体にやさしい、火に強い、メンテナンスもラク!「無添加住宅」のすごさを実験で広島ママたちが体感!

この記事をシェアする

「口に入れてもいいほど、体にやさしい自然素材」を使った「無添加住宅」って知っていますか?家族の健康にこだわるママたちから、今大注目!それが、オール自然素材で作られた「無添加住宅の家」です。でも、自然素材がなぜ、体にやさしいのか、詳しく知らない…という人も多いはず。そこで今回、私たちpikabu編集部は、来たる7月24日に行われた「無添加住宅セミナー」を取材!自然素材の秘密を探ってきました。特に小さい子がいるママ、アレルギーなどに悩むママ、必見です♪

無添加住宅のセミナーで「空気の大切さ」を実感!

7/24(土)・フォーユーワークス広島初のセミナー開催

今回、無添加住宅セミナーが開催されたのは、広島市安佐南区八木にある「peekaboo キャリラボ」。
主催は、ここ広島で無添加住宅を扱っている工務店、フォーユーワークス。なんと今回のセミナーは、実験を交えた体感型!しかも子供たち向けに、楽しいワークショップも開催されるとあって、開催前から広島ママの間で、秘かな話題になっていたんです。

セミナーは「空気の考え方」の講演からスタート!

第1部は、家づくりで、実は一番大切だといわれる「空気」についてのお話からスタート。体に良くないものは使わない“超自然素材”の家、「無添加住宅」を開発した、株式会社無添加住宅の森本さんによる「空気の考え方」の講演です。
森本さんは、家族が健康に暮らすためには、家の中の空気がきれいであることが大切、というお話をしてくれました。

森本さんによると、空気って、食べ物や飲み物よりも、体に取り込む量が多いそう。
人が1日に体の中に吸い込む量は、なんと約21㎏!これは、食べ物や飲み物を取り込む量の、約7倍なんだとか。

家の中で空気を吸い込むことは多いと思いますが、家の空気には、実は建材や接着剤から発生する化学物質が含まれていることがあるんだとか。背が低い子供たちは、大人よりも床面に近いところで生活をしているため、もし有害な化学物質が空気中にあった場合、より多く吸い込んでしまいます。そのため、子供は「家の中の空気」の影響を、大人以上に受けやすく、場合によっては、シックハウス症候群やアレルギーなど、健康被害を及ぼす恐れもあるのです。

つまり、家族が健康に暮らすためには、食べ物や飲み物に気をつかうのと同じくらい、いや、それ以上に「家の中の空気」にも気を付けなければいけない、というわけなんです。

大切なのは「有害な化学物質を使っていない」素材!

家の中の空気が汚れる主な原因は、ハウスダストと、建材から発生する有害な化学物質。ハウスダストはこまめな換気や掃除で解決できますが、有害な化学物質は引っ越しやリフォームをしない限り解決できません。
つまり、「空気がきれいな家」とは、「有害な化学物質を使っていない素材」を使用している家のこと、と森本さんは解説してくれました。

そこで注目したいのが、無添加住宅。口に入れてもいいくらい、体にやさしい自然素材のみを使用して建てられている住まいです。使用されている自然素材は有害な化学物質を一切含んでいないので、室内の空気を快適に保ってくれます。

自然素材のすごさを実感!参加者大興奮の実験コーナー

続いては、無添加住宅に使用されている自然素材がどれだけすごいのか、目の前で実験が繰り広げられました!

みんなびっくり!米のりの強度がスゴイ!

まずは、無添加住宅の接着剤に使用されている「米のり」の実験。米のりとは、その名の通り、お米からできているのりのこと。成分がお米なので口に入れても全くの無害。しかも接着剤としての寿命は100年以上なんだそう。

米のり用に、何か特別なお米が使用されるのかと思っていたのですが、実験で使用したのは、なんとコンビニの塩むすび!それをそのまま直接木片の片面に伸ばしてぬり、もうひとつの木片とぴったりくっつけます。

「こんなのすぐにはがれてしまいそう…」と思ってしまったのですが、予想は大外れ!しっかりくっついて、少々振り回してもはがれませんでした。
実は米のり、木工用ボンドとほぼ同じ強度なんだそう。実験に使った木片は、そのままお持ち帰り。日がたつにつれ、さらにしっかりとくっついていましたよ。

燃えない壁ってどんな壁?!漆喰の耐火性を実験

無添加住宅に使用されている壁材は、フォーユーワークスオリジナルの漆喰。

◎化学物質を分解する効果が期待できる
◎ノミ・ダニの発生を防ぐ
◎ウイルスの増殖を抑える効果が期待できる

など、すごいパワーが秘められた漆喰なんです。
さらにフォーユーワークスのオリジナル漆喰は、ホームセンターなどで売っている漆喰よりも火に強い、という特徴を持っています。
そこで今回のセミナーでは、オリジナル漆喰の耐火性を実験しました。

実験では、漆喰の板をバーナーで燃焼。その時間はなんと…20分間!「これは大惨事が起きるのでは…」と会場は緊迫!

参加者の予想に反して、20分間燃やし続けても、漆喰の板は黒く変色した程度で全く燃えませんでした。これだけ火に強い漆喰が使われた家なら、安心して暮らせそう♪
ちなみに、化学物質は使われていないので、万が一焦げて煙が出てしまったとしても、有毒ガスは発生しません。

あっという間に修復できる!無垢板の床

3つ目は、無垢床の驚きの修復方法の紹介。無添加住宅の無垢床は、一般の無垢床とは違って、防虫・防カビのための処理にも薬剤は使用されていません。
そんな無添加住宅の無垢床、完全無添加素材というだけでなく、メンテナンスがとっても簡単、という特徴もあるんです。

セミナーでは、無垢床の板をトンカチで叩いて凹ませます。参加者の女性に「遠慮なく思いっきり叩いてください」と声をかけていた無添加住宅のスタッフさん。
その言葉通り、力いっぱいトンカチを振り下ろしていたので、板には大きな凹みができました。

すると、スタッフさんが、凹んだ箇所に水をたらして、その上からアイロンで抑えます。

時間にして数分、あっという間に凹みが元通り!フローリングの床って、重い家具を長い間置いたり、硬いものを落としたりすると、すぐに凹んでしまいますよね。自分で修復するには、ハードワックスで凹みを埋めたり、傷テープで補修したりと、とっても大変!かといって、プロに修繕を頼むと、結構お金がかかるので、結局そのまま放置…という人も多いはず。
でも、無添加住宅の無垢板なら、家にあるもので、あっという間にメンテナンスが完了♪これなら子供が物を落としても、目くじらをたてることもないので、平和に毎日暮らせそう…♡
無添加住宅って、体だけでなく、心にもやさしい!

漆喰体験に子供たち大喜び♡漆喰手形のお土産も

パパやママがみくろママのお話を聞いている間、子供たちは別室にて漆喰体験のワークショップを楽しみました☆用意された板に、大工さん気分で漆喰を塗っていきます。

絵の具を混ぜて、カラフルな漆喰を作ってみたり、アクセサリーで装飾をしたり。めったにできない体験に、子供たちは大興奮♡無添加の漆喰だから、体や顔に付いたって安心です。

セミナーのラストは家族の思い出になる漆喰手形作り♪

セミナーの最後は、パパとママ、子供たちで漆喰手形の作成!はじめて触る漆喰の感触に、大人も子供も思わず歓声を上げてしまいます。家族の手形を取ったら、思い思いにデコレート。出来上がった世界にひとつの素敵な手形に、参加したみなさん「インテリアにぴったり!」と 大喜びでした。

無添加住宅のすごさを実感したい方は、フォーユーワークスへ!

今回のセミナーは、盛りだくさんの内容で、参加したみなさん、大満足でした!この記事を読んで、「無添加住宅について詳しく知りたい!」「自然素材のすごさをこの目で見てみたい!」と思った方は、今すぐフォーユーワークスに問い合わせてみてくださいね♪

<基本情報>

会社名

株式会社フォーユーワークス

住所

広島市安佐北区口田南8丁目13-18

電話番号

082-516-5430

営業時間

10:00~17:00

定休日

水曜日

公式HP

https://foryou-works.com/

関連記事はこちら▼

そのほかフォーユーワークスの記事はこちら

担当ライター

この記事をシェアする