安佐南区のカレー専門店「サリー」 自宅リフォームで叶えた素敵な空間♪

この記事をシェアする

広島市のアストラムライン上安駅近くに、「SARI(サリー)」という小さなカレー屋さんがあるのをご存知でしょうか?スパイシーな本格カレーが味わえるこのお店、実は、普通のお家の一部をリフォームして作られた、自宅併設型レストランなんです!
今回は、お店のオーナーご夫妻にpikabu編集部のママライターがインタビュー!おいしいカレーランチをいただきながら、ご自宅にカレー屋さんをオープンするまでの興味深いエピソードを伺ってきました♪

珍しい自宅併設型カレーショップ。ルーツはあの名店!

自宅併設ショップならではの、温かな雰囲気でおもてなし♪

赤いテント屋根が目を引く「サリー」(広島市安佐南区)は、オーナーご夫妻のご自宅に併設された、小さなカレー店。2014年にオープンして以来、お二人で切り盛りされてきました。こだわりのスパイスを配合した味わい深いルウが人気を呼び、遠方から訪れるリピーターも多い人気店です。

ドアを開けると、入り口にはスリッパが用意されていました。そう、このお店は靴を脱いで入るのが特徴。なんだか友達の家のリビングに招かれたようなアットホームな雰囲気に心がなごみますね♪
主なメニューは、野菜カレー(800円)、チキンと豆のカレー(800円)、カツカレー(1,000円)など。辛さは中辛で、すべてのメニューがサラダつきです。ラッシーやチャイなどのドリンク類も充実していました♡

テーブルに座って注文すると、カウンターの向こうのキッチンで、ご夫妻がテキパキとカレーを準備されている様子が見えました。この距離の近さが、小さなお店ならではの魅力ですよね♪しばらくすると、何とも言えないスパイシーな香りが漂ってきましたよ♡

ワクワクしながら待つこと10分。注文した「ハンバーグときのこのカレー」(900円)が到着!きのこたっぷりのルウに、大きめの自家製ハンバーグがドーンとのっていて、ボリューム満点♡ルウを食べてみると、ほのかな酸味の後から、スパイスのほどよい辛味が追いかけてきて、病みつきになりそうなおいしさ♪ハンバーグも肉汁たっぷりで、食べ始めるとスプーンが止まらず、あっという間に完食!食後は自家製チャイをいただきながら、幸せな余韻にじんわりとひたってしまいました♡
ご主人によると、ルウには8種類のスパイスを使っているのだとか。「トウガラシは控えめにしているので、スパイス本来の辛さが味わえますよ」と話してくださいました♪なお、隠し味として“あるもの”を加えているそうなのですが…それはぜひ、お店で味わって当ててみてくださいね!

お店の原点は、広島市で30年以上親しまれた有名カレー店

実はこの「サリー」、かつて広島市内で人気を博した同名カレー店の味を受け継ぐ、2代目レストランなんです!
先代の店主(奥様のお父様)が、南観音(広島市西区)初代「サリー」をオープンしたのは、約45年前のこと。当時、カレーと言えばとろみのあるルウが一般的で、サラッとしたルウの本格インドカレーが味わえる「サリー」は、広島ではかなり珍しかったとか。素材にこだわったメニューが評判となり、徐々に人気店に成長。当初は店主ご夫妻がお店の運営を担い、後には家族みんなで調理や接客を手伝われていたそうです。

初代「サリー」は2005年に惜しまれつつ閉店。しかし、カレーのレシピは、現在の2代目「サリー」にそのまま受け継がれました。お店の入り口には、初代のお店で使われていた手作り看板が、今もディスプレイされています。
「ありがたいことに、初代からの常連さんもよく来てくださるんですよ」と奥様。うわさを聞きつけて遠方から足を運ぶ人も多く、新たなファンも増えているそうです。

「自宅でカレーショップを開きたい!」リフォームから開店までのエピソード

「サリー」をご自宅で再オープンしたきっかけは?

オーナーご夫妻が、ご自宅で2代目「サリー」をオープンしたのは、初代「サリー」が閉店して約10年ほどたった2014年でした。
再オープンのきっかけになったのは、ご主人が定年を迎えられ、時間にゆとりが生まれたこと。また、初代「サリー」の常連さんたちから『またあのカレーが食べたい!』という熱いリクエストが絶えなかったことも、再オープンを後押ししました。
しかし、条件に合う物件がなかなか見つからなかったお二人は、悩んだ末に「自宅をリフォームしてお店を開こう!」と決意。そんなとき、お二人がリフォームの相談をしたのが「マリモハウス」でした。約20年前、このお家を建てた広島の老舗ハウスメーカーです。

最小限のリフォームプランで、自宅併設カレーショップが実現!

「マリモハウス」と言えば、完成後のアフターケアが手厚いことでも有名。引き渡し後30年まで無料点検を実施しているほか、住まいのさまざまな“困りごと”の相談にも、随時対応しています。
「ドアが閉まりにくいとか、ちょっとしたことでもすぐにスタッフの方が直してくださるんですよ」と奥様。7年前に外壁を修繕したときも、2年前に階段に手すりをつけたときも、真っ先にマリモハウスに相談・依頼したそうです。
そんなお二人にとって、マリモハウスに自宅併設店の相談をするのは、ごく自然な流れでした。担当スタッフからは、既存のリビングをそのまま店舗に使い、最小限のリフォームで済ませるアイデアが提案されたそうです。

まずは、リビングの壁に手を加えて、入り口を設置。靴を脱ぐスタイルにしたのは、マリモハウスのアドバイスだったそうです。
キッチンは、床材を耐水性のあるものに張り替え、業務用冷蔵庫を導入。シンク(流し)を2槽式にした以外は、大きな変更がないそうです。
こうして最小限のリフォームで自宅併設ショップが完成!奥様は「わが家のことはマリモハウスさんが一番よくご存知ですから、安心してまかせられました」と当時を振り返ります。

高断熱で高機能!マリモハウスの家のここが好き!

店内はとても清潔で、居心地のよい空間でした。てっきり床や壁紙もリフォームされたのかと思っていましたが、実は新築時のままなのだとか!最小限のリフォームで素敵なお店に生まれ変わったのは、もともとお家のクオリティーが高かったから。オーナーご夫妻に、マリモハウスのお家の良さを伺いました!

室内の匂いを防ぐ、24時間換気システム

テーブル席に座って、オーナーご夫妻からお話を伺っていたとき、ご主人から「カレーの匂い、薄らいだでしょう?」と言われてびっくり!そういえば、食後そんなに時間はたっていないのに、カレー特有の匂いが感じられなくなっていました。
「この家には、24時間換気システムがついているんですよ。今では当たり前ですけど、新築した20年くらい前は珍しくて、最先端の設備だったんです」とご主人。常に換気しているため匂いがこもりにくく、壁などに油汚れもつきにくいそうです。

高断熱な構造とペアガラスで結露知らず♪

ご夫妻は、ほかにもお気に入りのポイントを挙げてくださいました。
「家全体が高断熱なので、エアコン1台で一年中快適です。窓はペアガラスでほとんど結露しませんし、外の騒音を遮ってくれます」とご主人。奥様も「水回りの動線がいいので、家事が楽ですよ」と満足されている様子です。
20年以上、ご夫妻が暮らしてきたお家。暮らす人のライフスタイルに寄り添って、こまめなメンテナンスやリフォームで継続的にサポートしてくれるマリモハウスのような存在は、とても心強いパートナーですね♡

アットホームなカレー専門店で味わうカレーは、幸せの味♡

先代からレシピを受け継ぎ、自宅併設カレーショップの夢を叶えた、オーナーご夫妻。お二人の温かいお人柄が伝わってくるような、とても居心地のよい空間でした!私たちも、おいしいカレーで心とお腹が満たされ、幸せなひとときが過ごせましたよ♡ぜひみなさんも、「サリー」で本格カレーを味わってみてくださいね♪
※表示価格は2019年12月現在の税込み価格です。

カレ―ショップSARI(サリー)

住所

広島市安佐南区上安2-20-41(アストラムライン上安駅から徒歩約1分)

電話番号

082-872-0470

営業時間

11:30~14:00 

定休日

月曜・火曜

駐車場

3台(店前1台、近隣駐車場15・16番)

株式会社マリモハウス

住所

広島県広島市西区庚午北2丁目16番4号

電話番号

082-500-8391

0120-806-080

営業時間

10:00~18:00

定休日

水曜日(祝日は営業)

公式HP

https://www.marimohouse.co.jp/

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする