます。

店舗名

株式会社ひろこめ

住所

広島県広島市安佐北区口田1丁目13−15

電話番号

082-843-3336

豊栄おむすびくらす

出典:豊栄おむすびくらす

広島市の東隣にある東広島市西条町にあるのが、「豊栄おむすびくらす」です。東広島市豊栄町に関わる人々を幸せにするということをコンセプトに掲げられています。そのためおにぎりに使用されているのは、豊栄の自然環境の恩恵を受けて育てられたお米です。加工も豊栄で加工されているそう。炊きあがりの粒感を大切に、優しく握られているおにぎりが提供されています。

店舗名

豊栄おむすびくらす

住所

東広島市西条町西条東808-1

電話番号

082-423-0632

ホームページ

https://toyosaka-kurasu.jp/omusubi/

日本人の主食の味を楽しもう!

日本人にとってお米は主食であり、その美味しさを手軽に味わえるのがおにぎりではないでしょうか。職人さんの手によって握られるおにぎり、お米と具材のバランスが絶妙に調整されたおにぎりなど、広島にもクセになりそうなおにぎりがたくさん!自分で握るおにぎりもいいけれど、たまには誰かに握ってもらったおにぎりを頬張ってみませんか?

関連記事はこちら▼

 

担当ライター

この記事をシェアする