女の子2人ママに聞いた「気軽に行ける和食の子連れランチのお店」5選

この記事をシェアする

子連れでの外食は、ただでさえ手がかかることも少なくありません。ましてや子どもが2人以上ともなれば、お店選びもさらに慎重になりますよね。「そうはいっても、たまには子どもといっしょにおいしい和食を食べたい」と考えるママもいるでしょう。そこで今回は、女の子2人を育てる広島在住ママに、子連れでも気軽に行けて和食ランチが楽しめる広島のお店を聞いてみました。なかでもおすすめのお店5選をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

田舎茶屋わたや

出典:田舎茶屋わたや公式HP

安佐南区の沼田店や廿日市市の大野店をはじめ、広島市内や近隣に合計5店舗を展開する和食店「田舎茶屋わたや」。店舗の前にある大きな水車と風情のある建物が目をひくので、「前を通るたびに気になってた!」という人もいるのではないでしょうか?

お店のなかへ入ってみると、通路は広く天井も高い、開放感のある空間が広がります。お席はテーブル席や掘りごたつ席のほかに、板張りの座敷席もあり。座敷席なら、「上の子はチョロチョロと動き回り、下の子はまだねんね」という子ども2人連れのママでも安心ですね。

出典:田舎茶屋わたや公式HP

田舎茶屋わたやでは山賊焼きや山賊うどんが有名ですが、それ以外のランチメニューも充実☆広島名物の穴子が食べられる「穴子とエビの天ぷらざる定食」などの定食はもちろん、丼ものや麺料理もいろいろと種類があります。子ども向けメニューも、プレートセットやうどん、ねぎトロ丼と種類が豊富。いろんなメニューのなかから選べるので、好き嫌いの多い子どもでも連れて行きやすいはずですよ。ちなみに子ども向けメニューには、おもちゃのおまけもついてくるそう。

そのほかにも、うどんカッターや食事用エプロン、絵本など、子連れママにはありがたいグッズがいろいろと揃えられているのもポイント。離乳食のあたためやミルク用のお湯の提供はもちろん、アレルギー対応も行っているので、乳児やアレルギーの子どもを持つママでも安心です。

住所

広島県広島市安佐南区伴中央4-1-11(沼田店)

電話番号

082-848-5995

営業時間

11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)

定休日

年中無休

公式HP

http://wataya.jp/

夢料理 おとぎや

出典:夢料理 おとぎや公式HP

アストラムライン西原駅から歩いて1分ほどの場所にある「夢料理 おとぎや」は、もともとは緑井にあった人気の和食屋さん。以前は「四季彩 こころ庵」だった西原の店舗に移転し、現在は「夢料理 おとぎや」として営業しています。

店内は落ち着いた雰囲気で、ランチ会はもちろん、お節句や誕生日祝いなど、家族でのお祝いごとにもぴったり☆広くゆったりとした個室があるので、子連れでも周囲を気にせず食事が楽しめるのもうれしいですね。個室には掘りごたつだけでなく板張りの座敷席もあるので、ハイハイ時期の赤ちゃんがうっかり落ちてしまう心配もありません。

出典:夢料理 おとぎや公式HP

1,000円台でいただける和食ランチメニューは、お造りや茶わん蒸し、小鉢などがついているものが多く、「いろんな料理を少しずつ食べたい♡」という女性には特に人気。子ども用にはお子さまランチがあり、おもちゃのオマケもついてきます。

さらにこちらのお店では、「お食い初め膳」をお願いできるのもポイント。お宮参りのあとやお食い初めのお祝いに、両家のご両親などを誘ってみんなで会食…というときに利用するのも良さそうですね!

住所

広島県広島市安佐南区西原7丁目2-21

電話番号

082-832-2007

営業時間

11:00~15:00 (料理ラストオーダー14:30、ドリンクラストオーダー14:30)、17:00~翌1:00 (料理ラストオーダー翌0:30、ドリンクラストオーダー 翌0:30)

定休日

不定休

公式HP

夢料理 おとぎや

むすび むさし

出典:むすび むさし公式HP(土橋店)

広島県民に昔から愛されている和食屋さんのひとつといえば、「むすび むさし」ですよね。むすび むさしではむさし総本山の土橋店をはじめ、広島市内を中心に10店舗を展開しています。

店舗のなかには土橋店などのように、子連れにうれしい座敷席が利用できる店舗もあるので、来店前に確認してみるといいでしょう。また、むすび むさしではテイクアウトできるお弁当も販売されています。お天気のいい日などはおいしい和食弁当を持って、広い公園などでピクニックがてら子連れランチを楽しむのもおすすめです☆

出典:むすび むさし公式HP

むすび むさしといえば、広島で長く愛されている看板メニューの「俵むすび」やうどんが有名。そのほかに「唐揚げも絶品!」という口コミもありました。おにぎりもうどんも子どもに食べさせやすいメニューなので、子連れでのランチでよく利用するというママも少なくないようです。なかには、「帰り際、お店の人が子どもにお菓子をくれる心遣いがうれしい!」というママの声も☆

ちなみに、おむすびの具は事前に頼めば変更も可能なのだとか。プラス料金で鮭に変えてもらうこともできるそうです。

住所

広島市中区榎町10-23(土橋店)

電話番号

082-291-6340

営業時間

1階 11:00~20:00(ラストオーダー 20:00)

2階 平日17:00~21:00、土日祝 11:00~21:00(ラストオーダー 20:00)

定休日

水曜日、祝日の場合は翌日

公式HP

http://www.musubi-musashi.co.jp/

おんまく寿司

出典:おんまく寿司公式HP(宇品店)

今や、子連れ外食の定番メニューのひとつともいえる回転寿司。広島にもいろんなお店がありますが、なかでも広島のママのあいだで「リーズナブルなのにネタが新鮮でおいしい!」と評判なのが、「おんまく寿司」です。おんまく寿司は愛媛に本社を置くお店で、広島では南区宇品西に店を構える宇品店のほか、五日市店と西条店の計3店舗が展開されています。

店内には回転寿司でよく見かけるテーブル席だけでなく、畳の座敷席もあり。テーブル席を利用する場合も、キッズチェアやソファ用の補助イスが用意されているので、子連れランチでも安心です☆

出典:おんまく寿司公式HP(宇品店)

おんまく寿司ではメインの新鮮なお寿司ももちろん人気ですが、平日の11:00~14:00の時間帯には、お昼の定食メニューもいただけます。そのほか、「5ヶ月頃から」「7ヶ月頃から」と月齢に合わせた市販の離乳食も用意されているので、離乳食が完了していない子どもを連れてのランチでも安心です。ちなみに、3回お店を利用すると、くじ引きでお菓子をもらえるサービスもあるのだとか。

なお広島のどの店舗も、店内にはキッズルームを完備。子連れランチでは、子どもが飽きてグズってしまうこともよくありますよね。そんなときでも、子どもをキッズルームで遊ばせつつ、交替でランチを楽しむことができますよ☆

住所

広島県広島市南区宇品西5丁目13-30(宇品店)

電話番号

082-250-3631

営業時間

11:00~22:30 (ラストオーダー 22:00)

定休日

年中無休(元旦は除く)

公式HP

https://onmaku.co.jp/onmakusushi.html

湯酒屋 玉の井

出典:湯酒屋 玉の井公式HP

広島電鉄の八丁堀電停から歩いて約5分の場所にある「湯酒屋 玉の井」は、「温泉宿のおもてなし」がテーマの和食居酒屋。「湯酒屋」という名前のとおり、なんとお店の前には本格的な足湯が♡子どもだけでなく、親も思わずテンションが上がりそうですね。足湯セットも無料で貸し出してもらえるので、食事を楽しんだあとで、子どもといっしょにのんびり足湯につかるのもいいでしょう。

お店の外観や店内の造りは京町屋風になっていて、とても趣のある雰囲気。お席は座敷席と掘りごたつ席があり、全室個室なので、子連れでも気を遣わずに食事ができます。

出典:湯酒屋 玉の井公式HP

ランチメニューは1,000円台のものから、ちょっぴりリッチな3,000円台のコースメニューまでと、幅広いのが特徴。広島県産の牡蠣せいろめしや穴子めしなど、広島ならではの郷土料理が楽しめるメニューもあるので、県外から遊びに来たお友だちをもてなすときなどにもいいですね☆さらに当日注文OKの豪華な昼会席も用意されているので、子連れでのお祝いごとなどにもおすすめです。

ちなみに子ども用には、お造りやデザートなどがついた「お子様御前」を注文することができます。スタッフにお願いすればお子様ランチも用意してもらえるよう。子連れにうれしい座敷個室で人気のお店なので、利用する場合は予約が必須ですよ!

住所

広島市中区三川町10-13

電話番号

082-545-0123

営業時間

11:30~14:00、17:00~24:00

定休日

日曜日(祝前日の場合は祝日が定休日)

公式HP

https://in-smart.co.jp/shop/tamanoi.html

子連れでおいしい和食ランチを楽しもう!

飲食店の前を通りかかって、「あのお店気になるけど、きっと子連れだと入りにくいだろうな…」と感じることがある人も多いのでは?座敷席のある和食のお店は子連れでも利用しやすいだけでなく、子連れ大歓迎というところも意外と少なくありません。広島の子連れママのあいだで密かに人気のお店はたくさんあるので、ぜひ足を運んで、子連れでおいしい和食ランチを楽しんでみてくださいね☆

関連記事はこちら▼

担当ライター

この記事をシェアする