まるで戸建て!セキスイハイムの賃貸アパートで夢の暮らしを手に入れる

この記事をシェアする

ハウスメーカー『セキスイハイム』が賃貸アパートも手掛けていることを、みなさんは知っていましたか?戸建てのようにおしゃれな内装と高い性能で、賃貸派のママたちから大人気なんだとか。ほかにも、古くなった実家や空いている敷地に、セキスイハイムのアパートや戸建併用アパートを建てたりと、資産活用に利用する方もいるそうです。
今回は“借りて住む側の目線”と“貸す側のオーナー目線”の両方から、セキスイハイムのアパートの魅力を探っていきます。

しばらく賃貸暮らし…だけどマイホームに憧れも!

転勤族のわが家は、しばらく賃貸暮らしの予定。「子どもが小さいうちは単身赴任をせず、家族みんなで暮らしたい」と私が希望したので、大きな不満はありません。

しかし、友人の素敵なお宅に遊びに行くと「やっぱりマイホームっていいな~!わが家とは大違いだな」と、自宅に帰ったときにガックリくることも。息子も「幼稚園のお友だちを家に呼びたい」と言うのですが、正直こちらから「ぜひ遊びに来て」と声をかけられるような家でもありません。
さらに、いつか起こり得る災害や暮らしやすさのことを考えると、やはり戸建てのように高性能な住宅のほうが、安心して暮らせるのかな?と思うこともあります。

こんな私のように「しばらく購入予定はないけれど、マイホームがうらやましい」というママや「賃貸派だけど、住まいの質にはこだわりたい」という方におすすめなのが、セキスイハイムの賃貸アパート
今回見学したこちらのアパートを例に、おすすめの理由をご紹介します!

戸建てに引けを取らない、デザイン性の高さと機能

友だちを招待したくなる、おしゃれな内装

転勤族のわが家は、もう引っ越しも慣れたもの。しかし、毎回お部屋探しでは頭を悩ませます。いくつか内見しても「対面キッチンだったら完璧なのになぁ」や「ゆったりソファが置けるリビングがあったらいいのに」など、どこか納得できないことも。ここがいい!というよりも、いろんな物件を見たなかではここがベストかな?という気持ちで選ぶことが、ほとんどでした。

しかしセキスイハイムの賃貸アパートでは、リビングに入った瞬間「うわー!こんなところに住みたい」と、思わず口にしてしまった私。女性の心をガシッとつかむ、まるで戸建てのような“おしゃれ空間”が広がっていたのです。
今回アパートを案内してくれた、セキスイハイム集合住宅営業所の吉長さんによると「内装は、注文住宅と同じようにインテリアコーディネーターが考えています」とのこと。だから、こんなにおしゃれなんですね!

リビングは、お家の顔とも言える場所。お友だちを招待するときも毎日の生活でも、一番多くの時間を過ごす空間です。だから、本音としてはこだわりたい!セキスイハイムなら、賃貸住宅でもそんなママたちの願いが叶います。
キッチンに立ってリビングを眺めてみると「こんな戸建て風の賃貸なら、人を呼びたくなるなぁ」と、ワクワクした気持ちになりました。

素材選びにもこだわり!まるで注文住宅

セキスイハイムのアパートは、注文住宅のように素材もこだわって選んでいるそう。たとえば玄関には、においを軽減したり湿度を調節したりといった機能を備えた、高品質な壁(エコカラット)を使用しているそうです。
確かに、玄関は“におい”や“じめじめ感”を一掃したいところ。賃貸物件で、ここまで適材適所を考えて作られている物件は、なかなかありませんね!

家づくりのノウハウを生かした“かゆいところに手が届く”賃貸住宅

各部屋には、収納もたっぷり。なんと、ウォークインクローゼットまでありました!わが家も子どもが生まれてから想像以上に荷物が増えて、引っ越しのたびに「どこに収納しよう」と困ることも。たっぷり収納があれば、小さな子どものいるファミリーも安心ですね。
さすがセキスイハイムは、家づくりのノウハウをたくさん蓄積しているだけあって、借りる人の“あったらいいな”を叶えてくれていると感じました。

高い断熱性と耐震性能!機能面も文句ナシ

さらに私が驚いたのは、セキスイハイムの賃貸アパートは、分厚い断熱材で建物をぐるりと囲んでいるので、とても断熱性が高いんだとか。窓もすべて高性能ペアガラスになっているそうで、真冬でもしんとする寒さがありません。

吉長さんによると「セキスイハイムの賃貸アパートは、注文住宅と同じように、すべて“ZEH(ゼッチ)仕様”が標準です」との話。「高断熱、つまり外気温の影響を受けないので、夏は涼しく、冬はあたかかく暮らせるようになります。だから、エネルギーの消費量を削減できるんです」と教えてくれました。
エアコンの使用頻度がグンと減るので、電気代の節約もできるそう。戸建住宅の考え方と、まったく同じなんですね。

※ZEHとは?
国が消費エネルギーの削減を目的として、推進している取り組み。快適な省エネを目指した住宅のこと。詳しくは経済産業省(資源エネルギー庁)のホームページでもチェックできます!

加えてセキスイハイムの賃貸アパートは、注文住宅と同様に、耐震性能もトップクラス。戸建住宅と同じ“ボックスラーメンユニット工法”で作られているということです。建築工程のほとんどを工場内で行うことで、柱や梁をガッチリ溶接するなど、巨大地震に備えた構造になっているんだとか。

※ボックスラーメンユニット工法について、詳しくはコチラ

大きな地震が起こる可能性が高いと言われている今だからこそ、安心して暮らせるかどうかは、物件選びをするうえで大きなポイントになりますね。賃貸でも、いざというときに子どもを守れる家を選びたいものです。

古くなった実家の建て替えや、空き地の活用にも◎

吉長さんによると、古くなった実家を戸建併用アパートに建て替える方も多いそう。「親が元気なうちに」と、私たちのような子育て世代から依頼されるケースもあるそうです。

たとえば、私の夫の実家は古い戸建て。義父母が歳を取ってくるにつれて、2階が物置状態になってきました。階段の上り下りがきついため、マンションへの住み替えを検討することもあるようです。しかし、少し迷いもあるようで、正月などに帰省するたびに「この家も古いし、将来どうしようかね」なんて話が出ることも。

そんなとき、セキスイハイムの戸建併用アパートに建て替えて、1階をオーナールーム・2~3階を賃貸アパートにすれば、年を取った両親がワンフロアで生活できるようになるんだそう。さらに毎月、家賃収入も得られるようになります。
空いている畑や、人気の少ない駐車場を、アパートに建て替える方もいるそうです。

セキスイハイムの賃貸アパートは、戸建住宅と同じようにタイル外壁にステンレス屋根で、ほぼメンテナンスフリー。賃貸物件を所有していると、メンテナンスコストや手間がかかるイメージもありますが、それらも最小限に抑えられるようです。

入居者からは「おしゃれで性能がいい」「何年経っても外壁がきれい」と人気が高いため、満室率も高く、資産運用としてもリスクが低いんだとか。立地によって、オーナールーム以外は単身者向けの部屋にするなど、選択肢もさまざま。
さらにセキスイハイムが、アパートを一括借上げしてくれることもあるそうです。一括借上げなら「空室が続いて、家賃収入が得られない」なんて心配もありません。
プロがしっかりとサポートしてくれるので、知識がない方でも安心ですよ。

年をとった親を古くなった実家に住まわせておくのが不安なら、戸建併用アパートへの建て替えを提案してみてもいいかもしれませんね!

“住まいの選択肢”の幅がもっと広がる

今回セキスイハイムのアパートを見学してみて、正直「今の家に入居する前に知っていたら、絶対ここを選んだのに」と、悔しさが残る結果に。
次に引っ越しをするときは、まずセキスイハイムのアパートのなかから空き部屋を探そう!そう思うほど、とても魅力的でした。これだけ素敵なアパートなら、賃貸暮らしのわが家の住まいも、もっと快適になりそうです。

セキスイハイム中四国株式会社 広島支社

住所

広島市西区草津新町1丁目21-35 広島ミクシスビル8F

TEL

0120-039-816

営業時間

AM10:00~PM6:00(毎週火・水曜日定休)

HP

https://www.816c.jp/

関連記事はこちら▼

 

セキスイハイムの分譲地についてはこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする