【2019年】夏休みは「広島YMCA」のサマースクールで英語を学ぼう!短期日程だから通いやすい♪

この記事をシェアする

英語教育への関心が高まっている今、子どもの習いごととして英会話が気になっているママも多いかもしれませんね。これまでpikabuでも、『YMCA外語学院』の魅力をご紹介してきました。今回注目するのは、YMCAが毎年開催しているサマースクール。短期日程のスクールはママの負担にもなりにくいので、「習いごとは定期的に通うのが難しい…」と悩んでいる方もぜひチェックしてみてくださいね♪

YMCA外語学院って?

『YMCA外語学院』は、広島市中区にある英語教育の伝統校。
英語力とともに「自己表現ができる」「自分に自信を持つ」「尊敬や思いやりの気持ちを育てる」「目的を明確に持ち、学習意欲を高める」といった、人間的な部分もはぐくめる教室です。
年齢ごと・レベルごとにクラス分けされているので、初心者から帰国子女まで通えますよ。

さらにYMCAではネイティブの子どもと同じ学習法を取り入れているので、幼児期に英語の基礎を学ぶにもぴったりです。

小学生向けのサマースクール・サマーキャンプの紹介

質の高い英語教育が受けられる、YMCA外語学院。
とはいえ、自宅から教室が遠かったりママが働いていたりすると、毎週のように通うのは難しいこともあるかもしれませんね。
今回は、そんなみなさんに朗報!YMCAでは、毎年夏休み期間にサマースクールが開催されるんです。

好きなことだから夢中になれる!小学生向けのサマースクール

なかでも目玉は、小学生から参加できる「イングリッシュサマースクール・クリル」。今年は全8日間のプログラムで実施予定です。

今年のスケジュールを、見てみましょう。

7月25日(木):アメリカンクッキング または ファッション
7月26日(金):アート または ケミストリー
7月29日(月):エレクトロニクス または アート
7月30日(火):イタリアンクッキング
7月31日(水):ミュージック または アストロノミー または ケミストリー または ウクレレ
8月7日(水):ファッション または エレクトロニクス または ドラマ
8月8日(木):ミュージック または アストロノミー または ウクレレ
8月9日(金):ジャーマンクッキング

全プログラムのうち6日間は、1日に複数のアクティビティがありますよね。

ここから「じゃぁ僕は1日目にクッキング、2日目はケミストリーを受講してみよう!」といったように、自分だけの時間割を作っていけるんです。
クッキングでも毎回違う国の料理を学べるので、同じジャンルばかりを選んで受講する子も多いんだとか。各レッスンは1回で完結する内容になっているので、反対にいろんなジャンルに1回ずつ挑戦してみたり、1日だけ参加してみたりも大歓迎だそうですよ。

このようにYMCAが開催するサマースクールのいいところは、子どもが興味のある分野に特化して学べるところではないでしょうか。好きなことだから、みんなグングンやる気になれるそうです。
プログラムの内容も本格的で、まるでインターナショナルスクールのサマースクール並みなんだとか!外国人講師がカリキュラムも考えているので、日本人講師が思いつかないようなレッスンを体験できちゃいます。

アート作品は、小学校から出される夏休みの宿題にもできて一石二鳥♪

しかも英語のみのクラスと日本語サポートが必要なクラスに分れているので、英語に触れたことがあれば初心者初級者でも申し込みOK
「英語ができるから参加しよう!」ではだけでなく、「サマースクールが英語に入っていくきっかけになればいいな」という気持ちで挑戦してみてくださいね

イングリッシュサマースクール・クリルについては詳細ボタンをクリック▼

社会経験にもなる!毎年人気のサマーキャンプ

サマースクールは7月末の前期日程と8月初旬頭の後期日程にわかれており、その間でには毎年サマーキャンプも開催されています。このサマーキャンプも、ほかでは体験できないおもしろさがいっぱいなんです。

参加者にはオリジナルのパスポートが発行され、YMCAで出国スタンプをもらっていざ出発!キャンプ場に到着したら入国審査を受け、ひとつの国に来たような気分で過ごします。
プログラム中はパスポートにある通帳を使って、YMCAの通貨「Thivlor」のやりくりも自分でしなければなりません。

たとえば郵便局での仕事に必要な英語を習ったら、キャンプ場内の郵便局で働けるビザが発行されます。
そのビザと習った英語を使って、実際に就労体験!働いたぶん通帳にYMCAの通貨「Thivlor」が貯まり、貯めたThivlorで学費を払えば、キャンプ場内の大学で資格に必要な技術と英語を学べます。

資格を取って働けばよりたくさんのThivlorがもらえるなど、社会の仕組みがリアルに反映されているところもひとつの楽しさです。

最終日には貯まった「Thivlor」で、雑貨やお菓子のお買い物を楽しめますよ。英語力だけでなく、人間的な部分の成長も大切にしているYMCAらしいカリキュラムではないでしょうか。

身体を動かすアクティビティを通して、みんなの絆も深まります♡

自由研究にぴったり!サマーキャンプ前のミニキャンプ

すでに英語に慣れ親しんでいる子は、サマーキャンプ前に開催されるミニキャンプも必見です!英語力の条件はありますが、少し難易度の高い製作を通して専門的な英語も学んでいきます。

去年は望遠鏡を作って星を見たそうですよ。夏休みの自由研究の作品にしてもいいかもしれませんね。

今年はコンピューターを組み立てながら、電子回路の概念プログラミングを学んでいくそうです!コンピューターを手作りするなんてすごいですよね。興味がある方は、ぜひこちらも申し込んでみてくださいね。

幼児向けのサマースクールも紹介

さて、ここまで小学生向けのプログラムをご紹介してきましたが…幼稚園・保育園児も夏休み期間はぜひYMCAで英語の楽しさを実感しましょう。

年少から参加できる「キッズサマースクール」は、7月末から8月頭にかけて6日間のプログラムで開講します。

キッズサマースクールのスケジュールは、こちら

A:7月24日(水)
B:7月25日(木)
C:7月26日(金)
D:8月7日(水)
E:8月8日(木)
F:8月9日(金)

時間は毎回10:00~12:00なので、全日程に申し込んでも負担にならなさそうですね。
“せっかくのチャンスだから、もっと英語に触れさせたい!”と思ったら、追加で「イングリッシュランチタイム」に申し込んでみてください。
YMCA国際幼児園で作ったヘルシーランチを外国人の先生といっしょに囲むことで、日常の自然な英語に触れる機会になりますよ。

さらにスクール前の8:00~、アフタースクールは18:30まで延長保育も使えるんだとか。共働き家庭でも参加しやすそうですね。

キッズサマースクールについては詳細ボタンをクリック▼

ほかにもバレエを基礎から学べる「サマーイングリッシュバレエ」や、みんなでチアリーディングに挑戦する「キッズ・チア」、話題の「プログラミング」など、幼児向けのプログラムも豊富!
どれも1日ずつ申し込めるので、うまく日程をずらしながら複数のアクティビティに参加してみるものいいかもしれませんね。
お試し感覚でチャレンジしてみたい方にもぴったりです。

夏休みの時間を有効活用!楽しくて身になるYMCAのサマースクールへ

YMCAのサマースクール・2019年は、すべて6月6日(木)のお昼12時から申し込みスタート!予算に合わせて、1日から気軽に参加してみてくださいね。英語の習いごとって高いのでは?と躊躇している方も、今がチャンス。毎年たくさんの応募があるそうなので、人気のクラスはすぐ満員になるかもしれません。気になった方は、ぜひ申し込みしてみてくださいね!

学校法人広島YMCA学園 YMCA外語学院

住所

〒730-8523 広島市中区八丁堀7-11 広島YMCA 本館1階

TEL

082-228-2269

HP

http://hymca.jp/ls/m/index.html

 

シーズンプログラムはこちら

http://www.hymca.jp/season/hiroshima/summer/language/

申し込みスタートは6月6日(木)12:00

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする