マイホームの相談は子連れでも安心のマエダハウジング八丁堀店へ!

この記事をシェアする

子どもが生まれてしばらくたつと、「そろそろマイホームを…」と考え始めるご家庭も多いはず。でも、マイホームを購入するなんて、一生に一回あるかないか。どう選べばいいのか?何から始めればいいのか??まったくわからない…しかも予算もギリギリで…という人も多いはず。はい、我が家もそうでした。そんな我が家の救世主になってくれたのが…「マエダハウジング八丁堀店」だったのです。

不安が多すぎて前に進まない!マイホーム購入の第一歩

「家族3人で今の部屋じゃちょっと狭いよな」…。思えば、この一言が始まりでした。夫婦ふたりと3歳の男の子との3人家族の我が家の住まいは2DKの賃貸マンション。
1部屋を寝室に使っているので、この先子どもが大きくなって子ども部屋が必要になってきたら…そう思うと、引っ越しを考えた方がいいのかも。
双方の実家とも話し合った末、「子どもが幼稚園に入園する前に、マイホームを購入するのがいいのでは」という結論に。
しかし、両親が多少の援助をしてくれるとはいえ、我が家は決して裕福なわけではありません。
そろそろ子どもの将来のために、教育資金も貯めたいと思っていたところ。果たして私たちの収入でマイホームが購入できるのか?購入したとしても、ゆとりのあるローン返済は可能なのか?
色々考えると不安が募り、夜も眠れないほどに。マイホームは欲しい!でも、心配…。しかも、マイホーム購入に関する知識はゼロ…!と、見切り発車も甚だしい私たち。
見かねたママ友が、「私も家を買うとき、最初マエダハウジング八丁堀店に相談に行ったから、行ってみるといいよ」とアドバイスをくれたのです。

聞くと彼女も、右も左もわからない状態でマエダハウジング八丁堀店に相談に行ったのだとか。
「結果として今、満足できる家を買えたからおすすめだよ。しかも子連れでも行きやすいし」
と語る彼女。「子連れだと迷惑では?」と思っていたところだったので、「子連れでも優しい」マエダハウジング八丁堀店を訪ねることを決意した私なのでした。

子連れでも安心!マエダハウジング八丁堀店

日差しが心地いいとある日、「散歩がてらマエダハウジング八丁堀店に行ってみよう!」とふと思い立った私。息子と一緒に出発です。

路面電車「立町駅」から徒歩約1分!電車を降りると目の前に「トクラスショールーム」という大きな看板を掲げたビルが目に飛び込んできます。

このビルの横の道を入り奥へと進むと右手「マエダハウジング」という旗が立った茶色の門が見えてきました。ここがマエダハウジングの入り口。入口の横には自動販売機があるので、これを目印にしてもいいかも。
どうやら受け付けは3階にあるみたい。エレベーターがあるので子連れでも安心です。

ちなみに、トクラスショールーム横、市営基町駐車場の向かいにある駐車場「カーパーク八丁堀店」が提携駐車場になっているので、車での来店もOKです♪

エレベーターが3階に到着。ドキドキしながら店内に足を踏み入れると、中はウッディでとってもオシャレな空間!

こんなにオシャレなお店なら、きっと素敵なマイホーム購入の夢をかなえてくれるはず…!
笑顔が素敵なスタッフの方が、子連れの私の姿を見るなりひとこと
「4階にキッズスペースがあるので、そこに近いブースでお話ししましょう」とおっしゃってくださいました!

さまざまな事情で子どもの預け先がなく、なかなか身軽に動けない…というママは多いはず。現に私もそのひとり。
マイホームの相談をしたいけれど、ハウスメーカーに子連れで行っても子どもが退屈してなかなかじっくり話ができないんじゃないか…と思うと、どうしても出向くのが億劫になりますよね。

その点マエダハウジング八丁堀店では、今回のように子連れで来店した場合は、キッズスペース近くの席に案内してくれるのでとてもありがたかったです。
子どももおもちゃがたくさんで大喜び。打ち合わせの間ご機嫌で遊んでくれていました。
「マエダハウジング八丁堀店ならきっと、子どもに優しいマイホームが見つかりそう…」
それが私の率直な感想です。

マイホーム資金計画の立て方

さて、いよいよスタッフの方にマイホーム購入の相談開始!とはいえ、何を聞いたらいいのか全くわからない状態の私…。
そんな私に担当の方が「ご来場アンケート」の記入をお願いしてこられました。アンケートには年収や自己資金、月々の返済希望額を記入すると、

その情報を元に資金計画のシュミレーションシートを作成してくださいます。おかげで自分たちがどれくらいの価格の物件なら購入可能か、が見えてきたのでとても安心できました。

さらにスタッフの方は、資金計画シュミレーションシートを見ながら、物件価格以外の諸費用の説明を丁寧にしてくれました。正直こんなにも費用がかかるのか…とびっくりしましたが、だからこそ事前に知ることができてよかった…!

さて、参考までに具体的なパターンとして我が家の例をご紹介しましょう。我が家の年収は、夫550万円・妻150万円の計700万円。この年収だと、一般的には約4000万円程度借り入れ可能、とのこと。条件によってはそれ以上の融資を受けることもできるようです。借入期間は、およそ満80歳になるまでの期間が最長
主人は現在35歳。主人の定年が65歳、定年後もローンが残っているのはちょっと心配…。そのため、30年ローンもしくは35年ローンで考えることに。

ちなみに、4000万円借入した場合、月々の返済額は、金利が0,675%の場合、30年ローンでおよそ12万3千円35年ローンだとおよそ10万7千円程度です
「今現在の生活だけでなく、将来子どもの学費がどれくらいかかるのか…なども考慮して、月々の返済額を決めた方がいいですよ」とアドバイスもいただきました。

ここでふと妹夫婦もマイホーム購入を考えていたことを思い出し、そちらのシミュレーションも行ってもらいました。
妹夫婦の年収はおよそ400万円。この場合の借入金はおよそ2400~2800万円程度になるそうです。
2800万円の借入だと、月々の返済額は35年ローンで7万5千円
しかし、ここで気をつけたいことがひとつ。
それは、「2800万円借入可能=2800万円の物件が購入できる、というわけではない」ということです。
つまり、物件を購入する際、家のそのものの価格だけでなく、さまざまな諸費用が必要となるので、その諸費用のお金も考えておかなければいけない…ということ。なるほど…!

「諸費用は、およそ物件価格の1~1.5割かかる、と考えておいた方がいいと思います。ちなみに、約3,000万円の中古マンションを購入し、リノベする場合は、リフォーム料金とは別に、諸費用として約300万円程度かかるでしょう」と担当者さん。なるほど…勉強になります!
ちなみに、これはあくまでも目安。必ずしも諸費用がこれだけかかる…というわけではありませんので、ご注意ください。

全く知識のないままマイホーム購入への第一歩を踏み出してしまった無謀な(笑)私たち一家でしたが、マエダハウジング八丁堀店さんに相談したおかげで、マイホーム購入への確かな道筋が見えてきたのです。

マイホーム購入の強い味方、登場!

みなさんの中にも、「何から始めればいいのかわからない」「そもそもどれだけ資金が必要なんだろう?」とマイホームに関する悩みを抱えている方は多いはず。
そんなみなさんの救世主となってくれるのがマエダハウジング八丁堀店です。子連れに優しい環境で、どんな些細な相談でも親身になって対応してくれ、それぞれの家庭にぴったりの物件を提案してくれます。
「今の年収だとどれくらいの物件が買えるのかな…?」など、シミュレーションだけでもOK!少しでもマイホーム購入に興味がある方は、ぜひマエダハウジング八丁堀店を訪ねてみてください。きっと、あなたの将来に役立つ情報を提供してくれますよ♪

ちなみに我が家は…、理想にぴったりの中古マンションに出会うことができ、ただいまリノベ計画中です♪

マエダハウジング 本社/八丁堀店(M・Renoショールーム RENO-STA八丁掘)

住所

〒730-0013 広島市中区八丁堀10-14 八丁堀マエダビル

TEL

082-511-7552

営業時間

9:00~18:00

定休日

水曜日

HP

https://www.maedahousing.co.jp/

担当ライター

この記事をシェアする